« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

板橋区民、GoTo!

3ef62da4738947698c134458627defc6

いよいよ、東京都民の自由旅行が10月1日から許可になった。こんなことは80年前の戦争が佳境となって以来の異常事態だった。さて、板橋区民は何処へ行く?

Fd7fcfc744ec4a89875c068993609514

佐野SAにて休息。やはりコロナ禍以前よりも空いている。

Fe603796e7b541b09226765f3f2314eeE9eac182fbec4fdfb7c1f9f211e3e85b

さて、GoToしたのは板橋区民の大好物、草津温泉郷だ。何年振りだろう、5、6年振りかな。西の河原湯は10年振りくらいか。

Aa95d6db2ed44b0484ce558edda544b5Cb8d27d9788c4dff92be9c0642971df7

昨日から始まった地域共通クーポンで温泉巡り手形を購入しようと目論んでいたが、紙しか受け付けてない。なんだか損した気分だ。

| | コメント (0)

板橋区民、GoTo!2湯目

90ad43bf76da4765a8b5d51146848c93

おはよう御座います。本日の草津温泉は曇り。半袖にウィンドブレーカーで良いくらいかな。

5abc8950f428486d9ab28b0a932adfe3

湯畑横の湯揉みショーをやってる施設は長蛇の列。確実に観光客は戻っている。

Dc31c73c996148dba5bc9a82ed5ed1f5

そんな観光客を横目にいざ温泉へGo!昨日、湯巡り手形をかったので湯畑近くにある御座の湯へ。全開寄ったのは開業直後だったので湯船は白木の新品だったけど、さすがに茶色にくすみ年月を感じさせた。

F443e3b63ae14838b93d0a64e30e4138

御座の湯を出てから電子クーポンの使える土産物屋で草津温泉の素を購入。普段ならなかなか高くて買えないが、クーポン様々だ。

Ca8bda8b24a54a4aa1aa6bd44a0f0a20

午後の湯は何度も訪れたことのある大滝乃湯。此処は恐らく草津で1番湯温の低い温泉を提供してくれる所で、板橋区民好みなのだ。草津と言えば無料の温泉が有名だけど、板橋区民には熱くて入れない。

| | コメント (0)

板橋区民、秋の展示会に協力する。⭐️祝! イオンスタイル板橋開業20周年。⭐️

Img_5200

秋ってこんなに天気が悪かったかなあ‥昭和の秋は、晴れの日が多かったような気がしますね。

秋といえば食欲、芸術、秋祭りといろいろありますが、今年は忌まわしいコロナ禍に見舞われ、そんな楽しみも奪われてしまいました。その一つが、徳丸、いや、板橋区のランドマークである「イオンスタイル板橋開業20周年」のイベントである。本来であれば、近隣の学校から鼓笛隊を呼んだり、徳丸の伝統芸能「四つ竹踊り」が披露されたりと、開業20周年を盛大に祝う催しが行われる予定であったが、開業記念日の5月25日はまさに緊急事態宣言の真っ只中であり、全館あげての大セールも含め、すべてが中止となってしまったのである。

それから約半年が過ぎ、東京都民のGoToも解禁され、徐々にではあるけれど、生活活動が戻ってきつつある。そこで、イオンスタイル板橋でも、遅ればせながらペンディングとなっていた20周年のお祝いを、コロナ禍の状況を見極めながら始めることになり、板橋区民へ協力の依頼をいただいた。

依頼は、徳丸の歴史を語る写真と、イオンスタイル板橋の前身である板橋サティの建設風景及び、板橋区中から善男善女が押し寄せた、開業時の華々しい状況を伝える伝説の映像の提供であった。これらの写真は、今週15日木曜日から5日間の予定で、スターバックスのある入り口付近にてパネル展示で紹介される。

 

大正時代から100年間にわたる東武練馬駅北口の時代変遷が一挙公開されますので、是非、イオンスタイル板橋へお越しくださいませ。

| | コメント (0)

⭐️祝!イオンスタイル板橋開業20周年⭐️〜その誕生までの歴史写真展開催!!〜

1_20201015162301 2_20201015162301 3_20201015162301 4_20201015162301 5_20201015162301

なんという長雨でしょう。

先日予告をしましたが、東武練馬駅北口のイオンスタイル板橋の一隅にて「イオンスタイル板橋誕生までの歴史」写真展が始まった。場所は1階正面入り口、スタバの横だ。この動線は1日1万人!が通るそうで、たくさんの方々の目に止まるのではないかと期待している。早速展示場を覗いてみたけれど、有徳高校生から古老の方々までが足を止め、熱心に見学していただいているようで、感激いたしました。

板橋区民は、旧大木伸銅徳丸工場が閉鎖され、再開発が行われるということを知って以来、その移りゆく姿を記録しようと、写真、ビデオはもとより新聞やチラシetc、様々な資料を収集してきました。そして、いつかきっとそれらの資料が陽の目を見る時が来るであろうと、手元に置いて熟成させてきた。それが、板橋サティ開業より20年の時を経て、ようやく披露されるチャンスが到来したのである。

ある程度の歳を取ると、20年はあっというまのことで、ついこの間のように感じるけれど、改めて写真を見ると、いやいや、20年は結構な年月なんだなと感慨を深くする。せっかく写真展を行うならと、自分の知りうる東武練馬近辺の古写真も展示させていただくことにした。もともと徳丸の中心地は、紅梅小学校や安楽寺のある場所であり、東武練馬駅付近は見渡す限りの畑と林だったところだ。そのため、ランドマークとなる場所がなく、撮影地点を特定することが難しい。いきなり大根畑の写真を見せられても、ちんぷんかんぷんだろう。

そのため、今回はなるべく撮影地点がわかるような写真が選ばれているので、ええっ、こんなところだったの?と驚いていただけるのではと思う。あいにくのコロナ禍での開催でスペースも小さいけれど、激レアな写真ばかりですので、楽しんでいただければ幸いです。その後は、徳丸、いや板橋区のワンダーランド、イオンスタイル板橋で映画を観るもよし、買い物するもよし、飲食を楽しむもよし、それぞれのスタイルでハッピーな時間をお過ごしくださいませ。

| | コメント (0)

⭐️祝!イオンスタイル板橋開業20周年⭐️〜記念写真展開催延長決定!!〜

Img_5254 Img_5256 Img_5260

秋晴れがなかなか続きませんね。

東武練馬駅北口に存在する、徳丸、いや、板橋区のランドタワー「イオンスタイル板橋」が開業20周年を迎えた。コロナ禍でなければ、イオンスタイルでは、全館あげての大セールや地元の祭り団体による盛大なお祝いが行われるはずだったが、緊急事態宣言の直撃を受け、全てが中止となってしまった。

それから半年が経ち、まだまだコロナ禍は治らないけれど、経済活動は少しづつではあるが復活し始めている。そこで、イオンスタイル板橋では、せめてなにがしかの催しをしたいと、板橋区民に協力のオファーをいただいた。徳丸生まれ、徳丸育ちの板橋区民は、東武練馬駅北口に、60年あまり存在していた大工場がその役割を終え、跡地に巨大ショッピングセンターが出現することを聞き、これは大きな変化が起こるに違いないと、出来うる限り記録をしてきた。

今回のオファーは、20年前のオープン時の写真展を行いたいとのことだったけれど、どうせなら東武練馬駅周辺の移り変わりを紹介する方が良いのではと思い、知る限りの古写真を集めた。ただし、その全てが展示されている訳ではないのだが、それは、大正時代までの徳丸1、2丁目はとにかく見渡す限りの畑と林で、現在では撮影地点すら把握できない写真が多く、そのようなものを並べても「どこの田舎だよ?」となるだけなので、候補からははずした。

ということで、先週15日から始まった写真展は、今週末25日まで延長されることになった。ご興味のある方は是非、足をお運びくださいませ。(展示写真の中で、徳丸1丁目より、6丁目の高台や高島平方面を望む大正時代の写真があり、その写真上に徳丸北野神社の場所を示す文字が貼ってありますが、それは間違えてます。北野神社はもっと西寄りにあり、その写真には写っておりません。)

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »