« 板橋区民、硫黄泉を求めまた彷徨う。 | トップページ | 板橋区民、板橋区内の交通の歴史を振り返る。〜サルベージ/「新常盤駅」について〜 »

板橋区民、硫黄泉を求めて未だ未だ彷徨う。




長野電鉄長野駅午前8時。板橋区民の朝は早い。
ニュース素材撮影カメラマンの横を通りつつ階段を降りる。



硫黄泉巡りも4日目、未だ見ぬ温泉を求め板橋区民は行く。
電車の中はスクールボーイガールでいっぱいだ。



途中、須坂駅で特急に乗り変えたがガラガラだった。最前列展望席も余裕である。



ようやっと湯田中駅からバスに乗り、上林温泉に着いた。ここからは雪中行軍である。





ハイ、そうです。今や世界一有名な日本の観光スポット、地獄谷野猿公苑へ向かうのだ。



道は整備されているので歩きやすい。



バス停から1.6キロ 約30分、地獄谷温泉が見えてきた。



おお、あれが有名なスノーモンキー温泉か。見物客はマジで外人ばかりだ。

それでは、温泉で癒されるお猿さんたちの姿をどうぞ。



ああ‥



うーん‥



おお‥



はぁーん‥



ふぅ‥



ん‥



‥お楽しみ頂けましたでしょうか。



それにしても、野猿公苑へ向かう道は外人相手の店が点在していて感心する。ここだけ国際観光地化しているんだなぁ。帰り道ですれ違った人は9割方外人だったように思う。白人系子ども連れファミリーが目立ったが、お勉強の一貫なんですかね。



バスの便があまりないので、上林温泉から歩き通して渋温泉で昼食と温泉をいただく。ここはナトリウム・カルシウム塩化物硫酸塩泉だけど仕方ない。



目指していた渋大湯がなんと清掃中で利用できず、石の湯へ行くがお湯が熱い。一応、源泉掛け流しから遠い湯船もあるがそこすら板橋区民には熱い。お湯を刺激しないようそろりと体を沈めるが、それでも3分もムリだ。ウルトラマンかよ。



仕切りなおしに湯田中駅横にある「楓の湯」へ。
じつは、長野電鉄では特急も乗れる温泉付きクーポン乗車券を売っているのだ。すんごいおトク。



板橋区民も、とうとう懐かしの赤塚郷に帰る時がきた。次はいつ旅に出られるのだろう‥










|

« 板橋区民、硫黄泉を求めまた彷徨う。 | トップページ | 板橋区民、板橋区内の交通の歴史を振り返る。〜サルベージ/「新常盤駅」について〜 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋区民、硫黄泉を求めて未だ未だ彷徨う。:

« 板橋区民、硫黄泉を求めまた彷徨う。 | トップページ | 板橋区民、板橋区内の交通の歴史を振り返る。〜サルベージ/「新常盤駅」について〜 »