« 板橋区民、導かれる。2020年夏。 | トップページ | 板橋区民、本気出す。2020年残暑。⭐️祝!東武東上線誕生100周年⭐️ »

板橋区民、何度でも練馬区に立つ。

20204526 20204527 20204523 20204518

本日は75回目の終戦記念日ですね。あの日と同じ暑い真夏の日差しが照っています(想像ですが)。終戦記念日とは正確に言うと、1945年8月15日正午よりラジオ放送にて、天皇陛下が前日に録音した、連合国によるポツダム宣言を受け入れるとの方針を、国民に伝えた日である。国際法上では、9月2日に戦艦ミズーリー号上で行われた降伏文書調印により、終戦が確定した。

今年は周年祈念ということで、練馬区立石神井ふるさと文化館より依頼を受け、4年ぶりに成増陸軍飛行場の解説をさせていただきました。最初に話をいただいたのは正月頃のこと、まだコロナは中国の武漢だけで騒いでいた時期だった。会場には三人掛けのテーブルが並び、定員は90名ほどだった。それからわずか数ヶ月後、4月に緊急事態宣言が出て学校や公共施設も閉鎖され、講演会も中止を覚悟した。しかし、コロナにも慣れたのか、社会生活の破綻を恐れ規制は緩められ、6月からは規模が比較的小さく、蜜を避ける配慮のできる施設などは再開した。

全国の博物館や資料館で開催を予定されていた展示会も春期のものは中止、夏期のものから内容を縮小するなどして再開された。講演会も、当初は三人掛けで行われる予定が、蜜を避けるため、一人一テーブルとなり、定員は30名となってしまった。それにより、広報紙などで大々的に告知を行わず、ふるさと文化館内のみにひっそりと告知チラシが貼られ、気がついた人だけが参加できる仕様となってしまったのである。

それでも、ありがたいことに告知が掲示されてから数週間で定員に達し、過日、講演の日を迎えた次第なのであった。毎度のことだけれど、まず、「何を話すか」に頭を悩ませる。話を聞きに来る方がどんなことを聞きたいのか、それがわからない。昨年末の光が丘図書館の時のように、「特攻隊の話をメインにしてください」と依頼されると、ある程度は方針を決められるのだけれど。あれこれ悩んだ末、結局は、何も情報を知らない方に向けて話すことを前提と決めた。しかし、これが結構大変だ。戦後75年も経つと、その時代の常識が通用しなくなるので、何気ない用語でも説明しなければ伝わらないことがある。多少戦時中の話に興味があり、当時のことが書かれた書籍などを読んでいる方々ばかりならまだ良いのだけれど。

それでも、75周年の祈念年なので、近年わかった資料や情報を入れ込みながら年表に沿って話を進めることにして講演を行った。当初の1/3に参加者の数は減ってしまったけれど、それでも会場を見渡すと結構集まっていただけたなあと感じた。小中学校の一クラス分の方々がいらっしゃるのである。冒頭にて、今年3月に逝去された堀山隊長の話と、昨年、釧路のお宅をお尋ねし、お会いした桜隊空中勤務者であった石原少尉のことを語って飛行場の話を始めたのだが、実は大きな誤算が起こっていた。実は直前まで講演は2時間のつもりでいたのだが、90分ですと言われ、えっ、と焦ったのである。急遽30分話を削らなければいけない。やべ〜と思いつつ口調も早口になる。怒濤のごとくしゃべり続けてあっと言う間に90分が過ぎ、あとは配布した資料をごらんくださいと途中で話を切ってしまった。終わった後で、流す予定をしていた成増飛行場唯一の動画(震天制空隊出撃シーン)を上映するのをすっ飛ばしていたことを思い出したが、後の祭りであった。

当日、参加されていた方々、大変申しわけありませんでした。またいつの日か上映できることを願っております。

|

« 板橋区民、導かれる。2020年夏。 | トップページ | 板橋区民、本気出す。2020年残暑。⭐️祝!東武東上線誕生100周年⭐️ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 板橋区民、導かれる。2020年夏。 | トップページ | 板橋区民、本気出す。2020年残暑。⭐️祝!東武東上線誕生100周年⭐️ »