« 板橋区民、鬼怒川温泉郷で憩う。 | トップページ | 🌟祝!旧陸軍第二造兵廠板橋火薬製造所跡、国の史跡認定!🌟 »

独立の旗の下に。〜赤塚郷民総決起ス。〜

123

なんと!今年ももう半分まできてしまった‥

先週、板橋区内に住む親族に不幸があり、父親の葬儀以来、久しぶりに戸田の斎場へ出向いた。本日の案内を示す液晶板はびっしりと予定が埋まっており、こんなにも大勢の区内及び近隣の方々が毎日旅立っているのかとあらためて驚く。合掌。


いよいよ今月、6月24日(土)から8月15日(火)までの会期で、お隣練馬区の企画展、「独立70周年-練馬区誕生への軌跡」が開催される。

前回、この企画展にちなんで、板橋区民側からの視点で毒を吐いた記事をUPしましたが、その中で、我が赤塚郷も実は板橋区に含まれることに反対していた、と書いた。

その時は勢いにまかせて記憶のみで書いてしまったので、もう少し解説してみる。

赤塚郷は、おおよそ現在の成増三園赤塚赤塚新町大門四つ葉徳丸高島平一帯のことを指す。文化圏は和光市を含んだ近隣地域と考えられおり、一番近い力のある宿場が板橋宿だったので、何かと板橋宿に協力を強いられていた。(幕府の支配にまで触れると話が大きくなるのでざっくりですが。)

1889年(明治22年)、赤塚郷の各村が統合され赤塚村は誕生した。そして、村役場が松月院の門前に置かれた。現在、松月院通りに面した交番のとなり、赤塚八丁目のバス停の所に記念碑が建てられているが、その場所にはかつて”赤塚”の名前の発祥との説がある古墳時代の円墳があったそうだ。

東京府北豊島郡に属していた赤塚村は、1922年(大正11年)4月24日に旧都市計画法に基づき、東京市及び近隣の郡、ほか84町村とともに「東京都市計画区域」として定められた。そしてこれらの地域は、1932年(昭和7年)10月1日、旧東京市15区に加わり東京35区を形成することとなった。その際、現在の練馬区域が板橋区に組み込まれてしまったことが、独立騒動の遠因となったのである。

ここからが問題だ。

実はこの時、練馬区の各村は、板橋区に含まれることに反対をしていなかったのだ。

東京都の公文書館には、当時の各村の決議文が保管されている。下に幾つかサンプルを挙げてみる。


昭和七年六月二十八日
板橋区役所位置設定期成同盟会

一、僻在セル板橋町ニ区役所ヲ設置セントスルカ如キハ区民大衆ノ利便ヲ無視シ将来ノ発展ヲ阻止シ大都市建設ノ根本趣旨ニ相背スルコト甚ダシキモノト認ム

一、板橋区役所ハ区ノ中央部ノ交通至便ノ地点ニ設置スルヲ至当ト認ム

右決議ス

昭和七年七月八日
板橋区役所位置設定期成同盟会
練馬町民大会

僻在セル板橋町ニ区役所ヲ設置セントスルカ如キハ区民大衆ノ利便ヲ無視シ将来ノ発展ヲ阻止シ大都市建設ノ根本趣旨ニ相背スルコト甚ダシキモノト認ム

板橋区役所ハ区ノ中央部ノ交通至便ノ地点ニ設置スルヲ至当ト認ム

右決議ス

昭和七年七月八日
板橋区役所位置設定期成同盟会
中新井村民大会

一、僻在セル板橋町ニ区役所ヲ設置セントスルカ如キハ区民大衆ノ利便ヲ無視シ将来ノ発展ヲ阻止シ大都市建設ノ根本趣旨ニ相背スルコト甚ダシキモノト認ム

二、板橋区役所ハ須ラク区ノ中央部ノ交通至便ノ地点ニ設置スベシ

三、吾人ハ万難ヲ排シ一致結束シテ此ノ目的ノ貫徹ヲ期ス

右決議ス


昭和七年七月八日
板橋区役所位置設定期成同盟会
赤塚村民大会

一、僻在セル板橋町ニ区役所ヲ設置セントスルカ如キハ区民大衆ノ利便ヲ無視シ将来ノ発展ヲ阻止シ大都市建設ノ根本趣旨ニ相背スルコト甚ダシキモノト認ム

一、板橋区役所ハ区ノ中央部ノ交通至便ノ地点ニ設置スルヲ至当ト認ム

右決議ス


以上にて、大泉村など他の地域のものもありますが、割愛いたしました。我が赤塚村もこの時に練馬区域の町や村と歩調を合わせ、同様の決議文を提出していますね。

さて、この決議文はようするに”板橋区役所を板橋町に置くな。”と言ってるんですね。板橋区に含まれることに反対しているわけではない。交通網の発達した今だって板橋区役所に行くのは面倒臭いのだから、赤塚郷民からしても当然の決議だ。気持ちはわかるぞ練馬区民。

しかしである。

今日、練馬区は独立の旗の下に練馬区民は立ち上がり、悪の枢軸、大板橋区帝国の植民地支配からついに独立を勝ち取った。なんて論調で独立記念日を祝おうと様々な行事を行っているわけだが、もともと”練馬区”なんて概念は無かったんじゃないの?いわゆる”練馬郷”なんてものが存在していたのか?

そんなこんなの疑問を、今回の企画展、「独立70周年-練馬区誕生への軌跡」で晴らしてもらえるのか、楽しみである。


|

« 板橋区民、鬼怒川温泉郷で憩う。 | トップページ | 🌟祝!旧陸軍第二造兵廠板橋火薬製造所跡、国の史跡認定!🌟 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

練馬駅からバスに乗って携帯を開いてここを見たら思わず噴き出してしまいました。他のお客さんの手前笑いをこらえるのに…。
まじめなお話、移すとしたらどのあたりが候補になったでしょうか。

この時代ならば鉄道駅の近くがまず考えられたでしょうが、省線からはかなり遠い土地ゆえ、東武鉄道か武蔵野鉄道の駅を選ぶことになったでしょう。
私の想像では、桜川の旧上板橋村役場付近が有力とされたと思います。
今の都立城北中央公園の土地は当時どこで管理していたかは存じませんが、川にも近く、東武からも武蔵野鉄道からもそう遠くありません。
上石神井地区からは相変わらず遠いですが。

投稿: Windy 41 | 2017年6月 6日 (火) 15時53分

>>Windy 41さま
いつもコメントをありがとうございます。
私も、板橋区役所設置は旧上板橋村役場付近が良かったのではと思います。練馬町にも近いですし。それでも旧板橋区はあまりに広範囲なので、不満を持つ町村はあったことでしょう。東京市は35区もあったのに面積のバランスがあまりに悪いですね。‥と言っても人口的には割合がとれていたのかもしれませんが。

投稿: | 2017年6月 6日 (火) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独立の旗の下に。〜赤塚郷民総決起ス。〜:

« 板橋区民、鬼怒川温泉郷で憩う。 | トップページ | 🌟祝!旧陸軍第二造兵廠板橋火薬製造所跡、国の史跡認定!🌟 »