« さらば、国産モノクロフィルム。〜それは板橋区から始まった〜 | トップページ | 板橋区民、寶籤を買う。 »

さらば、赤塚郷昭和の風景。

Aka_7180419_2180419_5

 今週末は規格外の暑さだとか。とほほ。


先月、我が赤塚郷にある二つの銭湯が相次いで廃業した。

一つは赤塚の「栄湯」。

一つは徳丸の「北野湯」。

何れも昭和の風情を残した、「宮型造り」の銭湯だ。

これをもって、赤塚郷に存在する宮型造りの銭湯はすべて滅び、近在では東武練馬の北町浴場と西台高速側の功泉湯を残すだけとなった。

板橋区民は温泉、またはスーパー銭湯が好きだ。しかし、銭湯はほとんど利用してこなかった。理由は朝から夜まで通しで営業していない、シャンプーなどが常備されていないからだ。(赤塚6丁目の岩の湯は常備されているが)

「栄湯」は昭和35年、「北野湯」は昭和36年開業の老舗で、北野湯へは通っていたまきば幼稚園のお泊まり会で行った記憶が残っている。皆んなで並んで座り、背中を流しあったっけ。。

板橋浴場組合のサイトを覗くと、赤塚村には昭和初期にすでに銭湯があったことが記載されているが、どこにあったのかまでは書かれていない。板橋区全体だとさすがに板橋宿周辺には多く存在していた。おそらく江戸時代にはすでにあったのだろう。

ちょうど1年前、板橋町にあった「花の湯」が廃業した。ここは明治時代後半に開業した板橋区に残る最古の銭湯で、戦時中の空襲でも焼け残った。廃業情報は事前に得ていたが、悪いクセでどうも板橋町方面へ行くのは腰が重いし通った思い出もなかったのでスルーしてしまった。(風呂屋なので気軽に写真も撮れないし。)ただ、今では行っておけば良かったかなと反省している。

板橋区民の故郷、徳丸では、最盛期には頭に浮かぶだけで銭湯は6箇所あったと思う。現在残るのは、黄金湯と光徳湯だけとなった。赤塚は岩の湯、成増は初音湯だけかな。

廃業に至る理由はわかりますが、なんか、寂しいですね。それは、銭湯の煙突が地域のランドマーク的位置付となっているからなんですかね。。

|

« さらば、国産モノクロフィルム。〜それは板橋区から始まった〜 | トップページ | 板橋区民、寶籤を買う。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

3月末で北野湯が廃業しましたね。我が家の隣のお婆さんは、配布された入浴券で北野湯に行くのが楽しみでした。
跡継ぎもいないし、施設も老朽化して直す事はしない、と風呂屋さんが言ってたそうで、時の流れとは言え寂しい限りです。
私も幼い頃、風呂屋さんに行きました。徳丸6丁目1番地にあった風呂屋さんでしたが、どうしても名前が思い出せません。
その風呂屋には、脱衣所の外に小さな池があり、湯上りにフルーツ牛乳を飲みながら、池の魚を見るのが楽しみでした。

投稿: ひでぼう | 2018年4月21日 (土) 14時11分

>>ひでぼうさま
コメントをありがとうございます。徳丸6丁目の風呂屋は「福徳湯」ですね。あのあたりは小さな商店が並ぶ商店街で、母に付いて買い物に行った時、対面にあった肉屋でコロッケを買ってもらうのが楽しみでした。

投稿: | 2018年4月21日 (土) 18時23分

いつも楽しみに拝見しています。
「栄湯」さん「北野湯」さんがすでに廃業していたとは気付きませんでした。寂しいですね。
また、まきば幼稚園のお泊まり会は、私も大昔に経験しましたが、思い出と言えば、キャンプファイヤー、お昼寝、カレーライス
を頂いたことが断片的によみがえりますが、銭湯に行った記憶にはたどり着きません。体験した年代が違うのかも知れませんが、
もし自分も幼稚園のときに「北野湯」さんに行っていたのかも知れないと思うと、廃業が余計に残念に思われます。
私の子供のころの銭湯といえば、徳丸4丁目にあった「幸の湯」さんです。ありきたりですが、入浴後のコーヒー牛乳が楽しみ
でした。

投稿: izumi | 2018年4月24日 (火) 14時13分

>>izumiさま
いつもコメントをありがとうございます。どういうわけでしょうか、私は北野湯へ行った記憶しかありません。徳丸4丁目に「幸の湯」があったことは知りませんでした。赤一中でしたので目にしてたはずですが‥

投稿: | 2018年4月24日 (火) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらば、赤塚郷昭和の風景。:

« さらば、国産モノクロフィルム。〜それは板橋区から始まった〜 | トップページ | 板橋区民、寶籤を買う。 »