« 板橋区民、誕生日を心待ちにする。ワクワク。 | トップページ | 平成最後の赤塚城鉄砲隊演武 in 赤塚梅まつり »

板橋区民、平成も終わるので初心に帰る。

Photo200320192019_2

 暖かいのは良いんだけど鼻がムズムズしますね。


当ブログ「板橋ハ晴天ナリ。」も、おかげさまで開設から約10年近く経ちました。今回は、初期のスタイルでお送りします。


この写真の場所、赤塚郷民ならどこだかわかりますね。我が赤塚郷、徳丸本村の中心地です。わからない方に説明すると、東武練馬駅前から続く徳丸通りが松月院通りとぶつかったところ、名門・紅梅小学校や安楽寺がある場所ですね。
鉄道などの交通網が発達した現代では、駅を中心として考えてしまいがちですが、近代以前は街道であれば宿場町、農村であれば神社仏閣とか庄屋や名主の屋敷があるところが、おおむね中心地とされます。(強引ですが)

その徳丸本村の中心地にランドマークとしてそびえ立っていたのが、この「火の見櫓」でした。2003年の写真は、撤去の噂を聞きつけて撮影したもので、このあとすぐに安楽寺の会館建設のために70年余に渡るお役目を終えました。と言っても、この火の見櫓がいつ建てられたのか、この記事を書くにあたって資料を確認しようと思いましたが、たしかずっと前に文献からコピーしといたんですが‥見あたらない‥

最初の写真は、この火の見櫓が落成した時のもので、撮影は昭和7年(1932年)10月とある。残念ながら建設時のエピソードはこの冊子の中では触れられてないけれど、記憶では、東京市内で使われていた物を払い下げてもらい、大八車に分散させて村民など皆でえっちらおっちらと運んできた、らしい。

この冊子「明治の徳丸を語る」は、板橋区民のヴァイブルであり、明治27年(1894年)12月に徳丸本村で生まれ本村で結婚し、昭和63年(1988年)7月に亡くなられた、”冠城とり”さんの思い出話を聞き取り調査し、「板橋史談」に2年あまり連載された後に冊子として纏められたものだ。

板橋区民は、古老の方の話を聞くのは好きだけれど、正直、あそこは昔山だったとか林だったとか茶畑が広がっていたとかこの道はなかったとか前谷津川で魚を獲ったとか茅葺屋根の家ばかりだった‥なんてことを聞かされても、「ふーん、まあ昔ならそうだろうなあ。」なんて無感動な感想しか浮かばないような、汚れた大人になってしまった。

しかし、冠城とりさんは違う。子供であった明治時代の徳丸の様子を、昨日のように語れるハイパーサイメシア(超記憶 症候群)な方だった。残念ながら板橋区民は実際にお会いしたこともなく、話をじかに聞く機会もなかった。
これは、昭和60年代に東京都の民謡調査が行われ、その過程で冠城とりさんを見出し、とりさんの記憶を記録に留めた国立歴史民俗博物館の先生の力も大きい。こんな機会でもなければ、皆の目に触れるような形では残らなかっただろう。

話を徳丸の火の見櫓に戻しますが、冊子には設置時の経過は載ってないと書いたけど、明治・大正のころの安楽寺の話に、「境内に入るとでっかい椋の木があり、この木に半鐘がぶらさげてあり火事になると村中に響くようについた。しかし、火の見櫓が出来ると切り倒された。」とあります。見通しが悪いので周辺の高い木を切っちゃったんでしょうね。その話の続きで、「寺の東座敷二間を駐在所に貸してあった。」なんてことがでてくる。

2003年の写真、火の見櫓の隣のに住宅がありますが、ここは駐在所でした。いわゆる社宅併用の交番で、田舎でよく見かけるスタイルだった。いつ寺から移動したのかわからないけど、松月院通りが出来て(拡幅整備)からだから昭和10年前後だろうか。

この火の見櫓、板橋区民が小学生の頃、登ってみたくてしょうがなかったが、たまに消防団員の子供が登った話を聞くと羨ましくてしかたがなかった。とり壊すときにチャンスがあれば、と思ったけれどタイミング悪くその機会を逃してしまいました。。


さて、撤去された火の見櫓はどこへ‥現在は、先端部分のみが板橋区立郷土史料館の入り口裏で、木立に囲まれひっそりと佇んでおります。しかし、説明板もないので見た人はなんじゃこりゃとしか思わないでしょう。隣の新藤楼の玄関には説明板はありますが、この場所はギリギリため池公園の敷地なので放置なんでしょうねえ。中途半端ですな。


|

« 板橋区民、誕生日を心待ちにする。ワクワク。 | トップページ | 平成最後の赤塚城鉄砲隊演武 in 赤塚梅まつり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしい火の見櫓ですね。紅梅小学校の通りの入り口付近にあったと思いいます。
昭和37年頃、赤羽根の祖母に会いに行くのに、傍のバス停でバスを待っていました。その時の記憶から、火の見櫓ってこんなに立派なタワーだったか今一曖昧です。ただ大きな半鐘がぶら下っていた事は記憶にあります。
先端部分が板橋区立郷土史料館にあるのですか、見に行きたいと思いいます。
火の見櫓の半鐘の音を聞いたのは、昭和40年代に、今のマルエツ近く四葉公園付近にあった家が火事になった時に、カンカンと半鐘の音が聞こえてきました。当時はまだ雑木林が残り、民家の点々とある所でした。火災現場も規制線などありません。子供でも火の粉が飛んでくる所まで近くに行けた時代でしたね。もっと他にも半鐘は鳴ったのでしょうが、私の記憶に残るのは、この火事の時の鐘の音です。

投稿: ひでぼう | 2019年2月24日 (日) 19時48分

追伸
誕生日おめでとうございます。

付け足しで、真に申し訳ございません。
これからも「板橋ハ晴天ナリ」を末永くお願いします。

投稿: ひでぼう | 2019年2月24日 (日) 19時54分

>>ひでぼうさま
いつもコメントをありがとうございます。誕生日はもはや○○への一里塚ですからめでたくもあり、ですね。
あの半鐘の音を聞いた記憶があるんですか、私は覚えがありません。

投稿: | 2019年2月24日 (日) 22時16分

 久し振りです。お元気そうで何よりです。
 以前古い地形図のことを書いたような気もしますが、西洋式の近代的な測量方法で初めて作成された地形図がウェブで公開されています。
http://habs.dc.affrc.go.jp/
 これは西南戦争後に、一旦事あった場合に備えて国内の平地部分に関して詳密な地形図を作成する、という軍事的な意味合いの強い物でした。このため図郭外の余白には河川横断点の断面図が入っていたり、行軍の目標となる各種の建造物、樹木などの絵が添えられていたりします。
 作図そのものは関東の平野部分のある程度を終わった段階で中断しています。結局これが日の目を見ることは百年近くありませんでした。しかしこれらの膨大な原図は厳重に管理され、受け継がれてきました。それがある時NHKの番組で大きく取り上げられ、大変な話題となりました。
 その後あれこれとあって、100万円を超える限定セットのみでの発売だったものが、単葉で僅か1000円未満でも入手可能となっています。
http://net.jmc.or.jp/map_aerialphotograph_oldmap_meijifrance.html
古い時代の話を読む際には参考になるかもしれません。

 ただしこの話題の安楽寺は確認できますが、それ以外に関してはさっぱりです。低地の水田地帯はほとんど人家が無かったようです。高台からはるばると作業をしに行っていたのでしょうか。斜面はずっと雑木林がつながっていて、これなら崖崩れの心配もあまりなかっただろうと思われます。
 見ていると面白いですよ。

投稿: 大森山谷 | 2019年2月27日 (水) 14時20分

>>大森山谷さま
明治初期の精密地図の情報を教えてくださり、ありがとうございました。さすがにサンプル画像では小さすぎますね。でも、赤塚郷にはあまり家がないことはわかりました。

投稿: | 2019年2月27日 (水) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋区民、平成も終わるので初心に帰る。:

« 板橋区民、誕生日を心待ちにする。ワクワク。 | トップページ | 平成最後の赤塚城鉄砲隊演武 in 赤塚梅まつり »