携帯・デジカメ

啓志線について考察してみる。その4 ナゾの空白地帯を行く

 ナゾの空白地帯。もともとナゾばかりな啓志線だが、おそらく、今までだれもレポートして来なかったことについて紹介しよう。
 
 前回、啓志線跡を辿る案内人を務めて欲しい、と板橋区に依頼されたことは記した。与えられた時間は半日だったので、東武練馬駅集合にして上板橋駅まで歩くコースを設定した。どうせなら、練馬自衛隊の中を通って行きたいと思い、幸い、あることで練馬自衛隊の広報の方と面識があったので、見学をお願いし、快諾をいただいた。啓志線の自衛隊の中を走る部分については、それまで情報がなかったので、目玉企画になるに違いないと図ったのだ。せっかくだから、と、旧交通博物館の専任学芸員・S氏(現在・鉄道博物館学芸部長)と同・学芸課長のO氏、東武博物館学芸員・J女史にも参加していただいた。また、コラムのネタにしてもらうため、泉麻人先生もお呼びしたので、ずいぶん豪華なパーティーとなった。これだけの知能が集まれば、なにか発見があるかも、と期待に胸が膨らむ。こうして、一般公募者あわせ30名ほどの集団で、いざ啓志線を巡る旅は始まった。
‥ここから、プロの物書き風に見学記が書ければいいけど、当日は先頭に立って案内をしなくてはならず、それだけで頭が一杯であり、しかも、もう二年も前の話で記憶も薄れているので、要点と写真のみの紹介で済ますことにしちゃいます。期待してた方には申し訳ない。

 

1947S30Photo まずは、昭和22年と30年頃に撮影された空中写真の比較です。昭和22年の写真では、まだ敷地は練馬倉庫時代のままで、グラントハイツ建設用の資材が積み上がっている様子が見てとれます。貨車らしき車両が確認出来、敷地内は複線になっていたようです。自衛隊広報の話によると、貨物の積み降ろしに使われたプラットホームは、A地区の車両らしきものが止まっている付近にあったそうです。陸上自衛隊(警察予備隊)が発足した翌年の昭和26年、同時に練馬駐屯地が創立された。昭和30年頃の写真では、敷地内のほとんどの建物が建て替えられているのがわかりますね。では、現在ではどうなっているのだろうか。

 

543Photo_2 左のカラー写真は、史跡巡りの時に撮影したもの(A地区からB地区へ抜ける部分)。広報の話では、線路が撤去されてから敷地は整地されてしまい、痕跡は残っていないだろうとのことだった。しかし、線路が敷設されていたと思われるルートは想像することができた。モノクロの写真は、西側(グラントハイツ方面)に抜ける部分。警備の歩哨が立ち、複線の線路が単線に変る様子が写っているように見える。

 

Photo_3 写真は、「幻の鉄道部隊・消えた第101建設隊」という本から引用させていただいたもので、練馬自衛隊内の線路を撤去しているところが写されている。本文の年表によると、練馬駐屯地引き込み線撤収 第一次作業実施、昭和36年3月21日〜25日。第二次実施、4月3日〜8日と記載されている。啓志線の線路が完全撤去されたのがいつだったか、手元に資料が見つからなくうろ覚えだが、自衛隊線路撤去後だった気がする。
それにしても、東武鉄道の社史では昭和34年7月22日にこの路線を買収し運転営業免許を申請した。とあるが、この自衛隊内を通る部分はどうするつもりだったんだろう?線路に分断された南側は空き地状態なので、この時はまだ自衛隊の敷地ではなかったのであろうか。

 

2989 ここで、スクープ写真を紹介しましょう。自衛隊敷地を巡り、啓志線の痕跡が無いことがわかり落胆した一行でしたが、正門へ向かう途中、学芸員のS氏が”ん?あれは線路じゃないの?”と立ち止まった。それは、川越街道に接する部分に築島状に作られた「顕彰碑」へ渡るための橋で、確かに線路の廃材を利用して作られていた。残念なことに、時間が押せ押せで、詳しく調査をすることができず、写真を撮るのが精一杯であった。はたして、啓志線唯一の遺構となるのだろうか?

 

3004_2 その後、一行は上板橋駅までのルートを辿った。その間については、今まで、他の方々がレポートされている域を出ないので省略する。ただし、東武鉄道が設置した境界石柱が散見された。これは、学芸員氏が見つけてくれたもので、さすがによく物を見ていると感心しきりであった。
え?なぜその位置を示さないかですって?それは説明通り、私は案内人として、参加者の交通安全などに気を配るあまり、見落としていたからですよ。興味ある方は探してみて下さいネ! 

 

 

追記:

さて、今は西暦2019年、令和元年5月。この記事は2008年にUPしたもので、11年経ってから何を今更と思われるだろうが、今年3月にココログのシステムが変更され、どうやら過去記事の検索も改善されたようで古い記事が読まれるようになった。特に最近は当該記事へのアクセスを多くいただいているようですが、UPしてからすでに11年。現在では新たな資料も見つかり、特に昨年2018年には総集編のような形で啓志線の記事を書きましたので、そちらもどうぞご一読願います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

板橋区民、まだまだイベントが続く。

昨夜は、さすがにお腹がパンパンになった。
で、本日はどこでインスタグラムってるかと言うと、航空自衛隊入間基地なのである。ここは他の基地と比べて交通のアクセスが良いので、航空祭の時には毎回凄い人出となる。

実は、板橋区民は入間航空祭は初めてである。事前に情報をググると電車は激混みで、マトモなルートでは入場まで時間がかかる様だ。そこで、赤塚郷からバイクで行くことにした。赤塚郷から入間基地まで約一時間、駐車場を心配したが、稲荷山公園入口バス停付近の自衛隊入口に空き地があり、そこが臨時の自転車バイク駐車場に解放されていたので難なく止めることができ、荷物検査場もスムーズに通れた。

基地内にはすで大勢の人が押し寄せ、マトモに展示飛行機の写真も撮れない状況だ。

見渡す限りの人人人。



飛行展示が始まったが人出が凄いせいかネットアクセスが悪くなってきた。



11時45分、お昼タイムに入り展示飛行はおしまい。エプロンは人で埋め尽くされ、脱出不可能に。


エプロンのコンクリートでピクニック。





〜この後、ブルーインパルス登場時にはあまりの混雑のため通信回線が遮断され書き込みが不可能となりましたので、顛末はまた後日UPします〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、注釈付きでSKIP BEAT!




と言うことで板橋区民は、東京ドームにいる。
ポールのコンサート以来かな。今回のアーチストは桑田佳祐である。まだ開演まで1時間あるのに凄い人出だ


さて本日の席はまだどこかは分からない。なにせ注釈付きなのだ。

注釈付きとはなんぞや?まあ、入口でチケットを交換すればわかるだろう。


さて、回転ドアの前で発券。一塁側二階席か。中に入るとこんな席だった。


実は今回、チケット争奪戦に破れ入手出来なかったのだが、数日前に行われた「注釈付き指定券」抽選販売で当たりを引いたのだ。注釈とはステージが見えづらい席、の意味で、ご覧の通りステージの一部がスピーカー照明塔で隠れてしまうのだ。

まっ、こんな席でもコンサートを体験出来るんだから楽しまなくっちゃね。開演まであと15分、ワクワクドキドキ。



楽しい時間はあっと言う間に過ぎる、と言うこって午後7時45分にコンサートは終了した。照明塔もステージ中央からははずれていたので生桑田さんも見えたし(遠すぎて顔はわかりませんが)座席の場所が良かったので終演後は速やかに外へ出られた。これがヘタな位置にいると30分くらいドームの中にカンズメにされ表も大混雑、丸ノ内線も大混雑で大変な目に会うのだ。

桑田佳祐さんは今年でオン年61歳、よってファン層の年齢も高いけど、いや〜大盛り上がり。2階スタンド席なのに立って踊り出す人続出、特に後半、朝ドラひよっこ主題歌からほぼ全員が立ち上がり、波乗りジョニーに至っては2階スタンド全体が揺れていた。まあ長年コンサートへ通う常連さんにはいつものことだろうけど、いや〜これはパワー貰いますね。パワーも使いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、那覇の戦跡を巡る。

おはようございます。
今朝の那覇市は良い天気。風は少しありますがシャツ1枚でも過ごせます。

本日のミッションは那覇周辺の戦跡巡りだ。それではGo!



最初の訪問地は「前田高地」。夏に日本で公開された映画ハクソー・リッジの戦闘があった場所ですね。



とりあえず先を急ぎます。



次はなにかと話題の普天間基地を望む嘉数高台公園展望台。ここは上陸した米軍との最初の激戦地だった場所だ。



エプロンにはあのオスプレーがズラリと並んでますね。



さて、お昼ご飯の後は豊見城跡近くにある旧海軍司令部壕見学だ。



ここは壕内の見学が出来るようになっている。



中はしっかりした作りだ。一見の価値がある。



さて、糸満市の沖縄平和記念公園に移動。



この公園は沖縄の戦闘が終わった糸満市の摩文仁の丘にある。沖縄戦で戦没した全ての人の名が刻まれた碑が建っている。



精進落としは那覇空港を望む瀬長島にある琉球温泉 龍神の湯を頂く。いやーとにかく沖縄のコバルトブルーの海を眺めながら浸かる露天風呂はサイコーだ。礼文島で入った露天風呂クラスのベストビュー。現在、新たな滑走路の建設が進んでいて、3年後には温泉に浸かりながら飛行機の離発着を観るという、飛行機マニアにはたまらんスポットになるだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、王道を行く。

おはようございます。那覇市3日目。本日は定番の地へ行きます。まずはゆいレール乗る。



ゆいレールに乗るのはもちろん初体験。高架式は眺めが良いのでちょっとした観光バスの代わりになる。



終点、首里駅が見えてきた。



そう。行き先は沖縄観光の定番、首里城だ。朝早いので修学旅行生の大群とバッティングして大混雑だ。



首里城の感想は、中国の影響を受けた日本ではない別の国といった感想かな。中国が沖縄を狙うのは分かる気がする。



ひと通り城内の見学を終えて守礼門へ戻ると今度は修学旅行生に代わって中華人団体客が押し寄せて来た。一瞬の隙を狙い定番のショットを撮る。



ということで楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、寒いとウワサの赤塚郷へと戻ります。さらば沖縄!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、硫化水素臭に誘われる。

‥板橋区民は温泉が大好きである。それも、硫化水素臭がふんぷんと香る白濁した硫黄泉を何よりも愛する。

そんな硫黄泉の宝庫、別府へ行ったのはいつのことだったか‥。あの時に買った湯の花も無くなり禁断症状も現れ始めた。これではイカン、

そうだ旅に出よう。



てなワケで大宮から新幹線に飛び乗った。



旅情を感じるために万かつサンドで朝食だ。



いやー着きましたよ小雪舞い散る蔵王温泉♨️

山形駅のバス乗り場が混んで遅れてしまった。しかしそことなく漂う硫黄泉の匂い、期待が高まる。
目的の湯場はあったけどバスが遅れたので中央ロープウェイ近くの新左衛門の湯へGo!

ホントは無料や低額の地元の湯へ行くほうが趣きがあって良いのだが、露天場が無いし何より湯が熱くて板橋区民には入れないのだ。

いやーやっぱ白濁の硫黄泉はイイっす。雪見の露天風呂はサイコーに癒される。



温泉のアトは山形産の十割蕎麦をいただく。



さて、腹が満ちたら違う源泉を求め、すのこ湯かわらやへ。ここは底に敷いたすのこの下から源泉が湧き出るちょっと変わった温泉だ。湯船は前の原温泉より小さいが泉質はバツグンだ。いままで経験した硫黄泉の中でもトップクラスだと思う。さすが日本第二位の酸性度だけあって肌がピリピリする。

板橋区民は過去二回、蔵王に来ている筈だ。一回目は幼少のころ、二回目は20代半ばころ、どちらも記憶が曖昧だ。さすがに20代なら覚えてるだろ、とお思いかも知らないが当時はスキーブーム真っ盛りでいろんなスキー場へ行っていて、大抵夜行バスだしよく覚えてないのだ。

幼少の頃は写真が残っているのだが、当然スキーができるワケ無く、鼻を垂らして雪遊びしているシーンだけで記憶はまったく無い。当時の奥羽本線はまだ電化されておらず、どこかから蒸気機関車に付け替えられたのだろうと思うのだが当然覚えてない。おそらく現役の蒸気機関車に乗った最初で最後の経験だったかと思うと残念で堪らない。。

あっ、突然思い出したけど、合宿免許は余目だった。両親とも東京横浜出身なので、どうせなら思い切り田舎に滞在したかったのだ。出稼ぎでオバさん一人きりの農家に数人グループで滞在して楽しかったなあ‥。ちょうど朝ドラおしん放映のころだった。合宿の合間に酒田でおしん最上川下りなんてのに行ったっけ。



なんて思いにふけっていたら仙台行きの仙山線が来たので乗る。激しく雪が降ってきたが大丈夫かこれ。



と思ったら仙台は雪もナシ。はやぶさに乗り換えたら満員で席は取れず、立ち席でもしゃーないと思ったらデッキも人でいっぱい、終戦直後かよっ。

それでも盛岡八戸でだいぶ人が降りて席に座ることができた。




んで青森に着いたら吹雪やないか!さすが東北。



お宿で旅装を解き、レストランでそそくさと夕食を済ませ、近くの青森まちなか温泉へ。ここは今回の硫黄泉巡りとはコンセプトが違うアルカリ性塩化物泉だけどまっ、いいか。海に近いからしょうがないですね。しかし、いいお湯でした。本日のミッション終了!







| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、硫黄泉を求めて彷徨う。

おはようございます。
今朝の青森市内は晴れ渡っております。

硫黄泉を求める旅、2日目。目指すところは‥



第1弾は青森市内から近い「三内温泉」を選んだ。



バスを降り、辺りを見回してもそれらしき建物が見えないので、バス停横のコイン精米所にいたオバちゃんに聞くと信じられない言葉が‥「温泉は工事中でずっと閉まってるさ」

オーマイガー!

なんでも冬場は湯温が上がらないので直してるとかなんとか。これは大ショック。まっ、とりあえず確認しに行く。



うーむ、確かに閑散としている。。ちょうど玄関前を掃いているオバちゃんがいたので声をかける。

「開いとるよ。うん、工事してたけど一週間前に終わったで」

嗚呼良かった‥

早速、お湯をいただきに。

目の前には優に100人は入れるだろう浴槽が広がっていた。その湯船へ、硫化水素臭を放ちながら、源泉がまさにかけ流されているではないか。当然のことながら超白濁湯である。

ゆったりと湯に浸かる。確かにヌルい。が、板橋区民にはベストオブベストな湯温である。

‥ここは天国か‥

パラダイスかエルドラドか、ああもうなんでもいい。侮れない。やるな、青森。酸ヶ湯温泉だけじゃない。



至福の時は終わった。さらなる硫黄泉を求めて板橋区民は先を行く。



さて、盛岡駅に到着したが雪も無く寒風が吹き荒ぶだけ。我が赤塚郷は雪のようですが。



盛岡駅からバスに乗り、着いたところが繋温泉。あんまし聞かない所だけど小岩井農場や雫石の近くだ。

写真は繋温泉横に広がる御所湖。全面氷結していてなかなかキレイだ。

さっそく温泉ということで、湖畔のロッジにある温泉へ。
お湯は無色透明だが確かに硫化水素の匂いがする。泉質解説文を読むと、単純硫黄泉とある。これは何処かで経験したことが‥ああそうだ、栃木の喜連川早乙女温泉だ。なかなか良いお湯だった。

さて、もう一ヶ所と思ったが時間配分を間違え、帰りのバスまで45分と中途半端になったので、閑散とした街を散策する。



と、昭和の残滓のようなストリップ劇場の廃墟?があったりなかなか楽しい。温泉ばかり一心不乱に巡る姿勢を反省しました。



再び盛岡駅へ戻り秋田駅へ。秋田駅は温泉巡りの拠点ではなく、単に宿が取りやすかったからだ。赤い「こまち」に乗るのは初めてだ。



午後7時、秋田駅に着いた。ちょうど夕食時なので駅ビルにある比内地鶏の専門店へ。究極の比内地鶏親子丼を注文、すげーマイウーでした。
食事後、宿へ向かったが秋田駅も雪はほとんど無い。ニュースでは東京の大混乱状況が伝えられるけど拍子抜けだ。明日からはこっちも大雪かな‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、硫黄泉を求めまた彷徨う。




秋田駅午前8時。板橋区民の朝は早い。

ってそんな早くもないけど。



硫黄泉巡り3日目、板橋区民よ何処へ行く。



7年振りの田沢湖駅ですね。ここからまたバス移動。
天気予報では強風で大荒れと聞いたがそんな気配はまだない。



田沢湖高原温泉・アルパこまくさ着。さすがここまで来ると積雪が多い。



さっそく着湯。基本透明なんだけど湯の花が舞っているので白っぽい。露天風呂は眺めは良いけど湯温が人肌しかなく、吹き上がってくる寒風でとても浸かってはいられない。内湯もちょっとぬるいがまあ、ベストオブ板橋区民くらいで気持ちが良い。





ゆっくり楽しんだあとは稲庭うどんを食べ、次の目的地、水沢温泉郷へ向かうが、ついに来た、暴風雪。



雪を掻き分け「露天風呂 水沢温泉」へ向かう。



ここの温泉は、硫化水素の匂いがふんぷんと香っていて内湯は白濁のお湯だ。

とりあえず露天へ。なかなか広い風呂で湯船が深い。いや〜吹雪の露天風呂も趣きあるけど、頭がチベたい。屋根のかかっているスペースへ避難する。

しばらくすると、なんで湯船が深いのかわかった。雪がガンガン湯船に落ちるので、温度があまり下がらないようにしているんだろう。

それにしても、良いお湯でした。ありがとう水沢温泉。



早くバスが来ないかなぁ‥



ようやく田沢湖駅に戻るとだいぶ雪が積もってました。



やっぱり赤い「こまち」はカッコイイなあ。



ようやく大宮まで戻ったが、間髪を容れず北陸新幹線へ乗り換え、さて向かう先は‥



長野駅!ですね。大宮からだと「かがやき」で1時間で着いちゃう。じゅうぶん通勤圏内ですね〜

明日はいよいよあの有名スポットへ向かいます。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、硫黄泉を求めて未だ未だ彷徨う。




長野電鉄長野駅午前8時。板橋区民の朝は早い。
ニュース素材撮影カメラマンの横を通りつつ階段を降りる。



硫黄泉巡りも4日目、未だ見ぬ温泉を求め板橋区民は行く。
電車の中はスクールボーイガールでいっぱいだ。



途中、須坂駅で特急に乗り変えたがガラガラだった。最前列展望席も余裕である。



ようやっと湯田中駅からバスに乗り、上林温泉に着いた。ここからは雪中行軍である。





ハイ、そうです。今や世界一有名な日本の観光スポット、地獄谷野猿公苑へ向かうのだ。



道は整備されているので歩きやすい。



バス停から1.6キロ 約30分、地獄谷温泉が見えてきた。



おお、あれが有名なスノーモンキー温泉か。見物客はマジで外人ばかりだ。

それでは、温泉で癒されるお猿さんたちの姿をどうぞ。



ああ‥



うーん‥



おお‥



はぁーん‥



ふぅ‥



ん‥



‥お楽しみ頂けましたでしょうか。



それにしても、野猿公苑へ向かう道は外人相手の店が点在していて感心する。ここだけ国際観光地化しているんだなぁ。帰り道ですれ違った人は9割方外人だったように思う。白人系子ども連れファミリーが目立ったが、お勉強の一貫なんですかね。



バスの便があまりないので、上林温泉から歩き通して渋温泉で昼食と温泉をいただく。ここはナトリウム・カルシウム塩化物硫酸塩泉だけど仕方ない。



目指していた渋大湯がなんと清掃中で利用できず、石の湯へ行くがお湯が熱い。一応、源泉掛け流しから遠い湯船もあるがそこすら板橋区民には熱い。お湯を刺激しないようそろりと体を沈めるが、それでも3分もムリだ。ウルトラマンかよ。



仕切りなおしに湯田中駅横にある「楓の湯」へ。
じつは、長野電鉄では特急も乗れる温泉付きクーポン乗車券を売っているのだ。すんごいおトク。



板橋区民も、とうとう懐かしの赤塚郷に帰る時がきた。次はいつ旅に出られるのだろう‥










| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区民、東上線で西上する。




下赤塚駅からおはようございます。
板橋区民はふとプチ旅行に行きたくなったので、東上線で西上することにした。

さて何処へ向かう。



で、降りたところが武蔵嵐山駅。何年ぶりだかな



駅構内にはプチお弁当屋さん。



駅前には廃屋があったりして旅情を誘う。



バスに揺られること20分、八高線踏切近くで降りて歩く。



のどかな里山の風景の中をのんびり歩くと、やがて山裾に目指す「玉川温泉」に着く。



館内は昭和レトロな雰囲気を演出している。



ふと思い出したが、板橋区民は前にここを訪れている。確か先代の北の将軍が死んだニュースをここで見たのだ。あの時はまるで昭和そのもの、と言った館内だったが大幅にリニューアルしたのだろう。温泉がどう変わったのか楽しみだ。



という事で温泉を堪能した。湯船は昔と大きくは変わってないような気が‥。お湯は秩父の山に近いだけあってアルカリのつるつる泉だ。何時も贔屓のサイスポと同じ泉質だが、こちらの方が断然新鮮な感じがする。湯量が多くサイスポより狭いからのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧