« 板橋区民、令和2年S.H.週間も終わったので赤塚郷のラーメン屋を想像しながら和む。 | トップページ | ⭐️祝!板橋イオン(旧・板橋サティ)開業20周年vol.5⭐️〜さらに大木伸銅工場を深掘る。〜 »

君は、板橋区ナンバーを知ってるか。

1_20200515090401 2_20200515090401 3_20200515090401

マスクしながら外出していたら頬に赤いブツブツが。汗疹なのかマスクに不審な成分が入っていたのかどっちだろう‥

今週初めから、車両用のいわゆるご当地ナンバーの発行が始まった。ネット上で我が板橋区ナンバーの人気はどうかとググって見ると、練馬ナンバーの方が良かった、との声が目立つようだ。バブル時代の頃はいろいろな物が「勝ち組負け組」で評価の対象になったものだが、車両ナンバーに関してはカースト最上位が品川ナンバーで、練馬もそんなに悪くはなかったと記憶する。それは練馬ナンバーが新宿区や豊島区も含んでいたせいであり、以前は陸運局(車検場)の所在地がナンバー地名として冠されていたのである。

それにしても、練馬区がいいとか足立区よりまし、とか地域名ばかり話題になるのはいただけない。板橋区民は何年か前にご当地ナンバーができると聞いた時に、どうせ板橋区公認マスコットキャラのリンリンちゃんを貼り付けただけのナンバーになるんだろ?としか思わなかったが、先月、ナンバーの見本が板橋区役所のロビーで展示されていた時に現物を見て、お、なんか可愛いじゃん、との第一印象をもった。それもそのはず、この板橋ナンバーのデザインは、あのインダストリアルデザイナーの水戸岡悦治氏が手がけたものなのだ。

水戸岡悦治氏は板橋区在住でデザイン事務所も区内にある。JR九州の個性的な車両をデザインしたことで全国的に有名になり、数多くの駅舎や電車やバスのデザインを手掛けておられ、2015年にオープンした板橋区役所の南館も水戸岡氏のデザインである。もはや人間国宝と言っても良いお方なのだ。”板橋区ナンバー?何それダサイ〜”と言うような無知な輩には、胸を張って対抗しようではないか。

 

|

« 板橋区民、令和2年S.H.週間も終わったので赤塚郷のラーメン屋を想像しながら和む。 | トップページ | ⭐️祝!板橋イオン(旧・板橋サティ)開業20周年vol.5⭐️〜さらに大木伸銅工場を深掘る。〜 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 板橋区民、令和2年S.H.週間も終わったので赤塚郷のラーメン屋を想像しながら和む。 | トップページ | ⭐️祝!板橋イオン(旧・板橋サティ)開業20周年vol.5⭐️〜さらに大木伸銅工場を深掘る。〜 »