« ⭐️貴重資料は突然に!⭐️板橋区民、令和最初にして最高のお宝資料を手に入れる。〜赤塚郷最新発掘速報付き!〜 | トップページ | 板橋区民、あらビックリする。〜ヤマト糊よ、永遠に。〜(発掘追加情報アリ) »

1945年7月10日午前6時35分の悲劇 〜下赤塚高射砲陣地、沈黙ス。〜

 令和の御代となり一ヶ月が過ぎました。もうじき梅雨となりますが、近年の天候が東南アジア化してきているようで、災害が心配ですね。

 

昨年秋のこと、我が母校、赤塚第一中学校から新大宮バイパスを挟んで北西側の段丘に展開していた高射砲部隊・下赤塚中隊のことを記事にしました。その後、米軍艦載機による日本空襲について研究をされている、ブログ・「連合国海軍による日本本土攻撃」の主催者さまより、1945年7月10日に赤塚高射砲陣地を急襲した艦載機の作戦行動に関する「アクション・レポート」の提供をいただいたので、その報告書を元に、より詳細な当日の状況を解説します。

19441103 H30-2018

赤塚高射砲陣地は、成増陸軍飛行場防空の目的で、1942年12月に同地に構築された。陣地内には砲座、指揮所、砲側弾薬庫、電気照準具の保護設備、砲側待機所等が半地下もしくは地下に構築され、陣地に隣接した場所には中隊の宿舎が設けられた。下赤塚中隊全体で、160名余が所属していたようである。

1945年7月1日、沖縄や九州攻撃の任務を終え、編成替えを行った米海軍第38任務部隊が、フィリピン・レイテ島の基地を出撃した。目的は、11月に予定された南九州上陸作戦を前に、本州や北海道の基地、軍需工業地帯を空母艦載機によって攻撃することであった。10日早朝、この日の攻撃目標であった関東各地の飛行場へ向け、16隻の空母から一斉に米艦載機が飛び立った。このうち、ヨークタウンおよびシャングリラから出撃したVBFー88中隊とVBFー85中隊計24機が、成増飛行場を目標としていた。

ここで、提供いただいた米海軍の「アクション・レポート」をご覧いただきたい。

Vbf881  Vbf851

ざっと解説すると、空母ヨークタウン所属のVBF-88中隊と空母シャングリラ所属のVBF-85中隊が、1945年7月10日、ミッション「敵航空基地破壊作戦/成増&調布基地」を遂行。VBF-88中隊は北緯34度、東経142度30分付近の海域から午前5時に発艦、午前9時30分に帰還、とある。ヨークタウン所属中隊機はFG-1D(グッドイヤー社製F4Uコルセア)12機、シャングリラ所属の中隊はF4U-1D 12機である。搭載された爆弾は、VT信管付き260ポンド破片爆弾、通常260ポンド破片爆弾、5インチロケット弾である。

破片爆弾とは、爆弾の周りにベルト状の鉄板をコイルのようにぐるぐると巻きつけたもので、爆発と同時に鉄板が砕け散り、破壊力や殺傷力を高めたものである。これに、VT信管=近接信管(信管内部の真空管から電波を発し、目標の手前で爆発させることができた)を付けて使用した。爆弾を空中で爆破させることにより、無蓋掩体に置かれた飛行機や、半地下の防空壕、胸墻(きょうしょう‥敵弾を避けるために胸の高さまで築いた盛り土)や遮蔽物に隠れた防空砲台の兵士へのダメージを狙っていた。

3414230 20190416-112002 20190416-112108 1_8

空母ヨークタウンの滞在地点は上の海図に記した地点で、空母シャングリラは少し離れた海域にいた。

 

Vbf882Vbf852Wwiimarkmknavyfighterplanegun_1_661d667c

次は、攻撃の記録である。VBF-88中隊は、成増の他に調布と松戸の基地を攻撃した。攻撃地点に雲は無く、視界は15マイルあった(VBF-85中隊のレポートでは20000フィート上空に雲量2の雲と報告)。攻撃方法は急降下で、爆撃照準にはマーク8型照準機を使用し、高度4000フィート(約1200メートル)から爆弾を投下した。成増上空到達は午前6時36分だった。

目標1は成増飛行場から北東に3500フィート(約1キロ)の地点にあるAA(対空砲陣地)で、2機がVT信管付き破片爆弾とロケット弾を使用し攻撃を行った。このAAは赤塚高射砲陣地と思われ、照準の範囲20’X20’とは6mX6mであり、6基ある高射砲のうちの1基に照準点を定めて攻撃したと考えられる。目標2は飛行場北側にある駐機場で、1機が普通破片爆弾とロケット弾で攻撃した。目標3は飛行場西側の対空砲で、1機が普通破片爆弾とロケット弾で攻撃を行った。以上が成増飛行場に対する攻撃で、目標4以下はヤマガミト?飛行場、松戸飛行場、調布飛行場への攻撃だった。

一方、VBF-85中隊は午前6時45分に成増上空に到達、12機全てが成増飛行場を攻撃した。この攻撃に対する所感は以下のとおり。「3発のVT破片爆弾が南西防壁地域で爆発するのが観察された。 1発が滑走路に隣接する着陸区域で爆発するのが観察された。 3発が飛行場の南東角で観察され、4発は観察されなかったが目標地域に命中したと想定される。 損傷は観察できなかった。 燃えたと見られる飛行機はないが、未確定数の飛行機への損害は想定される。 ロケット弾と弾薬は防壁区域で命中したが、正確な命中は見られなかった。」

他に、鉄道または道路橋に1機がロケット弾で攻撃、1機が飛行場北側にあるラジオ塔をロケット弾で攻撃したが、損傷は与えられなかったようだ。この鉄道とは東上線と思われるが、白子川を挟む谷に架かる鉄橋部分が攻撃を受けたのだろう。

 

「アクション・レポート」には続きとして、今回の作戦についての詳細な報告が付記されている。以下に日本語訳のみ書き記します。

「掃討作戦は午前5時まもなく、本州の犬吠埼約237キロ、成増飛行場の攻撃地点から約350キロの地点から行われた。空中集合ののち、5時15分に進発、掃討隊は高度約4200メートルで海岸線に達した。この時点での速度は約270キロ、HART少佐は防御的な編隊に展開し、スピードを300から320キロに上げ急降下コースをとった。飛行隊は竜ヶ崎の南と大沢の北側を良好な西風を受けながら数マイル過ぎた。午前6時35分、目標に到達。西から東に向け約4200メートル上空から約200メートルまで急降下し、飛行場の北側に位置する目標に爆弾とロケット弾が投下された。すべての飛行機による急降下爆撃でいくつかの目標を攻撃したが、戦果の確認はできなかった。攻撃時の敵対空砲は、中程度の激しさで不正確だった。急降下後は1500メートルまで上昇し、成増飛行場の北18キロの川越上空で集合した。その後、調布飛行場への爆弾投下と砲撃を行うために、HART少佐とSHEFLOE大尉、WOOLWAY大尉の1小隊が南下して攻撃を仕掛けた。SHEFLOE大尉の小隊は、2ヶ所の目標に対し、最初の攻撃で彼らの爆弾を放つことができなかった。そのため、2度目の攻撃の後、松戸飛行場へ向かい、格納庫エリアに爆弾を投下した。戦果は確認できなかった。

この掃討作戦では戦果を観察できなかったが、VT信管付き破片爆弾による戦果を確認することは困難であることを念頭に置く必要がある。照準点は指示通りであり、ダメージをあたえられた可能性はある。敵は現在、飛行場からかなり離れた場所にある分散エリアに、彼らの飛行機を偽装する努力をしている。偽装された防壁は自然な地形を生かして造られている。帰還した小隊長らの結論は、偽装された航空機や設備を適切に確認するには、木枝への砲撃と爆撃を開始しなければならず、急降下爆撃は、明らかに大きな標的または重視された標的に限定されるべきである。」

 

さて、米軍側のレポートに対し、日本軍側の様子はどうであったろうか。それは、前回の当該記事にも載せましたが、下に再掲します。赤塚高射砲陣地の元中隊長による戦後40年目の回想です。

「忘れもしません。昭和二十年七月十日東の空が漸く明けきった頃、東方地平線上に黒ゴマを撒いた様に数百機の敵艦載機の大編隊が我が陣地めがけて殺到してくるのが望見されました。機影はみるみる大きさを増し、正に雲霞の如き表現があてはまる敵機との死闘が開始されました。赤塚隊各掩帯内の砲座と敵機の壮絶なる一騎打ちが繰り返され始めたのです。時刻をかえり見るいとまなぞ毫もありません。突如上空の雲塊からコルセアの一群が急降下で現れ、数発投下した爆弾の一発が、第五掩帯内の砲座に折悪しく命中し大炸裂音とともに肉片が飛び散り、分隊長狩野辰一軍曹以下九名が壮裂な戦死を遂げ、小隊長ほかが負傷を負ったのであります。あたり一帯土けむりに覆われ視界は全く零の状態となりましたが、戦友は戦いの間をぬって、救出に遺体の収容にあたりました。敵機が去ると同時に戦死者を掩帯付仮眠所内に安置いたし、直ちに手厚く慰霊の通夜にあたった次第であります。朝な夕な寝食を共にし、肉親ともかわらぬ深い絆で生死を誓い合った我が友を一瞬に失った悲しみが満ち溢れ、死体にすがって慟哭するもの、悲嘆の涙にくれるものの中にあって、私もただただ涙がとめどなく流れて断腸の思いで胸がいっぱいでありました。」

 

当記事を書くにあたり快く資料を提供いただいた、ブログ・「連合国海軍による日本本土空襲」主催者さまに、厚く御礼申し上げます。

|

« ⭐️貴重資料は突然に!⭐️板橋区民、令和最初にして最高のお宝資料を手に入れる。〜赤塚郷最新発掘速報付き!〜 | トップページ | 板橋区民、あらビックリする。〜ヤマト糊よ、永遠に。〜(発掘追加情報アリ) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ⭐️貴重資料は突然に!⭐️板橋区民、令和最初にして最高のお宝資料を手に入れる。〜赤塚郷最新発掘速報付き!〜 | トップページ | 板橋区民、あらビックリする。〜ヤマト糊よ、永遠に。〜(発掘追加情報アリ) »