« *忖度*板橋区民、謝罪して記事の内容を書き換える。 | トップページ | ⭐️「いたばし大交通展」宣伝始まる!⭐️ »

板橋区民、古いネガを救う。

Aka_12Aka_13096210962

 もう、桜は散り始めてますね。今年の花見期間は短かかった‥

ようやく、待ちに待ったフィルムデジタイズアダプターが届いた。当初の発売予定日から半年も遅れている。届いたアイテムは見た目これという複雑な形状をしていないのだがなんでこんなに遅れたんだ?大丈夫か、ニコン。

板橋区民の手元には大量のネガフィルムが保存されている。そのうちモノクロフィルムのほとんどを自家処理しており、近年劣化が激しいネガが増えてきた。ネガの劣化は救うことも止めることもできず、救うにはネガからプリントをするか、デジタルデータ化するしか方法はない。

現実的な方法はデジタル化だけれども、フィルムスキャナーは昔から製品が出ていて、かつて板橋区民もニコンのフィルムスキャナーを持っていたけれど、いかんせん処理に時間がかかり1コマ3分ぐらいかかったので、ほとんどの所蔵ネガはデジタル化をしていなかった。もっと簡便に処理できなければ作業時のモチベーションを保つのは難しい。そこで満を持して登場したのがニコンES-2だ。これは、基本的にD850との組み合わせで使うようになっており、D850側に画像変換ソフトが組み込まれていて、シャッターを押せば即座にデジタル画像に変換されるのだ。

それにしても、ネガの経年劣化は深刻だ。これはビネガー症候群と呼ばれ、セルロースのベース面が加水分解して起こるらしいが、定着処理をした後の水洗作業でフィルム中にまだ酸の成分が残ったままになっていて、それが溶け出してダメージを与えているような気もする。フィルム自体も酢こんぶのような匂いを発していて、症状が進むと写真にあるようにフィルムがストローのように丸まっていき、しまいには固くなり開かなくなってしまうのだ。


とりあえず、手近にある古いネガをアダプタに仕込みテストをしてみた。1971年ころに千葉の行川アイランドで行われた「井上順之ショー」を撮ったもので、何年か前に記事にしましたね。ネガはさくらカラー、後のコニカカラーだけれど、今の30歳くらいでもすでになにそれ?状態かもしれない。

アダプタにネガを挟み、カメラをライブヴュー状態にしてデジタイズモードで複写してみるが全体が緑がかっていてなんだこりゃ、だ。ちなみにrawモードは使えずjpegのみ、撮影時には明るさの変換しかできないようだ。画像をPCへ移しフォトショップでいじると少しは見れるようにはなった。まっ、こんなもんなのかな。あまり過剰な期待は禁物ですかね。できればフィルムの種類にあうようなモード変換が装備されれば良いのですが。カラーネガだとメーカーや製品でベースの濃度や色素に特徴があるので可能だと思いますがね。

撮って出しの画像サイズは、A3にグラビア印刷で耐えられる程度の大きさかな、まだファーストインプレッションなので、データを追い込んでいけばもっとましな画像になりそうだけれど、何百何千枚のコマをいちいちやってられるか!とも思う。せめてrawで複写保存できるようにしてもらいたいものだ。これもソフト的な問題なので可能なはずと思いますが。(ポジフィルムの場合は”複写”となるのでrawで記録できる。)

ということで、これからはネガから変換した古写真画像のUPが増えるかもしれませんがお楽しみに!

|

« *忖度*板橋区民、謝罪して記事の内容を書き換える。 | トップページ | ⭐️「いたばし大交通展」宣伝始まる!⭐️ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも更新ありがとうございます。懐かしく、楽しくみさせて頂いております!!
前におっしゃっておりました機材が到着したのですね。
今後のアップ楽しみにしております!!

行川アイランドは昔親に連れて行ってもらった記憶があります。
今はもう潰れてしまっているのが残念ですね。。。

投稿: 80年代に生まれし者 | 2018年4月 1日 (日) 16時47分

>>80年代に生まれし者さま
いつもコメントをありがとうございます。ようやくですね。まずは写真にあるようなビネガーシンドロームに侵されたネガから救わねばなりませんが、暫くお待ち下さいませ。

投稿: | 2018年4月 1日 (日) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋区民、古いネガを救う。:

« *忖度*板橋区民、謝罪して記事の内容を書き換える。 | トップページ | ⭐️「いたばし大交通展」宣伝始まる!⭐️ »