« 板橋区民、怒りに任せ板橋区を飛び出す。 | トップページ | 板橋区民、心を取り戻し、涙する。〜さようなら豊島園、FINAL DAY.〜 »

2020年8月も終わるので雑談をする。〜成るか板橋区選出内閣総理大臣〜

7_20200830095701 Pol17070301020001p1 As20200727002443_comm

あ〜暑い、いや熱いなあああ。。。

8月ももう末、気候も熱いですが先週末の安倍総理大臣による突然の辞任会見で、政治の世界も熱くなってきました。ちなみに辞任会見は終戦の詔と同じで辞任をすると発表しただけで、まだ正式に辞任したわけではない。

で、目下次の総理大臣の席をめぐって政界は水面下で、マスコミは大騒ぎをしている。何せ2012年12月就任以来、7年8ヶ月ぶりのことである。総理の任期はあと1年あるので、後継の総理大臣は自民党から選ばれるのであるが、マスコミ人事で筆頭は石破元幹事長、以下は岸田政調会長や菅官房長官らの名前が挙がっている。マスコミとしては気に入らないが、その他には河野防衛省、稲田幹事長代行がいるけれど、我が板橋区選出の大物衆議院議員、下村博文先生も次期総理候補として名前が挙がっている。

下村博文先生は、群馬県出身で早稲田大学在学中から学習塾「博文館」を開設、早稲田の雄弁会の幹事長を務めたことから政治の世界を志す。1989年に都議会議員選挙で当選、1996年に自民党から衆議院議員選挙に出馬して当選し清和会に加入、そこで自民党青年局長をしていた安倍氏と出会い、以来、安倍氏の腰巾、いや忠実な配下として働いてきた。その功績が認められ、2012年には文部科学大臣に任命され入閣を果たす。現在は自民党選挙対策委員長の職務にある。

板橋区民の感想だけれど、博文先生は常に安倍総理の部下であった為、マスコミの餌食にされ散々叩かれてきた。衆議院議員選挙当選8回を誇る実力者だけれど、モリカケ問題その他、常に安倍氏の盾となり泥水を飲まされてきた感が強い。もしも次の総裁候補に立ち、万が一選ばれた場合はマスコミ総出で大バッシングが起こり、引き摺り下ろされる姿が見える。コロナで総攻撃を受ける石田純一氏と重なるのである。

博文先生は国政の議員であるので、あまり板橋区内でお姿を見かけることはなかったけど、冒頭の写真にあるように、今年の徳丸北野神社の田遊びに現れた。毎年田遊びの現場に行くけれど、お姿を拝見した記憶はない。選挙対策委員長になったから、支持者の引き締めを行う目的もあったのかもしれない。さて、混沌としてきた次期総理大臣選び、いったい誰が選ばれるのか、市井の板橋区民も大いにその行方に関心を寄せている。

 

 

ところで、板橋区民もとうとうフェイスブックやツイッターを始めることにした。身近な情報を得たり発信するには、SNSをもっと利用する方が良いと思ったからで、フェイスブックでは「板橋区民オーク」、ツイッターでは「板橋区民@オーク」という名でアカウントを設けました。どうぞ皆様方のご支援を、よろしくお願い申し上げます。明日は、「としまえんラストデー」の様子をお送りする予定です。

 

|

« 板橋区民、怒りに任せ板橋区を飛び出す。 | トップページ | 板橋区民、心を取り戻し、涙する。〜さようなら豊島園、FINAL DAY.〜 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 板橋区民、怒りに任せ板橋区を飛び出す。 | トップページ | 板橋区民、心を取り戻し、涙する。〜さようなら豊島園、FINAL DAY.〜 »