« 練馬区、不思議な空間を創る。 | トップページ | レジェンドウィーク始まる。〜多摩湖でふざけるな‼︎〜 »

板橋区民、新中央図書館開館をワクワクしながら待つがその前にミニ知識を書き留める。

20190510-223328 20190510-223236 20190510-223403 1944

暑い。もう夏なのか。

この10連休のある日、板橋区民がときわ通りを走行していると、平和公園で大きな工事が始まっていた様子を目にした。そうか、ようやく新たな板橋区立中央図書館の建設が始まったかと、感慨を深くした。

現在のときわ台駅北口にある中央図書館が開設されたのは1970年のこと。板橋区民も高校生の頃から何度か利用していたが、さすがに設備が古くなっていたことや、近年では練馬区や北区の図書館のほうが充実している感があったので、いつしか足が遠のいていた。

しかし、ようやく待望の新中央図書館が計画されたのが2013年のこと。それでも噂では地域区民によるいろいろな意見があり建設計画は足踏みをしていると耳にしていたけれど、2020年度中には開館の運びとなるようで誠に喜ばしいかぎりである。

新図書館は地上3階地下1階の作りで、緑の中に佇む公園一体型の図書館となる。板橋区民にとって喜ばしいのは、3階に広い地域資料エリアが設けられる予定があることだ。今でも図書館には地域資料エリアはあるけれど、規模は狭いし、肝心の地域資料が各地図書館に分散していて非常に面倒くさく、常々、”ここに行けば全部揃っている”状態を望んでいたので、是非とも公文書館にある資料も含めて移設してほしいものである。

さらに、東京都中央図書館並みとは言わないけれど、練馬区の光が丘図書館のように新聞検索や国立国会図書館の電子化書籍(国立国会図書館内でしかアクセスできない電子化書籍を含む)を検索できるPCシステムを導入していただきたい。光が丘図書館では、光が丘地域の歴史を扱ったコーナーがあり、独自に情報を集めたり、私家本も置いてありとても充実しているのだ。そこには、板橋区民渾身の私家本、「成増陸軍飛行場記」も置いていただいているのである。区内の図書館でも、たまに地域の方が自費出版した本が置いてある所があるけれど、そのような本も一堂に集めていただけたら、と思う。

 

さて、この新中央図書館が建設されている平和公園には、昔、何があったのでしょうか? ‥そりゃ畑か林だろ。正解。いやいや、そんな近代以前の話じゃなくて昭和の話。

昭和時代、それも戦時中のこと、この場所には「高射砲陣地」が構築されていた。駐屯していたのは、高射砲第116連隊第1大隊第6中隊。6基の7センチ半野戦高射砲が半円状に据えられていた。最近、この近くから高射砲の弾殻が発掘され、郷土資料館に寄贈された。以前記事に書いた「常盤台住民驚く。〜空からP-51Dが降ってきた〜」も、この陣地の放った高射砲弾による撃墜の可能性があるのだ。

戦時中の空中写真を重ねてみると、新図書館の場所には高射砲部隊の付帯設備(宿舎等の建物)があり、戦後は、東京教育大学の桐花寮として使用されていたようだ。一番東側の高射砲の台座がギリギリ工事予定地にかかりそうではあるけれど、なにか遺物でも出てこないかな、と期待している。新図書館開館の暁には、是非、ここに志村地区防衛のための高射砲陣地があったことを、伝えてほしいなあ‥

 

 

 

 

 

|

« 練馬区、不思議な空間を創る。 | トップページ | レジェンドウィーク始まる。〜多摩湖でふざけるな‼︎〜 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

趣味 」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしております。
とうとう着工されましたね。
あの場所がベストかどうかはやや疑問ですが。
近くの廃小学校跡地とか使えなかったのでしょうか。
いずれにせよ完成後は極めてアクセスしやすくなります。

記事にもありますが、流行り物におもねるのではなく、板橋区に関する資料をきちんと見られる場であってほしいと願います。
板橋区関連資料や古い新聞縮刷版、板橋区広報を見たいときは、広尾の都立図書館まで出かけています。
ふんいきのよい場所ではありますが、日比谷線は板橋区からは使いづらく、南北線の麻布十番に抜ける坂はわかりづらく、思い立ったらすぐに行けるとは参りません。その手間がいくらか解消できればいいですね。

地域資料本は、とりわけ昭和40年代くらいに小中学校で作ったものなどは誤りが多く、当時の情報収集方法を思えば無理もありませんが、現中央図書館ではそのまま展示されていることが気にかかっていました。新館移転を機に、より正確な歴史を伝えられる資料を選ぶ眼力を磨いてほしいと願っています。

東京教育大学寮時代は記憶しています。
木造の古く黒い建物が並んでいました。
道路をはさんで南側、1943年の「新常盤駅」建設予定地脇の団地は教育大学関係者専用の物件です。あれも築60年近いはずで、老朽化が気がかりです。

近代化前は、小豆沢町バス停脇で中山道から分岐して出井川を渡る「新井薬師道」と、現在の富士見街道に相当する「練馬道」が交差するあたりで、前野町の常楽院を中心とする小さな集落があり、各戸で耕作していたのではないかと想像しています。

投稿: Windy 41 | 2019年5月13日 (月) 16時26分

>>Windy 41さま
久しぶりのコメントをありがとうございます。地域資料好きの方は、やはり私と同じ感想をお持ちのようですね。最近の自治体図書館は管理委託制度により外部業者運営のところも増えておりますが、不人気図書を大量処分したり人気本ばかり揃えることがニュースになったりしますが、光が丘図書館や平和台図書館のように独自の企画を立てて運営している所もありで、一概に悪いとは言えません。最近の板橋区内の図書館事情がわかりませんが、貴重資料本を揃えた閉架式のコーナーを作って欲しいと思いますね、そうしないとありきたりの本しか置かれませんので。

投稿: | 2019年5月13日 (月) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 練馬区、不思議な空間を創る。 | トップページ | レジェンドウィーク始まる。〜多摩湖でふざけるな‼︎〜 »