« ゴールデンウィークは、赤塚郷から始まった。(4年ぶり3回目) | トップページ | 祝!令和元年。〜板橋区民、初詣をする。〜 »

板橋区民、平成最後の日にBest of お宝 in Heisei を選ぶ。

とうとう「平成」最後の日がきましたね。板橋区民が”趣味・板橋区”宣言をして、板橋区及び周辺地域の資料収集を始めたのは、平成が始まってすぐのことでした。以来、自分の興味の赴くままに蒐集や研究を行い、昨年秋には地元郷土資料館でその一部が展示され、一定の成果を上げたと感じております。ただし、それらは輸送関係の資料のみであり、それは蒐集品のごく一部に過ぎない。そこで、平成の大晦日にちなみ、板橋区民の中で、これが数ある蒐集品の中で一番かなと思うお宝を発表します。

 

それでは、ドコドコドコドコドコ‥‥‥‥。ジャーン!

 

発表します! Best お宝・オブ・ザ・平成は‥‥。

 

1_3 2_4 8445 8442

「成増陸軍飛行場関連資料」に決定!!

 

お宝は、終戦50周年の年、平成7年(1995.)より調査を始めた成増陸軍飛行場に関する資料で、当時の関係者へのインタビュー動画を始め、お預かりした手記や手紙、複写した写真、その他etc、を含める関連資料群だ。

現在の赤塚新町、練馬区田柄、光が丘地域に存在した成増飛行場については、ごく一部のことしか伝わっておらず、いまだによくわかっていない。当時の直接的な資料は、写真や防衛庁図書館に所蔵されている統計的な資料の他には、第43飛行場大隊におられた方が終戦時に処分をせず、平成の初めまでひた隠しにしていた1945年3月時点の成増基地をまとめたガリ版刷りの極秘資料が一冊あるだけだ。

その極秘資料は、おそらくは陸軍航空本部提出用に作成されたもので、飛行場の組織や基地周辺の体制などについては詳しく書かれているが年表などはなく、どんな経過で飛行場が作られ運用されていたかまではわからないのである。

飛行場の資料は進駐軍が来るまでに焼却処分されてしまったので、関係者の方が持ち出した資料が奇跡的に見つかる以外に望めない。兄弟飛行場である調布飛行場は、その建設が開戦前に東京府により行われたため、一次資料は東京都公文書館に残っているが、成増飛行場は開戦後に陸軍主導で設置されたため残っていないのである。

冒頭の写真地図は、米軍が空襲用のターゲットとして作成した成増陸軍飛行場と周辺を捉えた空中写真で、分析された情報も書き込まれている。最初の地図は1944年に作成されたもので、まだ情報が足りないのか「TAKAMATSUCYO AIRFIELD」と書かれている。2枚目の地図は1945年1月に作成されたもので、こちらでは「NARIMASU AIRFIELD」と変更されている。書き込まれた情報は詳細で、間違っている箇所もあるけれど、概ね正確だ。驚くのは送電線まで載っており、すでに戦闘機や小型爆撃機での空襲も想定しているのではないかと思われるのである。

 

これらの地図は板橋区民が蒐集したものだけれど、よくこんなピンポイントなお宝が手に入ったものだと、我ながらその奇遇さに感動する。明日から、”令和”時代が始まるけれど、さらに貴重なお宝が目の前に現れることを楽しみに待ちたいものです。

それでは、良い改元記念日を!

 

 

 

 

 

 

 

|

« ゴールデンウィークは、赤塚郷から始まった。(4年ぶり3回目) | トップページ | 祝!令和元年。〜板橋区民、初詣をする。〜 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

趣味 」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

すごい地図ですね。特にTOJOLINE等記載された地図はすごい。私が現在住む団地がこの地図にすっぽり当てはまるのではないかと思います。この地図の原寸はどれくらいの大きさなのか、などとても興味深いです。ありがとうございます。

投稿: しがき伸也 | 2019年5月 1日 (水) 08時20分

>>しがき伸也
いつもコメントをありがとうございます。地図の原寸は新聞紙2面より小さいくらいですかね。あまり良い紙に印刷されていないので、折り目からバラバラになりそうです。これらの資料がいつか生かされるようになれば良いのですが。

投稿: | 2019年5月 1日 (水) 12時03分

板橋区民様
さっそくの返信ありがとうござます。本当にいつか活かせたら良いですよね。今は暗渠化された前谷津川とかも良く見たらこの地図でみることができるのかな、とか右側にはHOSPITALというところ、今は何があるのかとか、南北の滑走路が3900FTとあるから、ざっと計算して(×約0.35)、1400メートルもあったんだ、とか知ると、この地図を現在の地図と重ねると面白そうだな、とか思ったりしました。

投稿: しがき伸也 | 2019年5月 2日 (木) 09時32分

>>しがき伸也さま
さすがに前谷津川まで確認できるほどの解像度ではありませんが、地形の高低が書き込まれているのは脅威ですね。HOSPITALは現在の埼玉病院で、当時は陸軍病院でした。それにしても、これだけの情報をどのように集めたのか不思議ですね。NHKスペシャルでは日本兵捕虜から情報を聞き出していたと何年か前に放送していましたが、この地域に詳しい捕虜がそんなにいたのかなあ、と思います。

投稿: | 2019年5月 2日 (木) 12時03分

板橋区民様
埼玉病院なんですね!ということはその下にある、「Shiro Komura」というのが白子川が流れている地域なんでしょうね。その左下にあるRR Yard E.Stationというのが多分成増駅でしょうね。
確かにどのようにしてここまでの情報を得られていたのか、不思議です。

投稿: しがき伸也 | 2019年5月 2日 (木) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴールデンウィークは、赤塚郷から始まった。(4年ぶり3回目) | トップページ | 祝!令和元年。〜板橋区民、初詣をする。〜 »