文化・芸術

啓志線について考察してみる。その4 ナゾの空白地帯を行く

 ナゾの空白地帯。もともとナゾばかりな啓志線だが、おそらく、今までだれもレポートして来なかったことについて紹介しよう。
 
 前回、啓志線跡を辿る案内人を務めて欲しい、と板橋区に依頼されたことは記した。与えられた時間は半日だったので、東武練馬駅集合にして上板橋駅まで歩くコースを設定した。どうせなら、練馬自衛隊の中を通って行きたいと思い、幸い、あることで練馬自衛隊の広報の方と面識があったので、見学をお願いし、快諾をいただいた。啓志線の自衛隊の中を走る部分については、それまで情報がなかったので、目玉企画になるに違いないと図ったのだ。せっかくだから、と、旧交通博物館の専任学芸員・S氏(現在・鉄道博物館学芸部長)と同・学芸課長のO氏、東武博物館学芸員・J女史にも参加していただいた。また、コラムのネタにしてもらうため、泉麻人先生もお呼びしたので、ずいぶん豪華なパーティーとなった。これだけの知能が集まれば、なにか発見があるかも、と期待に胸が膨らむ。こうして、一般公募者あわせ30名ほどの集団で、いざ啓志線を巡る旅は始まった。
‥ここから、プロの物書き風に見学記が書ければいいけど、当日は先頭に立って案内をしなくてはならず、それだけで頭が一杯であり、しかも、もう二年も前の話で記憶も薄れているので、要点と写真のみの紹介で済ますことにしちゃいます。期待してた方には申し訳ない。

 

1947S30Photo まずは、昭和22年と30年頃に撮影された空中写真の比較です。昭和22年の写真では、まだ敷地は練馬倉庫時代のままで、グラントハイツ建設用の資材が積み上がっている様子が見てとれます。貨車らしき車両が確認出来、敷地内は複線になっていたようです。自衛隊広報の話によると、貨物の積み降ろしに使われたプラットホームは、A地区の車両らしきものが止まっている付近にあったそうです。陸上自衛隊(警察予備隊)が発足した翌年の昭和26年、同時に練馬駐屯地が創立された。昭和30年頃の写真では、敷地内のほとんどの建物が建て替えられているのがわかりますね。では、現在ではどうなっているのだろうか。

 

543Photo_2 左のカラー写真は、史跡巡りの時に撮影したもの(A地区からB地区へ抜ける部分)。広報の話では、線路が撤去されてから敷地は整地されてしまい、痕跡は残っていないだろうとのことだった。しかし、線路が敷設されていたと思われるルートは想像することができた。モノクロの写真は、西側(グラントハイツ方面)に抜ける部分。警備の歩哨が立ち、複線の線路が単線に変る様子が写っているように見える。

 

Photo_3 写真は、「幻の鉄道部隊・消えた第101建設隊」という本から引用させていただいたもので、練馬自衛隊内の線路を撤去しているところが写されている。本文の年表によると、練馬駐屯地引き込み線撤収 第一次作業実施、昭和36年3月21日〜25日。第二次実施、4月3日〜8日と記載されている。啓志線の線路が完全撤去されたのがいつだったか、手元に資料が見つからなくうろ覚えだが、自衛隊線路撤去後だった気がする。
それにしても、東武鉄道の社史では昭和34年7月22日にこの路線を買収し運転営業免許を申請した。とあるが、この自衛隊内を通る部分はどうするつもりだったんだろう?線路に分断された南側は空き地状態なので、この時はまだ自衛隊の敷地ではなかったのであろうか。

 

2989 ここで、スクープ写真を紹介しましょう。自衛隊敷地を巡り、啓志線の痕跡が無いことがわかり落胆した一行でしたが、正門へ向かう途中、学芸員のS氏が”ん?あれは線路じゃないの?”と立ち止まった。それは、川越街道に接する部分に築島状に作られた「顕彰碑」へ渡るための橋で、確かに線路の廃材を利用して作られていた。残念なことに、時間が押せ押せで、詳しく調査をすることができず、写真を撮るのが精一杯であった。はたして、啓志線唯一の遺構となるのだろうか?

 

3004_2 その後、一行は上板橋駅までのルートを辿った。その間については、今まで、他の方々がレポートされている域を出ないので省略する。ただし、東武鉄道が設置した境界石柱が散見された。これは、学芸員氏が見つけてくれたもので、さすがによく物を見ていると感心しきりであった。
え?なぜその位置を示さないかですって?それは説明通り、私は案内人として、参加者の交通安全などに気を配るあまり、見落としていたからですよ。興味ある方は探してみて下さいネ! 

 

 

追記:

さて、今は西暦2019年、令和元年5月。この記事は2008年にUPしたもので、11年経ってから何を今更と思われるだろうが、今年3月にココログのシステムが変更され、どうやら過去記事の検索も改善されたようで古い記事が読まれるようになった。特に最近は当該記事へのアクセスを多くいただいているようですが、UPしてからすでに11年。現在では新たな資料も見つかり、特に昨年2018年には総集編のような形で啓志線の記事を書きましたので、そちらもどうぞご一読願います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

板橋区民、再び逃避する。




いけない‥また煮詰まってしまった。
たしか一年前もそうだったっけ‥

こう言う時はとりあえず逃避だ。赤塚郷から離れなくては。。
ということで和光市駅からリムジンバスで羽田空港へ。



さてさて到着したのは長崎県。予報では曇りか雨だったけど運良く晴れた、さっそく軍艦島ツアーに潜り込み軍艦島へGo!しかし気温が上がり暑いなぁ〜



天気晴朗なれど波高し。果たして上陸はできるのか⁈



島に近づきいざ接岸‥うーん船は激しく揺さぶられ格闘すること15分、しかし船長からは無情の離島宣言が。そんなに甘くはないっすなぁ‥



ま、しゃーないですんで下船後にホテルに行きチェックイン。船がけっこう揺れたので以外と体がシンドくちょっと休んでからホテル直ぐそばの出島へGo!
昔、訪れた時より出島らしくなり中々良い感じで、あぁかつて此処に高島秋帆先生はおられたのかと感慨ひとしきり‥



さてホテルへ戻り裏の中華街へGo!うーんしかししかし日曜日なのに中国人はチラホラいるけど閑散とした感じだ。。さてせっかく港にいるんだからと結局は寿司屋へ行っちゃいました。

‥それにしても、醤油が甘いのはどうにかならんのかいな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、墓参する。




長崎の夜が明けた。
板橋区民はビジネスホテルが好きだ。今回滞在しているのは長崎バスターミナルホテルだが、朝は下を行き交う路面電車の音で目が覚める。ウルセー部屋だと思う方もいるだろうが、板橋区民には心地よい音に響くのだ。窓の外には出島も見える絶好のロケーションだ。
部屋には浴槽はなくシャワーだけだけど、リニューアルしたばかりなのかトイレと分かれており最新の温水便座が付いている。部屋着もサウナ風で心地よい。



さて、いくら居心地が良くても出発しなくてはならない。せっかくだから目の前の正覚寺下行き市電に乗る。運賃も120円とリーズナブルだ。
正覚寺下から坂を登ると高島秋帆邸宅跡がある。ずいぶん前に来たことがあるけど、ゆっくり見られるのは今回が初めてだ。記憶にある階段を上っていくと邸宅が!と言っても原爆で破壊されたので今は礎石のみである。



他にめぼしい遺物は「鉄砲石」と呼ばれる石が残っていだけだけど、現状ではどこから撃つのかわからない場所にあるのでうーんである。
それでも建物のあった礎石の空き地に佇み辺りを見渡せば、ああ此処から高島流砲術が始まったんだなあと感慨が湧いてくる。




秋帆邸を出て、一路向かうは皓台寺。ここには江戸時代に長崎で活躍した方々の墓が残っており、高島家代々の墓もここにある。今年は秋帆先生が没してから150回忌に当たるので、板橋区民を代表して墓参に来たのだ。決して逃避行だけではないのですぞ。

長崎の過酷な急坂をこれでもかと登った所に高島家の墓所はあった。上は秋帆先生の父上の墓、下が明治時代に建てられた秋帆先生一家の墓だ。
高島家の墓所は広大で、江戸時代初期から秋帆家までずらりと並び圧巻だ。巨大な墓も多く、武士や僧侶でもないのにこの威容さは流石に大名クラスと言われるだけある。
たまたま墓を管理している方がいて話しを伺うと、なんと先週土曜日に所縁の方々がお参りに来ていたとのことで、まだお供えの花が枯れずに残っていた。秋帆家は絶えてしまったので兄弟の縁者と思われるが、お会い出来なかったのは残念でした。。



と言うことで今夜は雲仙温泉でゆっくり硫黄泉に浸かる板橋区民なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、激戦地を歩く。




昨日は酔いに任せてつい不満を書きすぎてしまった。
期待が大きすぎた分、落胆してしまったのだ。島原温泉郷、さやの湯、ジモピー爺さん、申し訳ありませんでした。



今朝の熊本は天気が悪かった。驟雨の中、バスで向かったのはあの西南戦争の激戦地・田原坂だ。昨秋、資料館もリニューアルしたのも楽しみである。
田原坂近くのバス停で降りたころは風雨激しく、まさに139年前の激戦当日の様だ。

”雨は降る降る人馬は濡れる越すに越されぬ田原坂”


竹が鬱蒼と繁る田原坂は舗装されてなければ、昔のままの風景かと見紛うばかりだ。坂の両側は粘土質のようで、こんな坂を薩軍も政府軍も4斤山砲や臼砲や砲弾弾薬を運ぶのは容易なことじゃないと途方にくれる。坂の途中には戦死した方の碑や慰霊塔が点々とあり、此処が戦場だったことがリアルに迫ってくる。



一ノ坂、二ノ坂、三ノ坂と行くと西南戦争の資料館がある。さすが平日の嵐の中訪れる物好きはいないのか、資料館の方がタオルを貸してくれたり着ていたノースフェイスのストームクルーザーを預かってくれたりと有難いことだった。



よんおくえんをかけてリニューアルした資料館はとても垢抜けた造りでゆったりしている。最近の資料館や博物館は皆こんな感じを受けるけど、板橋区民は資料がぎっちり展示されている方が好きかもしれない。



中ほどまで進むと展示でいちばん力を入れている、戦闘を再現したコーナーがある。薩摩軍が潜む陣地の等身大ジオラマの前に立つと、90度にくっ付いた2面のスクリーンで戦闘シーンの動画が始まる。立体的でなかなか頑張ってリアルさを出しているけど、「野火」を観たあとでは物足りなくなってしまっている自分が恨めしい。。

またまた文句っぽく書いてしまったが、館の方によると展示内容は逐次更新され来館者を飽きさせなくする工夫がなされるとのこと。田原坂地域全体が戦跡に指定されており見どころは沢山あるので是非お勧めしたい場所だ。天候に恵まれなかったのが悔しいなあ‥



さてまたバスに乗り熊本市内へ。遅い昼食を桂花本店で取り熊本城へ行くと‥一転イイ天気じゃん‼︎ナンジャコリャ。。
日本の城の中で迫力があるのは第一位は姫路城、二番目は熊本城(再建だけど)とかねてから思うけど、さすがッスね。石垣と言い天守と言いバランスが素晴らしい。

熊本市内は繁華街も楽しいし路面電車もあるし中々の観光地と納得しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、期待ハズレてガッカリする。

おはようございます。

九州滞在2日目、さて、何処へ。



此処です。佐賀の武雄市。
あの、蔦屋の運営する武雄市図書館ですね。

今回、赤塚郷からはるばる九州まで出向いたのは、いつもの逃避行じゃないんです。
3月に長崎・熊本を訪れましたがその時のテーマは「高島秋帆先生没後150周年祈念の旅」でしたね、覚えてますか?

そう、今度の旅はその第二段「高島秋帆先生没後150周年祈念の旅 part2」なんです。

で、武雄市の蔦屋図書館の前に立ってるわけなんですが、ここには歴史資料館が併設されていて、秋帆先生が日本で初めて鋳造したモルチール砲を始め高島流砲術の資料がたくさんあるんです。



‥あるんです。

で、大きな山だか丘の麓にあるシャレオツな館内に入ってみる。

「いらっしゃいませ」

おお、さすが指定管理業者の運営する図書館だけあり、若いお姉さんに迎えられる。
ん?これは蔦屋じゃん。右手にはスタバが営業している。図書館は奥のほうと二階にあった。歴史資料館は?と見回すと、佐賀焼きの展示室がある。

「もしかしたらその奥かな?」

‥奥も佐賀焼きの展示をしている。

中に案内をしているおじさんがいたので聞いてみた。

板「モルチール砲、どこですか?」
お「収蔵庫なんですよ」
板「えっ?展示してないんですか?」
お「他館への貸出時か企画展の時には見れますよ」
板「普段は見れないんですか?」
お「普段は保管しとくんですよ。」

なんと、歴史資料館は保管庫だった。歴史資料館に常設展示室がないのである。

いや、噂には聞いていたがこれは由々しいぞ。百歩譲って希少古文書類が非展示なのはまだ理解できる。極端に言えばモルチール砲なんて雨ざらしでも平気なモノだぞ。武雄鍋島藩近代化の象徴みたいなモノを収蔵庫にしまいっぱとはまさかであった。

赤塚郷からわざわざ来たのに意味ないじゃん。

頭に来たので、昼飯に寄った井出ちゃんぽん店がポケモンジムだったので更地にしてやった。

さて次は佐賀城本丸歴史館へ向かう。



ここには、下板橋駅南隣にあった工場が解体された時に床下から出てきたモルチール砲があるはずだ。



あった。
入り口にどどーんと鎮座していた。

右はオランダ製で左が下板橋駅出土の蓮池藩のモルチール砲だ。下がその解説文。



いやー実物はデカイ。このモルチール砲は佐賀藩所縁のものなのだから仕方ないけど、板橋の資料館に収まらなかったのは残念である。

せっかくだから本丸歴史資料館の中へ入る。
こちらは武雄と違い、なかなか充実しているけど、この独特のスカスカ感は、あの展示業者が手がけてるんだろうなと思われた。



しかし、武雄の西洋流資料はこの佐賀城本丸歴史資料館の方で展示公開すべきじゃないかなあ。収蔵庫にしまいっぱなしじゃ資料が泣くよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、アリーナを行く。〜One On One at 武道館〜





また、いやついにこの日が来た。
サーポールマッカートニーの武道館コンサート。

あれから2年、ロックのレジェンドが舞台に立つ姿をまた見れるとは‥
しかも今回はアリーナ席からの参加だ(端だけど)。
それでは、いざ参戦‼︎


だいぶ端だがドームのアリーナに比べればましさ!



よし!特別チケットも手に入ったぞ。



開演予定は6時半だけど、外タレは時間が押すのが当たり前、この間なんか始まったのが8時過ぎていた。辛抱、いや楽しみに待つべし。

開演予定時刻になったが始まる気配は全くなし。座席は埋まってますが。

場内はウェーブも始まり盛り上がってきたがまだまだか。

今回のツアータイトルははOne On One、ポール対観客ではなく、ポールと一対一と言う意味だ。

始まった!ハーデーズナイト!

二曲目はジェット!



はぁはぁだいぶ疲れてきた。

はぁはぁっサージェントからのバックインザソ連邦!熱い

そしてヘイジュードの大合唱!



さてアンコールは何を演るのか?コールは止まらない‼︎



イェスタディ始まった‥

ああ‥ついにゴールデンスランバーか‥

50233502315022150241

というわけで19時03分から始まったステージは21時06分に終了した。
アリーナは傾斜がないので人並みに隠れてあまりステージが見えないが、コンサートに参加している感はハンパない。

それにしても最初からエンドまでずっと立ちっぱなしはオジさんにはきつい‥それでも、ラヴミードゥとかヘイジュードとかおなじみの名曲の数々をポールと一緒に歌えたことは、最高の夜でした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

板橋区民、アリーナを行く。・2〜One On One at 東京ドーム〜





また、来てしまった。
サーポールマッカートニー in 東京ドーム
先日の武道館に比べると、さすがに人でごった返している。

コアなファンの間では、ポール来日期間をポールデンウィークと呼ぶらしい。

さあ、本日もアリーナからの参戦だ。いざ!


さすがドームのアリーナは広い。これじゃステージは見えないなぁ。

ドーム内はすごい人でスマホの通信が激混みなので書き込みが大変だ。

開演時刻は過ぎたが全く始まる気配もない。こんだけ人が入るなら致し方なしか。



シリーラブが始まった。いよいよ来るか⁉︎

うーむまだだった。ちなみにポールのコンサートは録音録画はNGだがスマホコンデジ撮影はOKだ。



7時開演と同時に接続が落ちた。一曲目なんだったっけ、シーラブズユーは三曲目。



ウイングス特集はじまた



ビートルズ特集はじまた



はぁはぁラヴミードゥはぁはぁ

からのアンドアイラブユー

からのブラックバード


おっとここでレディマドンナ!はぁはぁ



エリナリグビーからのミスターカイト



そしてジョージに捧げるサムスィング



オブラディオブラダ大合唱からのバンドオンザラン!

そしてレットイットビー



ヘイジュード大合唱終わりアンコール待ち

アンコール、イェスタディ終わた

サージェント始また

バースデー終わりとうとうゴールデンスランバーか‥

21時35分終了ー



今回のセットリストはなんと39曲!この6月に75歳になるのにホントすごい人だ。まったく休まず歌い続ける。

アリーナは、席の位置によりステージが全然見えないなんてこともあるけれど、コンサートに参加してる感は顕著ですね。それにしても2時間半立ちっぱなしは辛いなあ〜ってポールはもっと大変か。いやはや。

70189_370193_370194_370206_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、2階席でシャウトする。〜One On One at 東京ドーム〜





さて、ポールデンウィークも後半を迎えた。
祝日の東京ドームは物凄い人出だ。それにしても、一昨日のドームは素晴らしかった。ネットを覗いてもそんな報告が多い。
今日はどんなステージを見せてくれるのだろう、いざ、参戦!


今回は2階席からの鑑賞だ。さすがにアリーナ連チャンは疲れちゃうからね、ジックリ聴くゾ〜

と、開演予定時刻だけどまだまだ。19時開演だな。

今日は2階席だけど一番前なので遮るものナシ、最高だ。

あと5分で19時、盛り上がってきました!ハッ、へホッ!ハッハッハッへホッ!18時56分はじまた!!


いつビーナハーディない‼︎
西部アス!!
キャンバイミーラーブ‼︎



エレキの激しい曲が終わりピアノバラードへ。


お約束のどっかーん‼︎

アンコール!アンコール!

ハイハイハイ!
ハーイハーイハーイ!

ああ、、ゴールデンスランバーか‥

21時30分終了‥





ふう、3日目がおわってしまった。一昨日とはセットリストが変わったので行ってよかった。2階席は立ち上がる人や写真をばんばん撮る人もおらず、まったりと曲に聞き入ることができた。しかし後半さすがに名残惜しいのかシャウトする人が多く、なかなか盛り上がっていましたよん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、1階席でLetting Go!〜One On One at 東京ドーム〜





ああ、ついにポールデンウイークも最終日となってしまった。。

まだ開場時間前なので人人人の波だ。当日券を求める列も長い。

サウンドチェックが遅れているようで入場までかかりそうだ。小腹でも満たすかな。



さて入場。本日の席は1階だけどほとんど外野席。柱で視界が遮られるしピアノ曲は全く見えない。コレハゆっくり音楽を楽しめと言うことダナ‥

DJが18時15分から始まったので19時スタートかな。

はじまた




ハーデナィつ


アイブがったフィーリン!


レディマドンナの大歓声!
パパパパーパパパパー


バーンオーンザラーンバーンオーンザラン!


ヘイジュードの大合唱サイリウムと一緒に!



アンコールはゲットバックーー‼︎

最後のゴールデンスランバー‥涙

21時35分終了〜


と言うわけで武道館を始め4回にわたるポールの東京コンサートは終わった。余韻に浸るため、下赤塚に今月新しくオープンしたホルモン居酒屋で喉を潤している。

昔書いたかもしれないが、多分ビートルズ初来日で世間が騒がしかったので覚えたのだろうが、髪の長いあんちゃんを見ると、あっビートルズだ!と指差していた自分を覚えている。

しっかりとした記憶では、小学生のころ、兄貴がいるおませな同級生が、リリースされたばかりのレットイットビーアルバムを教室に持ち込んで自慢げに見せびらかしていたことを覚えている。

ビートルズを本格的に聴き始めたのは20代の半ばからだったけど、高校の頃はポールの曲ばかり聴き、学生時代、ジョンの射殺はショックだった。あの時は長嶋監督の電撃解任と王選手の引退と重なってたっけ。

いずれも昭和の頃の話か‥

そんなサーポールマッカートニーももうすぐ75歳、間違いなく世界の音楽史上に残るレジェンドだ。そのレジェンドの人生の4日間・10時間を共用できたのは本当に誇らしいことだ。
ありがとうポール、マタアイマショウ‼︎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、我は行く。2017秋



今回は、一週間ぶりのライブ書き込みである。

板橋区民は今、青山にいる。上下左右360度見渡す限りアウェイの地だ。

それにしてもシャレオツな人が多い。我が赤塚商店街と比べるべくもないが、大勢の深キョンが歩いているみたいだ。

なんでこんなアウェイの地にいるかというと散髪をするためだ。これからオメカシをしてある場所へ行くのだが、それはまた続きを。

さて、散髪も終わりやって来たのは実に30数年ぶりに降り立つ小田急線本厚木駅。昔の駅前の記憶も殆どないけど、全く知らない所へ来たみたいだ。

と、言うことで遠路はるばる来たのは厚木市文化会館。

はい、もうお分りですね、半年ぶりの谷村新司コンサート。

会場入り口は厚木周辺在住の中高年、もとい、紳士淑女でいっぱいだ。
では板橋区民もいざ参戦。

秋のコンサートはこの日が初日である。

帰りは海老名で降りてららぽーとのハングリータイガーへ。

これで、首都圏の有名ハンバーグレストランを制覇した。美味しゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧