« 板橋区民、大晦日を聖子ちゃんと過ごす。〜2020冬の音楽シーズン始まる。Vol.3〜 | トップページ | 板橋区民、◯◯警察をやめる。 »

板橋区民、新年早々お詫びして訂正する。〜記憶なんてあてにならない〜

1960_20210106092801 Photo_20210106092801

当ブログを訪れていただいている善男善女の皆様方、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致し申し上げます。

一週間前は2020年の大晦日でしたが、早いものです。もう松もとれるころですね。年明け、恐れていた緊急事態宣言第二弾が発令されるようで、どうにも困ったものです。我が赤塚郷のスーパーライフへ寄ったところ棚がスカスカで、また買い占めかよいいかげん学習しろや!と毒づきそうになりましたが、1月8日〜18日まで店内改修工事のため閉店するせいとわかりました。赤塚みらべるも同様に閉まっているのでちょっと不便。

最近、内容のない日記雑記のような記事が続いてますが、調査探求は細々と続けておりますのでしばしご猶予を。おまけに緊急宣言のあおりでGoToも延期となるようで、予定していた取材旅行も中止。世の中なかなかうまく運びませんね。

ということで、新年第一弾はお詫びと訂正から。

当ブログでは、しばしば板橋区民の子供の頃の記憶を元にした話題を書きますが、その中でも我が故郷、徳丸を走っていた国際興業バスについては何度か記事にしました。母親いわく板橋区民は子供のころ、道路を走る車を見るとごきげんが良くなるそうで、グズるたびに道路に出てたまに通る車を見に行ったとか、その記憶は今も自分の中に残っている。

子供時代特に好きだったのは、ボンネットの国際興業バスが終点の徳丸本町バス停(現在の西徳通りと不動通りの交差付近)で折り返して宮ノ下の交差点で徳丸通りを左折し東武練馬駅方面へ向かう風景だった。で、その記事の中で「西徳通りは不動通りまでしか通じていなかった。」と書いていたけれど、1960年発行の住宅地図を見ると、道は不動通りを突っ切り西台方面へ伸びているではないか。

冒頭の写真は、平成初めころまであった銭湯・福徳湯の横あたりから東(西台)方向に向けたもので、道の様子は現在とほとんど変わらないようだ。以前、徳丸小学校の校史を読んだ時、開校前は一帯は広大なゴミ捨て場だったと書かれていたので、それも誤った記憶を補填する要因となったのかもしれない。

かように、記憶のみで書いたり話したりするのは危ういものだと、改めて思い知らされた次第なのでありました。

|

« 板橋区民、大晦日を聖子ちゃんと過ごす。〜2020冬の音楽シーズン始まる。Vol.3〜 | トップページ | 板橋区民、◯◯警察をやめる。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 板橋区民、大晦日を聖子ちゃんと過ごす。〜2020冬の音楽シーズン始まる。Vol.3〜 | トップページ | 板橋区民、◯◯警察をやめる。 »