« 板橋区民、練馬区民にモチベーションを上げていただき涙する。 | トップページ | 板橋区民、神立尚紀氏と成増飛行場秘匿滑走路はあったのか問題を検討する。Vol.1 »

板橋区民、クリスマスイブにプレゼントを送る。〜啓志線の謎、ひとつ解決する〜

1948824casey

今日は師走も押し詰まったクリスマスイヴ。多くの恋人たちや家族がすてきな夜を過ごすことだろう。(あんたらキリスト教徒なんか?とヤボはいわない)

そんな素敵な日に、板橋区民からもプレゼントを送りたい。先日、練馬区の平和台図書館で開催された「啓志線を読み解く」にて解説役を仰せつかい、その際に、近年に新たに得た研究の成果を発表した。それらの内、まだ当ブログにて記事にしていなかったことがある。それは、グラントハイツを建設した二人のヒュー・ケーシーについての謎である。

一人は、マッカーサーの副官、ヒュー・J・ケーシー少将。もう一人は、米第8軍隷下の第584建設工兵隊に所属していたヒュー・B・ケーシー中尉である。ケーシー少将は工兵隊のトップであり、GHQに於いて建設大臣の役割をしており、グラントハイツの建設を命じた人物で、Bケーシー中尉はグラントハイツ建設の現場監督であった。二人は同姓同名であり、ケーシ少将の息子はヒュー・ボイド・ケーシーという名前であり、年齢から想像しても二人は親子である。と当ブログでは判定していたが、実は決め手がなかった。ケーシー少将の息子であるボイドケーシーは、戦時下の速成栽培の士官学校を経て、日本軍の組織的戦闘の終わったフィリピンに少尉として赴任していた。しかし、その後、占領下の日本に来たという資料は見つかっていなかった。ところが、B・ケーシー中尉は、1947年2月の進駐軍の電話帳から日本での存在は確認できており、その後、家族住宅事業にかかわり、グラントハイツプロジェクトに参加したことも、電話帳にて確認できていた。それでも、B・ケーシー中尉がケーシー少将の息子(ボイドケーシー)である確かな資料は見つからず、”あくまで可能性が高い”としか言い切れなかった。<注:B・ケーシーの”B”が"ボイド"であるかを確認する資料がなかった、ということ。>

それがである。ついにその関係を証明しうる資料が存在したのである。それが上掲の新聞で、カリフォルニア州にあるローカル新聞に載っていた1948年8月の記事である。ざっと翻訳してみよう。

日本から帰国した陸軍中尉、マーティン・ケーシーを訪ねる。1948.8.24.

ヒュー・B・ケーシー中尉は、戦争と日本におけるアメリカ陸軍の技術事業計画から帰国し、木曜日にさらなる軍事学校教育を受けるため、ジョージア州のフォート・ベニングにある陸軍基地へ向かう前に、コルトン8番街1197に住む叔父のマーティン・C・ケーシー弁護士を訪ねた。ケーシー中尉は、フィリピンで正規軍としての経験を積み、戦後、現在極東で最大の飛行場である東京近郊の羽田飛行場に技術者として駐留しました。彼はケーシー弁護士の弟である陸軍少将の息子です。
ヒュー・J・ケーシー少将は、バターン以前からマッカーサー元帥の副官を務めていました。彼は東京のワシントンハイツ住宅開発の建設責任者であり、占領軍の827人のメンバーの家族居住区を提供しました。その後、彼は東京郊外の1,260戸のグラントハイツ住宅開発に関連して、同様のポストを歴任しました。

(記事にはHameda airdromeとあるが明らかに羽田のスペルミス)ケーシー中尉は羽田飛行場に駐留していたとしか記事には載っていないけれど、進駐軍電話帳により第584建設工兵隊に所属していたことが確認できるので、その後も連合軍住宅プロジェクトに従事していたことは間違いないだろう。

ケーシー中尉はこの後、フォート・べニングにある陸軍基地に駐屯し朝鮮戦争に参加、大尉に昇進したが、1952年1月11日に乗機していた飛行機が墜落事故を起こし、死亡した。

 

ということで、啓志線とグラントハイツの謎の一つは解けました。今後もどんどん情報公開がネット上で進み、海外の文献の調査が自宅に居ながらにして出来るようになれば、豊かな市井の研究生活が続けられますね。今は古文書の解読もスマホのAIアプリの発展で出来るようになりつつあり、大いに期待しています。

|

« 板橋区民、練馬区民にモチベーションを上げていただき涙する。 | トップページ | 板橋区民、神立尚紀氏と成増飛行場秘匿滑走路はあったのか問題を検討する。Vol.1 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

久々にこのサイトを訪れショックを受けています。平和台図書館の「啓志線を読み解く」も成増アートギャラリーの「成増陸軍飛行場開場80周年記念展」も気が付かなかった…平和台図書館のなんて直近の話じゃないですか(泣)。
次回に備えてもっと定期的に来るようにします…ああそれにしても残念だなぁ…。

投稿: フレミング | 2023年12月28日 (木) 14時00分

フレミングさま
コメントをありがとうございます。コロナ禍以降、更新を怠り、当ブログへのアクセス数もすっかり少なくなっていました。自分としては一生懸命告知をしてきたつもりでしたが残念なことでした。成増飛行場の本は当方にて販売しておりますので、もしご希望の場合はメルアドをお知らせください。このコメント欄にあるメルアド欄に記入しても一般に見えるように反映はされません。(万が一反映されたらすぐに消去いたします。)

投稿: オーク | 2023年12月28日 (木) 15時48分

ありがとうございます、メールアドレスを記載しましたのでよろしくお願い致します。
たまたま仕事が立て込んだためにブログの巡回をする余裕がなくなってしまっていたのが原因ですので、仕方なかったとは言えそんな状況に陥っている自分がクヤシイ。ぜひ次のイベントには参加したく、最初から災難続きの2024年ですが決意しております。

投稿: フレミング | 2024年1月 5日 (金) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 板橋区民、練馬区民にモチベーションを上げていただき涙する。 | トップページ | 板橋区民、神立尚紀氏と成増飛行場秘匿滑走路はあったのか問題を検討する。Vol.1 »