« 板橋区民、1階席でLetting Go!〜One On One at 東京ドーム〜 | トップページ | 板橋区民、その後の人生を語る。〜グラント・ハイツ黎明期番外編〜 »

祝!!⭐️ゆぁ東上誌面リニューアル。⭐️〜2017G.W.期間スペシャル〜

2017_2Photo_30257_2

風薫る5月。気持ちの良い季節ですね。


ポールデンウィークは終わってしまいましたが、G.W.は実質今日からが本番かな。


東武東上線を利用している人にはおなじみ?の東上線専用情報誌「ゆぁ東上」が、今月5月号からメジャーリニューアルした。無料配布の冊子なので手に取ったことがある方は多いかもしれない。

リニューアルにより、先月までの二つ折りから四つ折りになってさらにホッチキスで綴じられた体裁となった。これまでは誌面レイアウト変更など、マイナーチェンジを繰り返してきたので、これは大幅な変更だ。

近年は、主に沿線で行われるイベントや東武鉄道の告知がより多く紹介される編集となっていて、今回のリニューアルでそれがさらに簡素になった印象だ。もうね、無駄を極限まで切り落とした、といった感じがする。

「ゆぁ東上」が誕生したのは1985年5月号からだ。今月号の表紙に歴代の「ゆぁ東上」誌面が載っているのでよくわかる。(この表紙は良いですね。)
第1号は、モノクロの誌面だけれど紙質はどうなんだろう?実物を持っていないので見てみたいなあ。当時存命であった、二代目社長・根津嘉一郎氏が巻頭挨拶をしていますね。1940年に初代が死去してわずか27歳で社長となってから、2002年に亡くなるまで60年以上東武鉄道を指揮してきた方だ。

誌面中ほどに、森林公園で行われる中森明菜のコンサート告知がありますね。行ってみたかったなあ。先月はふじみ野でももクロでしたっけ、騒音問題とかなにかと話題になりました。記念乗車券なども多種出たようだけれど、現行の鉄道グッズには物欲をかきたてられなくなってしまった。


さて、当ブログは、黴くさいことを書くのが使命でもあるので、昔にさかのぼってみたい。

「ゆぁ東上」以前にはどんな冊子があったのか。私自身はそのころ東上線に関心がなかったので記憶にないけれど、1980年前後には「東武新聞」が存在し、1970年代は「東上新聞」があった。東武新聞は西池袋に編集部があり、東上新聞はロサ会館内に編集部があった。両紙とも発行号数が共通なので同じ系統の新聞であり、創刊は1971年7月号から。

では、それ以前はというと、1960年代の資料を持っていないのでわからないですが、戦後発行された「東上線ガイド」の創刊が1949年2月号から、戦前の「東上線ニュース」創刊が1938年6月号からだ。両方とも、東上線業務部が編集発行している。


いや〜やっぱり昔の誌面は味があるなあ。。筆者本人の感想が素直に書き込まれていたりして面白い。文章に人格が見えますね。簡素な情報の羅列より読んでいて楽しいし、よみ捨てには出来ない感がある。


最初に創刊された「東上線ニュース」は、当時の国策に沿って出版された可能性がある。その国策、「国家総動員法」とは、1937年に勃発した日中戦争に際し、国家の総力を発揮させるために人的、物的資源を統制・運用する権限を政府に与えた法律で、1938年には「国民の体力向上」や「国民福祉の増進」等を目的に厚生省が誕生した。

その「国民の体力向上」政策の一環で、ハイキングなどが一層奨励されるようになり、東上線の沿線案内にも国策の影響が出始める。
Photo_4

国家標語のような単語が並べられるようにはなったけれど、内容はそれでも変わらず、東上線沿線の案内を格調高く伝える文章となっている。しかし、沿線案内や新聞も、大東亜戦争が始まる頃には姿を消してしまった。


そんな案内が復活したのは戦後も3年半が経った頃。ちょうど復活創刊号が手元にあるので、G.W.にあわせ特別公開しちゃいましょう。巻頭を飾るのは、あの大文豪・武者小路実篤先生だ。東上線を応援しようとする心が伝わって来る内容だ。「武者小路実篤全集」を確認したことはないけれど、もしかしたらそこにも収録されていないような、レアな随筆かもしれない。

Photo_5


|

« 板橋区民、1階席でLetting Go!〜One On One at 東京ドーム〜 | トップページ | 板橋区民、その後の人生を語る。〜グラント・ハイツ黎明期番外編〜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

戦前の東上線ニュースや東上線ガイド創刊号は貴重なものでしょうね。こういうものはなかなか残らないでしょうから。東上線ガイド創刊号の「日本無盡」って無尽会社の広告が時代を感じさせます。

投稿: ブルー | 2017年5月 3日 (水) 19時52分

>>ブルーさま
いつもコメントをありがとうございます。
そうなんです、チラシ類は本来読み捨てる物ですのでなかなか入手できません。本文にも書きましたが昭和30年代のものはまだ未見で、常にアンテナを張っておりますが収集はかなわないままです。

投稿: | 2017年5月 4日 (木) 18時40分

この記事を読んで、早速ゲットしてきました。
板橋区内はバス移動のため、久しぶりに駅に立ち寄って。
「西武鉄道かわら版」をさらに細長くした体裁ですね。

さて、弊ブログでもそれとなく匂わせていますが、私は東上線についてかなりの「アンチ」です。
大昔、個人的に嫌な思いを幾度となくさせられたことも影響していますし、何よりも板橋区についてほとんど”無視”しているからです。
バスを通勤経路に認めてもらって、数十年使っていた東上線の定期券から解放された時は本当にほっとしました。

今、池袋に出向こうとするとバスで40~50分くらいかかります。時間帯によっては日大病院から坂を下りて歩くこともあります。
間違いなく東上線(駅での待ち時間8分、中板橋通過待ち4分を加えても最大22分程度)よりかなり時間がかかっているはずですが、なぜか東武より遅いという意識がありません。この心理は自分でも不思議で、それだけ中板橋の心理的負担は大きいのでしょう。

森林公園の中森明菜コンサートは、当時何かの芸能誌で見た記憶があります。
その時代は東武動物公園でイベントを開く人も多くいましたね。

この記事で紹介されている過去の東上線広報誌も、今回のゆあ東上の表紙も中身も、年代を問わず池袋と埼玉県の記事だけで、板橋区はその存在を抹殺されているかのようです。だから板橋区民のひとりとして、自ずとアンチになっていくのですが。
最近は常盤台住宅地に遠くから散策に来る人も少しずつ増えていますが、東武鉄道は過去の経緯から見ても、意地でも板橋区内の見所は紹介したくないのでしょうね…。

東武百貨店は品揃えもサービスもよく、愛用していますが、鉄道のトホホぶりは私の生きている間はもう改善しないだろうと、諦念の思いは強まるばかりです。

投稿: Windy 41 | 2017年5月 8日 (月) 11時11分

>>Windy 41さま。
いつもコメントをありがとうございます。
ご指摘の通り、あまり板橋区内の話題は取り上げられませんね。営業的に料金の高い埼玉以遠の宣伝を第一としているのでしかたありませんが。最近、といいますか近年のゆぁ東上は情報の羅列のみ、東上線のイベントにも興味をそそられないので、一応手にしますがチラ見するだけです。まだマンスリーと〜ぶの方が”ムダ”な部分があり読み応えがありますね。この”ムダ”な所にこそ個性が出るのですが‥

投稿: | 2017年5月 8日 (月) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝!!⭐️ゆぁ東上誌面リニューアル。⭐️〜2017G.W.期間スペシャル〜:

« 板橋区民、1階席でLetting Go!〜One On One at 東京ドーム〜 | トップページ | 板橋区民、その後の人生を語る。〜グラント・ハイツ黎明期番外編〜 »