« 板橋区民、板橋区内の交通の歴史を振り返る。〜サルベージ/「新常盤駅」について〜 | トップページ | 板橋区民、元SMAPの稲垣吾郎くんに共鳴する。 »

祝!☆粕谷家住宅リニューアルオープン☆

20181201822018320184

 明日はまた雪が降るかもとか言ってますね。

我が故郷、徳丸7丁目に鎮座する板橋区指定文化財の粕谷家住宅がリニューアルされ、本日から一般公開が始まった。

ファーストインプレッションは、以前に比べあまりにシンプルな姿と変わり、これは‥と感じてしまった。しかし、主目的は建造当時の姿に戻すということで、実際にこんな造りだったんだろう。違和感があったのは、”新築みたい”という全く生活感のない仕上がりになっていたせいかもしれない。備品は囲炉裏やカマドくらいで家具類がないので、よけいにスカスカした印象がある。(批判しているわけではないですよ。理屈的にはそうせざるを得ないことはわかります。)

リニューアル前の状態の時は、粕谷家が実際に暮らしていた痕跡があり、古いまま残すことの理由となった、沖縄戦で壮烈な最後を遂げた、本来ならば当主となっていたはずの故・粕谷正三さんの遺影などが飾ってあったのだけれど、それより以前の江戸時代の姿に戻してしまったため、粕谷さんという一族がおられたという”空気”が感じられなくなってしまったのだ。例えれば、古い味噌蔵に住み着いていた酵母が霧散してしまった、という印象である。

故・粕谷正三さんは戦争末期、海軍主計中尉として沖縄方面へ派遣される際に徳丸に寄り、”自分が亡くなるようなことがあっても、魂は必ずこの家に戻り、皆を見守るから”と言い残し、粕谷家を後にしたと伝わっている。

今はもう住む人もいなくなったけれど、その「遺言」は、平成も終わる現在も生き続けているのだと思う。

|

« 板橋区民、板橋区内の交通の歴史を振り返る。〜サルベージ/「新常盤駅」について〜 | トップページ | 板橋区民、元SMAPの稲垣吾郎くんに共鳴する。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝!☆粕谷家住宅リニューアルオープン☆:

« 板橋区民、板橋区内の交通の歴史を振り返る。〜サルベージ/「新常盤駅」について〜 | トップページ | 板橋区民、元SMAPの稲垣吾郎くんに共鳴する。 »