« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

板橋区民、師走にそわそわする。

Photo_20201203101001 Photo_20201203101003

気がついたら12月になっていた。師走ですよ2020年も令和2年も今月で終わりですよ。

と驚くのも、そもそも今年初めにダイヤモンドプリンセス号から始まった日本のコロナ騒動は、収まるどころか三たびの爆発的感染拡大を恐れる事態となってきた。こんなに世の中全ての様子が一変してしまったのは先の世界大戦時以来のことじゃないだろうか。戦後生まれの板橋区民だがここまで悪い影響を受けた年はなかった。

そんな状況の中でも人は生きて行かなくてはならず、身の回りにほんの少しの楽しみやささやかな喜びを求めるのである。板橋区民のささやかな喜びは、レジェンドアーチストのライヴへ参加したり温泉に行ったり板橋区についての資料収集が捗ることであるが、そのいずれもコロナ禍の影響を受け、中止や延期や制限を受けてしまった。

さて、今年は板橋区に関する収集成果もあまり芳しくなかったけれど、最近、久しぶりに戦前の東上線切符を入手した。昭和14年11月8日に大山駅で発券された「金井窪ー池袋」間通用の乗車券である。大山駅の開業は昭和6年8月25日で、写真中央上にある切符は開業約3週間後のものである。旧川越街道沿いに置かれた大山駅であるが、当初は駅付近に人家や商店はほとんどなかったと言う。

大山駅開業から約一ヶ月後の9月27日、下板橋駅との間に「金井窪駅」が誕生した。下板橋駅から400メートルしか離れていない場所だけれど、中山道から分岐した高田道と交差する場所であり、バスが通り映画館もある商店街で、当時は大山駅前よりも栄えていた。が、駅があったのは昭和20年4月までの、僅か14年間で廃止されてしまった。

板橋区史や東武鉄道社史、鉄道雑誌などでは金井窪駅の廃止理由は「昭和20年4月13日の空襲による被災のため」とされている。この日は前日深夜より池袋を中心とした激しい空襲があり、中板橋駅あたりまで被害が及んでいた。板橋区民は20年以上前、東上線の調査をする過程で、第一次資料である公文書を一般人でも閲覧できることを知り、浜松町にあった東京都公文書館や竹橋の国立公文書館に通っていた。そこで目にしたのが、金井窪駅の設置と廃止にかかわる公文書だった。

現在ではネット検索により国立公文書館所蔵の公文書の目録を検索し、画像までは公開されていないけれど当該資料の所蔵場所がわかるようになっている。その資料によれば、もともと金井窪駅は空襲前の4月5日に営業休止を布告されていたのである。これは、戦時中の物資統制政策の一環で、それは鉄道にも及び駅間が短いなど不経済な場合にも適用されていた。

この調査と同じころ、板橋区役所2階にあった情報公開課で資料を漁っていると「板橋区報縮刷版」が置いてあるのを見つけた。早速、戦後第一号からページをめくっていくと、戦時中の思い出話として、空襲の時に金井窪駅に勤務されていた駅員の方の証言が掲載されている記事を発見した。その駅員の方によれば、あたりは一面焼け野原になったが金井窪駅は焼失を逃れた、と証言されていた。空襲直後の15日、金井窪駅は機能を停止したが、空襲時点ではまだ営業していたことがわかった。ようするに、金井窪駅は営業停止を告知されていたが空襲時までは機能しており、被災は逃れていたが結果として空襲の日を境に営業を停止したのである。

後に金井窪駅発行の切符を手に入れた際に、板橋史談会が発行する「板橋史談」誌にこの顛末を執筆し掲載された。そしてその誌面を元にして当ブログ開設当初の2008年に、金井窪駅廃止にまつわる記事をUPした。

http://akatsuka-tokumaru.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_857f.html

| | コメント (0)

板橋区民は、ロックなんて聴かない。〜2020冬の音楽シーズン始まる。Vol-1〜

061c1e7ba8bc49e39db894e588b4e34dE5dabc15773249c4980610b804dd26ea092efccf78e44d808ccee02d897bdabb

寒い。

久々の埼玉スーパーアリーナである。板橋区民の趣味は、板橋区と温泉とレジェンドアーチストのライヴに参加することだ。さて、今宵板橋区民の心を奮い立たせてくれるのは、どんなアーチストであろうか‥

354d006b1b46434081af92d472170285

そのアーチストは、あいみょんである。今まで参加した中では1番若いレジェンドだ。実近のおじキュンドラマに影響された訳ではないので、誤解なきように。

Af4fdb8457bc4f02b931a76b7f57cfeb

コロナ禍でのアリーナライヴであるため、入場時間制限、検温、消毒、席も一人おきと厳しい。会場内もいつにも増して煙っている。本日はネット配信もされるので、スペシャル演出があるのか、楽しみである。

 

午後9時20分、アンコールなしの挨拶のみにて終了。照明と映像の演出も素晴らしかった。後半の”愛を伝えたいだとか”からマリゴ、君ロックまでの怒涛のたたみかけ、さすが若い人のライヴで古びた脳みそにビンビン来た。特に最大のヒット曲、マリーゴルドでは信者達が頭上に手を挙げひらひら揺らす様が会場の立ち込める霧も相まってまるでマリーゴールドの揺れる幻想的な花畑を見るようで感動した。なんだか身体中の細胞が活性化されたような気持ちで木枯らしの玉アリを後にしました。

| | コメント (0)

板橋区民の夜の匂いがする。〜2020冬の音楽シーズン始まる。Vol.2〜

1350a33d5579431a88fb9904738f3f73

久しぶりの横アリである。我が赤塚郷から1回乗り換えで来れる便利な時代になった。さて、今宵のレジェンドアーチストは‥

7fcdfa64e1484d51be5c21f73e2448da

あいみょん再びである。申し込んだチケットが当たったために玉アリに続きの参加だが、前回大感動したので悔いはない。

F89dc9303dad45bf94e11cbd68914553

今日も会場内はコロナ禍対策でもうもうとしている。さあ、元気を分けてくれ、あいみょん‼︎

 

ライヴは午後6時10分にスタートし、8時20分に終了。玉アリより曲数が少なく感じたがコロナ禍の中で盛り上がった。谷村さんや小田さんのコンサートでは途中、必ずトイレ休憩が入るが流石に客も若者が多くあいみょんは最後まで全力で駆け抜け、なお余裕を感じた。日頃若者と接点のない生活を送っているのでいつの間にか忘れてしまっていたが、若いって凄いなぁ。。

| | コメント (0)

⭐️祝!800回記念⭐️板橋区民、ようやく確証を得る。

1960

メリークリスマス。

一週間後は2021年元旦、コロナ禍により静かな年明けになりそうですね。

最近、ろくな記事を上げていないことは承知しております。SNS上では、更新が止まっているとの書き込みも見かけました。期待に添えなくて心苦しい思いをしておりますが、こんな他愛もないブログでも、記事を上げるには心がうごかされる動機がなければ書く気が起こらないのです。

では記念すべき第800回目の記事を贈ります。

15年近く前になりますが、板橋区民は、成増飛行場で艦船特攻の訓練をし、出撃地の都城東飛行場で終戦を迎えた振武隊の方に当時の話をインタビューしました。その時、「休日は何をして過ごしましたか」の質問に、「成増駅の方にある郵便局近くの慰安所へ行きましたね」と答えがあり、板橋区民は一瞬、やっぱり成増にもあったんだなあと「いわゆる従軍慰安婦のいる所」と思い込み、下卑た笑顔を浮かべ、「料金は幾らくらいでどんな接待を受けたんですか」と踏み込んだ。

すると、「いやいや、そういういかがわしい所ではなく、慰安の女学生さんたちがきて話をしたり、トランプをしたりのきわめて健全な場所でしたよ」との答えで、恥ずかしい思いをした。場所は郵便局の近く、としか記憶がなく、正確な場所がわからなかったのだけれど、ある時、成増の重鎮の方に聞いてみると、「それは”武蔵野”という旅館のことじゃないか」と教えていただいた。そこで、所有している1969年度版の住宅地図を見ると、川越街道からスズラン通りに入ってすぐの場所に存在することが確認できた(現在は三井住友銀行並びの駐車場)。

よし、これで解決。と思ったが、心の隅に「郵便局の近くと聞いたけど、成増郵便局は川越街道対面(南側)の少し離れた場所にあるのが気になるなあ、ま、昔の記憶なので郵便局がランドマークとして頭に残っていたのかな」とさして気にしていなかった。ところが、最近別の調べ物をしている際に、1960年の住宅地図を見る機会があった。1960年発行なので、情報としてはその少し前の時期(1950年代後半)だろう。

残念ながらこの地図は縮尺があまり正確ではなく、土地が省略して描かれた部分もあるのが難点だけれど、現在の情報で補足できる程度ではある。1960年の地図は、成増駅が今の位置に移動する前の時期なので、とても重要なものだ。早速、確認すると「おお!ビンゴ!」である。「旅館 武蔵野」に隣接して「成増郵便局」があるじゃないか。恐らく、新南口建設の際の道路拡張で移動したのだろう。

これで確証を持って人に話すことができる。旅館であるので、戦時中、成増飛行場にいる関係者や特攻隊員に会いにくる家族親戚が滞在したこともあったのだろうと想像する。

 

 

昔どこに何があったとかの思い出話しは、話題として盛り上がるけれど、それは30年かせいぜい40年前の景色であり、60年以上前の住宅地図は、その当時の原風景を知らない人にとっては「へー」くらいにしか感じないだろうが、この中に様々な情報が隠れているのである。

 

| | コメント (0)

2020年も年末なので、今年のお宝資料No.-1を発表する。

2020_20201230093501

今日は12月30日。明日は大晦日で明後日から2021年が始まる。思い返せば今年はコロナ禍のせいで何にもしてなかった一年間だったような気がしてならないが、そんな中で手に入れた数少ない資料からNo.-1を選ぶ。

それでは、発表します。

                      ・・・ドコドコドコドコドコドコドコ・・・

2020年、お宝アワード発表!、第1位は「東上鉄道株式会社創立創始期資料群」に決定!!

 

この資料群は、東上鉄道の創立に、恐らくは最年少(20代半ば)で加わった、後年、北豊島郡大泉村(現在の練馬区大泉)の村長となる方の残した所蔵資料の中から発見した。現在の東武東上線は、大正9年(1920年)に東武鉄道が東上鉄道を合併して誕生したのであるが、当ブログでよく書くフレーズに”歴史は勝者が創る”という言葉がある。東武鉄道の社史を見ると、東武東上線の前身である東上鉄道株式会社は社長・根津嘉一郎以下、ほとんどの創立役員は東武鉄道の幹部達で占められており、最初から東武鉄道が創ったように書かれている。しかしである。もともと東上鉄道設立を目指していたのは、蓮根村で醤油醸造業を営んでいた「内田三左衛門」だった。

ここでは詳細は省く(過去の当ブログ記事に記載)けれど、内田三左衛門は自身の全財産を投げ打ち、その情熱に賛同した人々を巻き込んで東上鉄道敷設に邁進したが、結局は夢破れ、後のことを盟友・練馬村の上野傳右衛門に託し、失意を抱き去っていった。「なぜ、内田三左衛門は鉄道敷設をあきらめたのか」。これは単に「資金が続かなかったから」ということで片付けられてしまっているが、それが最大の原因ではあっても、それだけであるはずはなく、他にも様々な要因があったことは想像に難く無い。

今年手に入れた資料群は、その謎を解明する一端であることに間違いない。(冒頭の写真はその一部)特に、明治42年(1909年)6月1日から始まる”東上鉄道創立事務所が志村蓮根村の内田三左衛門宅に置かれた”と記されたメモ帳は、大変興味深い物だ。

これから何年かかるかわからないが、本資料群を読み解き、東上鉄道創立の真相を追い求めたい。

 

ということで、当ブログ本編は本日をもって年納めといたします。コロナ禍の続く中、2021年はどんな年になるのやら、期待よりも不安が先行しますが、2020年、お付き合いをありがとうございました。善男善女の皆々方様、よいお年をお迎えくださいませ。

 

| | コメント (2)

板橋区民、大晦日を聖子ちゃんと過ごす。〜2020冬の音楽シーズン始まる。Vol.3〜

855e2377195645b4a0077715c609fac2Ffa656d267314bc6b5784c24c5c2e4f5

今年最後の記事は昨日書いた。その際、本編は最後と書いてあったのに気がついた方にはわかりますね。2020年オーラスは、デビュー40周年を迎えた松田聖子ちゃんで〆るのである。

9e7a275ccde34cfa864b1ab66b8cc38c

武道館はアリーナ会場と違って客席が急峻なので2階席でもステージに近いのだ。このくらいの距離なら目も鼻も口も表情もバッチリわかるだろう👌

 

午後6時終了。聖子ちゃんはこれから紅白出演だ。イャーやられました。生まれて初めて魔法にかかってしまいました。コンサート始めはシックなドレス姿だったけれど、後半、1980年代大ヒットメドレーからは白い大きなリボンを付けフリフリの白い膝出しミニドレス姿で現れた。冷静に考えるともうすぐ還暦を迎える熟女なのだが、ステージ上にはあの時代の聖子ちゃんがいるではないか。しかもステージ狭しと歌い踊る、凄いの一言だ。一気にあの灼熱の1980年代へ引き込まれてしまった。アンコールではさらに過激な超ミニのピンクスカートのテニスルック(1980年代のアイコン)で登場!これはもう魔法だ。コロナ禍で病んだ板橋区民の心は一瞬にして浄化されてしまった。2020年末、最後の日に良いものを拝ませていただいた。皆様、良いお年を。

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »