« 板橋区民、ワクワクが止まらなくなる。 | トップページ | 2021板橋区田遊び強化週間終わる。 »

板橋区民、「青天を衝け」を観て高速感想を述べる。

1_20210214191801 2_20210214191801 3_20210214191801 4_20210214191801

いよいよ大河ドラマ「青天を衝け」が始まった。

高速感想なので高島秋帆先生の登場場面だけ書きますが、冒頭、出演者タイトル順はなんと最後の方で期待が膨らむ。36分で岡部藩の代官に連れられて岡部の陣屋への連行シーン。ひれ伏す村人の前を罪人用の唐丸籠で護送されているけど、高島家は身分は町人ですが長崎の名門家として十万石に匹敵する財をなした家なのでこんな扱いはありえない。ここらへんがドラマのお約束ですな。見所はラスト10分、少年の渋沢栄一が陣屋に忍び込み秋帆先生との邂逅シーン。なんと秋帆先生がオランダ語でぶつぶつ言っている。こ、これは斬新だ。砲術はシーボルトから習ったと最新の説が採択されたのも喜ばしいこと、その説の原本は板橋区立郷土資料館に所蔵されている。

ドラマの最後、秋帆先生は栄一少年に向かいこの国は誰が守れるのかと問う。雷に打たれたような栄一・・正直、秋帆先生がこんなにクローズアップされるなんて感涙ものだ。是非、ご視聴あれ!!

|

« 板橋区民、ワクワクが止まらなくなる。 | トップページ | 2021板橋区田遊び強化週間終わる。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 板橋区民、ワクワクが止まらなくなる。 | トップページ | 2021板橋区田遊び強化週間終わる。 »