« 板橋区民、緊急事態宣言が解除されたので板橋区内のラーメンを愛でる。 | トップページ | ⭐️貴重資料は突然に!⭐️〜板橋区民、東上鉄道創立前期のお宝資料GET!!〜 »

鹿、240年振りに板橋区に現れる。

2020_20200601163301 Photo_20200601163301

今日から6月、梅雨の季節も近いですな。

昨日5月31日、鹿が板橋区舟渡で目撃され大騒ぎとなった。以下マスコミの記事より。

「東京・板橋区の河川敷で鹿が目撃され、警察官が出動する騒ぎとなった。警視庁によると、31日午前11時すぎ、板橋区舟渡の荒川河川敷にある野球場で、鹿がいるとの通報が複数寄せられた。目撃した人は「このくらいの子鹿がいた」、「あわてている様子はなく、ゆっくり草を食べている感じ」などと話した。警察官が駆けつけたところ、この鹿は、しばらく河川敷を下流方向に移動し、草の茂みに入ったあと、行方がわからなくなったという。付近には、鹿を飼育している施設などはなく、野生の鹿とみられている。警視庁は、鹿を目撃しても、近づかないよう呼びかけている。」

少し前には、荒川沿いで猪や猿の目撃がニュースになりましたね。もはや狸やハクビシンは日常茶飯事、我が故郷徳丸6丁目でも目撃されている。歴史好きならばご存知のことと思いますが、板橋区には貝塚もいくつか存在し、かつては様々な動物が生息していたことが知られており、加賀からはナウマン象の歯も出土していますね。江戸時代には徳川将軍が度々鹿や鷹狩りに訪れていることが記録されている。中でも三代将軍家光の鹿狩りは大規模に行われ、板橋地域だけで数百頭もの鹿が捕られたのだとか。最後の鹿狩りの記録は天明期前後(1780年代)の徳丸原で、それ以降は文化7年(1810年)に荒川対岸の美女木村で見られた記録を最後に、まもなく鹿の姿は消えてしまったようだ。

と言うことで、舟渡での目撃は240年振り、なワケだけど俄かには信じがたい。ニュースにならなかっただけなんじゃないかと思う。それにしてもこの鹿はどこからやってきたのだろう。奥多摩あたりから山を越えて秩父へ出て荒川沿いにやってきたのだろうか‥う〜ん鹿さんに聞いてみたいところだ。

|

« 板橋区民、緊急事態宣言が解除されたので板橋区内のラーメンを愛でる。 | トップページ | ⭐️貴重資料は突然に!⭐️〜板橋区民、東上鉄道創立前期のお宝資料GET!!〜 »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 板橋区民、緊急事態宣言が解除されたので板橋区内のラーメンを愛でる。 | トップページ | ⭐️貴重資料は突然に!⭐️〜板橋区民、東上鉄道創立前期のお宝資料GET!!〜 »