« 板橋区民、解禁する。〜そもそも論から始めたい〜 | トップページ | 板橋区民、古いネガを救う。 »

*忖度*板橋区民、謝罪して記事の内容を書き換える。

 日頃えらそうに記事を書いているとこんな時にどう書けば良いか困りますね。。

新年明け1月8日にUPした記事、「板橋区民、板橋区内の交通の歴史を垣間見ることにする。」の記述について記憶違いによる事実誤認があったので一部を削除&訂正いたしました。


削除&訂正は、下板橋駅近くに建つ「東上鐵道記念碑」について書いた文章で、平成7年に板橋区立郷土資料館で行われた特別展「板橋と鉄道」にて、<東武鉄道博物館の花上館長(当時)が講演会を行った。>とする一連の部分だ。

板橋区民が昔撮影していた動画を確認していると、すっかり忘れていたのだが、当時、この展示と講演会の様子を撮影したDVテープが見つかった。改めて動画を確認すると、講演を行ったのは東京学芸大学名誉教授の青木栄一氏であった。青木氏は鉄道地理学の研究で有名な方で、鉄道雑誌で寄稿された文をよく目にする。

講演の途中で、東上線創立に尽力した内田三左衛門の孫である方が名乗り出たのは本当のことであったが、祖父のことはあまり子孫には伝えられておらず、青木教授に、内田はどんな人物だったかを質問する流れであった。先の記事で、東武鉄道が内田の事績を抹殺した、なんて非道なことを書いてしまったが、孫の方はそんなことは言っていなかったのである。

‥たいへん申し訳ありませんでした。気分を悪くされた関係機関の方々がおられましたら、お詫びを申し上げます。

ただし、青木教授も、東武鉄道の社史と東上鐵道記念碑の碑文に書かれた内容に違いがあることについての疑問を、講演冒頭に指摘しておられた。東上鉄道株式会社の歴史については切り捨てられている状況であるのは確かなことのようだ。

とりあえず本日は告知ということで、この話題についてはまたの機会に記事にして触れることにいたします。

|

« 板橋区民、解禁する。〜そもそも論から始めたい〜 | トップページ | 板橋区民、古いネガを救う。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: *忖度*板橋区民、謝罪して記事の内容を書き換える。:

« 板橋区民、解禁する。〜そもそも論から始めたい〜 | トップページ | 板橋区民、古いネガを救う。 »