« 板橋区民、「としまえん」ではなく「豊島園」の写真をUPする。 | トップページ | 板橋区民、音楽の秋が始まる。2020 »

板橋区民、プライベートを切り売りする。⭐️区民の最古の豊島園写真発掘!⭐️

19602 19603 19604

暑くなったり涼しくなったり天気がぐずついたり、季節の変わり目を実感しますね。

前回の記事で、板橋区民の部屋から発掘された1930年代の「豊島園」写真を紹介しましたが、同時に、板橋区民の幼少の砌のアルバムが出土した。1960年代から1970年代半ばまでの記録が貼ってあるが、写真を撮られた当時の記憶はほとんどない。

最初は区民生後5ヶ月の写真で、生まれてはじめて豊島園を訪れた時の物だろう。撮影場所を当時の園内パンフで探したが、イマイチ特定できない。高台であることはわかるのだが、どこだろう? 前に、国立国会図書館に所蔵されている最古の住宅地図本(1962年発行)で、我が故郷の徳丸地域を探索したことがあり、そこには当時すでに徳丸本町のバス停(現在の不動通りと西徳通りのぶつかるところ)が存在していて、たしか終点は豊島園だったと思う。バスは国際興業のボンネットバスで、女性の車掌さんが同乗していた。

真ん中の写真は、戦前からある「豆自動車」。当時の学生バイトさんは律儀に学生服を着用していたことがわかる。所員さんのジャンパーの「TOSHIMAEN」とか「MIDGET CAR」表記などを見ると、駐留米軍のお客さんも多く訪れていたのだろう。3枚目は売店での写真で、ずらりと並んだ缶ジュースが懐かしい。まだプルトップ以前の缶で、缶には飲み口の穴を開けるギミックが付属していた。日本軍機の模型がつる下がっていたり、奥の方にあるのは水筒だろうか、見ていて飽きない。

板橋区民も、豊島園とは長い付き合いだったんだなあと、改めて歴史を感じた次第なのでした。

|

« 板橋区民、「としまえん」ではなく「豊島園」の写真をUPする。 | トップページ | 板橋区民、音楽の秋が始まる。2020 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 板橋区民、「としまえん」ではなく「豊島園」の写真をUPする。 | トップページ | 板橋区民、音楽の秋が始まる。2020 »