« 板橋区民、音楽の春が始まる。〜さらばアリスの時。〜 | トップページ | ⭐️祝!板橋区立郷土資料館リニューアルオープン⭐️〜板橋区民、動体視力に自信を持つ。〜 »

板橋区民は見逃さない。〜大山ハッピーロードはバッドロードになるのか?〜

7 5_20200113155701 3_20200113155701 2_20200113155701

暖かい日が続きますね。

先日のTBSテレビ「噂の東京マガジン」の名物コーナー”噂の現場”で、大山ハッピーロート分断問題が取り上げられた。番組では1992年9月にもこの問題を取り上げていたが、近年、事業化計画が認可され、いよいよ具体的に動き出しそうだとのことで、今回の再取材となったようだ。

具体的には、現在、板橋区役所付近から老人医療センターを通り東上線の踏切まで伸びている道路をそのまま川越街道まで延長し、それに加え大山駅付近を高架線にし、現在のカーブ状態のホームを西側へ移動、直線になった辺りに新大山駅を造りロータリー化し、ハッピーロードの中心部と川越街道近くの土地を再開発し高層マンションを建てる、そんな計画のようだ。

ハッピーロードが現在のようなアーケード街になったのは1978年のことで、そもそもこの計画を阻止するために作られたのだと番組で取材を受けた元商店会会長がおっしゃっていた。ただし、根本的にはこの道路計画は終戦直後の1946年に地図上に引かれている。

番組を見ていると、当然ながら反対派はハッピードロ沿いに住居や利権を持っている方々であり、提示される立退料や条件に納得がいかないことが反対の根源要因となっている。事業の趣旨は、家屋密集地帯に大きな道路を通して災害に強い街にするという、江戸時代からある考え方が基本になっている。大山近辺が発展したのは、関東大震災で東京郊外地域に追われた人たちが住み始めたことからなのだが、なんだか皮肉なことだ。

地域の問題を語るのは難しい。葬儀関係や保育園などは必要な施設と理解はあるけれど、いざ自分の生活圏に計画されると、なんでここに作るんだ!と猛然と反対運動が起こったりする。ハッピーロードの件も、同じ板橋区でも年に一度税務署に行く時か板橋区民まつりくらいしか大山方面に縁のない赤塚郷民からすれば、大山駅が高架化するとか、再開発されるとかいい話じゃん、としか思えない。東武練馬のイオン(当時サティ)が出来る際は、ようやく駅前に広がる陰鬱な灰色の大工場がなくなるのか、商業施設から東武練馬駅まで直結して遊歩道で繋ぎ、成増を超える素敵な駅前になるのか!!と夢を描いていたが、結局、再開発は工場のあった場所だけかい。とがっかりしたことを思い出す。

 

「噂の東京マガジン」では、番組の最後に東京の街の移り変わりを流すコーナーがあるけれど、今回は問題とした「大山駅界隈」が紹介されていた。何枚か使われた昔の写真にこんな一枚があり、板橋区民はすかさず突込みをいれた。

1_20200113155701

おい!8000系が1950年(昭和25年)に走ってるわけないだろが!昭和45年(推測)やろこの風景は! 板橋区民は、ささいなことを見逃さない。

|

« 板橋区民、音楽の春が始まる。〜さらばアリスの時。〜 | トップページ | ⭐️祝!板橋区立郷土資料館リニューアルオープン⭐️〜板橋区民、動体視力に自信を持つ。〜 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしております。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
私もこの計画、高層マンション以外は賛成しています。現状の踏切は危険すぎます。東上線はあまりにも事故が多く、SNSではその都度怨嗟の声にあふれる状況ですから、できるところから立体化する意思がある、板橋区の安全を尊重する姿勢を持っていると、態度で示すことには大きな意義があります。三田線―東上線直結道路整備のメリットもあります。かつて東上鉄道が下板橋駅と省線板橋駅の間に軽便鉄道を作る免許を申請した故事にならって、LRTを通してもよいほどです。

台風の強力化で、石神井川が氾濫する恐れがまた出てきました。大山地区でも川沿いからの避難者を受け入れる態勢が欲しいです。二子玉川などで浸水被害に遭った人々が景観優先派に怒りの矛先を向けているという報道に接すると、「安全に勝る景観なし」とつくづく思います。高層マンションについては、武蔵小杉が貴重な教訓を残してくれました。

東武練馬も、今からでも橋上駅舎に改築してイオンと直結できたら地域の安全に貢献できるはずですが、ホーム脇の家並みは見るからに嫌がりそうな気配が漂っています。常盤台は大山の工事着工以降に立体化の検討を始めるそうで、それまでの間暫定的にでも踏切の代わりに歩道橋なりアンダーパスなり作ってもらいたいのですが、地権者の同意は難しいでしょうね。あのお店さえどいてくれたら、都交通局が所有していた教会前のバス折り返し場跡地を閉鎖時に区で買い取ってくれていたら…と何度祈ったことでしょうか。

最後の写真は「板橋区公文書館提供」と記されているところが気がかりですね。例によって、十数年前の公文書館担当職員が雑な仕事をしていた影響が感じ取れます。昭和30年(1955年)に設定された都電41系統の写真を「昭和29年」としていたり、この写真とはちょうど逆に、下板橋付近の蒸気機関車走行写真を「昭和45年」としていたり…。「板橋区の昭和」「板橋マニア」をはじめ、公文書館による誤記を真に受けて頓珍漢な説明をする書籍も増えてきました。憂慮しています。

投稿: Windy 41 | 2020年1月15日 (水) 13時38分

>>Windy 41さま
こちらこそ、よろしくお願いいたします。大山駅は東上線で一番駅の構造が危険なので、高架化は必須ですね。石神井川も近年の短時間集中豪雨に耐えられるのか不安はあります。うろ覚えですが、大山の新水道タンクの地下に貯水施設があるのでしたか、それで間に合うのかどうか。常盤台のことはあまり触れたくないですが、変革は絶望的でしょう。これから補助26号線の工事は粛々と進み、早々に立ち退いた家屋の跡地にはアスファルトが敷かれ金網で仕切られて虫食いのような景色と化し、その状態が十年以上続くのだろうと想像します。私が生きているうちに見れるのは、東京ー名古屋間のリニア開通くらいかな。そう言えば池袋のLRT話はどうなったのでしょうか?

投稿: オーク | 2020年1月15日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 板橋区民、音楽の春が始まる。〜さらばアリスの時。〜 | トップページ | ⭐️祝!板橋区立郷土資料館リニューアルオープン⭐️〜板橋区民、動体視力に自信を持つ。〜 »