« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

祝!!⭐️ゆぁ東上誌面リニューアル。⭐️〜2017G.W.期間スペシャル〜

2017_2Photo_30257_2

風薫る5月。気持ちの良い季節ですね。


ポールデンウィークは終わってしまいましたが、G.W.は実質今日からが本番かな。


東武東上線を利用している人にはおなじみ?の東上線専用情報誌「ゆぁ東上」が、今月5月号からメジャーリニューアルした。無料配布の冊子なので手に取ったことがある方は多いかもしれない。

リニューアルにより、先月までの二つ折りから四つ折りになってさらにホッチキスで綴じられた体裁となった。これまでは誌面レイアウト変更など、マイナーチェンジを繰り返してきたので、これは大幅な変更だ。

近年は、主に沿線で行われるイベントや東武鉄道の告知がより多く紹介される編集となっていて、今回のリニューアルでそれがさらに簡素になった印象だ。もうね、無駄を極限まで切り落とした、といった感じがする。

「ゆぁ東上」が誕生したのは1985年5月号からだ。今月号の表紙に歴代の「ゆぁ東上」誌面が載っているのでよくわかる。(この表紙は良いですね。)
第1号は、モノクロの誌面だけれど紙質はどうなんだろう?実物を持っていないので見てみたいなあ。当時存命であった、二代目社長・根津嘉一郎氏が巻頭挨拶をしていますね。1940年に初代が死去してわずか27歳で社長となってから、2002年に亡くなるまで60年以上東武鉄道を指揮してきた方だ。

誌面中ほどに、森林公園で行われる中森明菜のコンサート告知がありますね。行ってみたかったなあ。先月はふじみ野でももクロでしたっけ、騒音問題とかなにかと話題になりました。記念乗車券なども多種出たようだけれど、現行の鉄道グッズには物欲をかきたてられなくなってしまった。


さて、当ブログは、黴くさいことを書くのが使命でもあるので、昔にさかのぼってみたい。

「ゆぁ東上」以前にはどんな冊子があったのか。私自身はそのころ東上線に関心がなかったので記憶にないけれど、1980年前後には「東武新聞」が存在し、1970年代は「東上新聞」があった。東武新聞は西池袋に編集部があり、東上新聞はロサ会館内に編集部があった。両紙とも発行号数が共通なので同じ系統の新聞であり、創刊は1971年7月号から。

では、それ以前はというと、1960年代の資料を持っていないのでわからないですが、戦後発行された「東上線ガイド」の創刊が1949年2月号から、戦前の「東上線ニュース」創刊が1938年6月号からだ。両方とも、東上線業務部が編集発行している。


いや〜やっぱり昔の誌面は味があるなあ。。筆者本人の感想が素直に書き込まれていたりして面白い。文章に人格が見えますね。簡素な情報の羅列より読んでいて楽しいし、よみ捨てには出来ない感がある。


最初に創刊された「東上線ニュース」は、当時の国策に沿って出版された可能性がある。その国策、「国家総動員法」とは、1937年に勃発した日中戦争に際し、国家の総力を発揮させるために人的、物的資源を統制・運用する権限を政府に与えた法律で、1938年には「国民の体力向上」や「国民福祉の増進」等を目的に厚生省が誕生した。

その「国民の体力向上」政策の一環で、ハイキングなどが一層奨励されるようになり、東上線の沿線案内にも国策の影響が出始める。
Photo_4

国家標語のような単語が並べられるようにはなったけれど、内容はそれでも変わらず、東上線沿線の案内を格調高く伝える文章となっている。しかし、沿線案内や新聞も、大東亜戦争が始まる頃には姿を消してしまった。


そんな案内が復活したのは戦後も3年半が経った頃。ちょうど復活創刊号が手元にあるので、G.W.にあわせ特別公開しちゃいましょう。巻頭を飾るのは、あの大文豪・武者小路実篤先生だ。東上線を応援しようとする心が伝わって来る内容だ。「武者小路実篤全集」を確認したことはないけれど、もしかしたらそこにも収録されていないような、レアな随筆かもしれない。

Photo_5


| | コメント (4) | トラックバック (0)

板橋区民、その後の人生を語る。〜グラント・ハイツ黎明期番外編〜

 今年のG.W.も終わってしまいました。なんだかもう夏といった感じですね。いまから176年前は、高島秋帆先生が赤塚郷の松月院に本陣を置いて、徳丸原調練お披露目の準備をしていたころですか。(現代の暦では6月下旬ですが。)

さて、グラント・ハイツ黎明期についての持ちネタは、前回まででほぼ出し尽くしてしまった。
そこで今回は、これまでに登場した、ヒュー John ケーシー少将、ヒュー Boyd ケーシー中尉、TMGCのウィリアム J. ヒーサー Jr. 中尉それぞれの、G.H.にかかわった後の人生について語ってみる。


まずはケーシー少将から。


254117_2ケーシー少将は、日本が降伏した後、マッカーサー元帥とともにGHQ本部がある第一生命ビルに入り、工兵隊のChief Engineer(技師長)を務めていた。オフィスは、1946年4月に三菱商事ビルへ移動している。彼は、GHQ参謀本部の工兵隊トップではあったが、米国陸軍工兵隊のトップではなかった。前任者のユージン・レイボルド中将が1949年2月28日に退役すると、トップの座に立候補するが、マッカーサーを好まなかったトルーマン大統領は、マ元帥の副官であったケーシー少将を退け、ホイーラー中将を後任に指名した。出世の道を閉ざされたケーシー少将は、この年、12月31日をもって陸軍を退役し、日本を去った。
帰国したケーシー少将は、1953年から1955年までニューヨーク市交通局の会長を務め、1951年から1965年にかけて、アルコールメーカーのシェンレイ・インダストリー社に勤めた。1981年8月30日、バーモント州のホワイト・リバー・ジャンクションの退役軍人病院にて、心臓発作で死去した。


ヒュー Boyd ケーシー中尉その後。


Camp_casey_2ここでは、ケーシー中尉がケーシー少将の息子であるとの前提で話を進めます。
ケーシー中尉の存在が進駐軍電話帳上に認められるのは1947年2月号からだ。所属は第584建設部隊。電話帳では1948年7月1日号まで確認出来るが、同年10月1日号以降は不明である。グラント・ハイツの竣工は48年6月であり、その後は朝鮮内に置かれた占領軍家族住宅の建設に携わった可能性がある。朝鮮戦争時、戦後を見通して北朝鮮に置く予定であった極東司令部の任務を遂行するため、日本経由で派遣された第3歩兵師団第7歩兵連隊に所属し、北朝鮮の元山に移動。1952年1月11日、韓国38度線近くの東豆川市(トン・ドゥ・チョン)付近にて、搭乗していた陸軍機が墜落して死亡した。その後、亡くなった地点に近い米軍基地は、ケーシー大佐(死後昇進)の名を冠し、Camp Caseyと命名され今も存在している。アーリントン墓地にてケーシ少将の墓と並んで眠っている。

ウィリアム j.ヒーサー中尉その後。


Wheaserヒーサー中尉は、最近まで存命であったが、2014年12月28日にウィスコンシン州で脳卒中にて亡くなった。

日本進駐後は第八軍の軍政府で司令官の副官や、民間情報教育局で教育責任者を務めていた。電話帳には1947年5月&6月号から記載が認められ、1948年7月以降はグラント・ハイツに居住していた。日本滞在は2年ほどだったようで、その後、カナダのフィートン砲兵学校でミサイルの研究を行い、パトリオットミサイルを開発した米陸軍研究開発司令部のミサイル局長を務めた。1953年には国連司令官として朝鮮戦争停戦の実施に努めた。また、キューバミサイル危機の際は陸軍のアドバイザーとして、ロバート・ケネディ司法長官にしばしば助言をした。
1974年に大佐で米軍を退役し、故郷のミネソタ州ミネイスカ市に戻り市議会議員となり、後には市長となった。

こうして、三者三様の人生を全うされたわけだけれど、職業軍人であったがための人生だなあと感じる。朝鮮戦争で戦死した士官クラスは大勢いるけれど、なぜケーシー中尉の名がキャンプ名に冠されたのか、父親の影響なのであろうか。。
意外だったのはヒーサー中尉が数年前までご存命であったことで、存命中に気がついていればお会いできる機会もあったかもしれず、残念なことでした。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

ローカルな赤塚郷。

8912

 爽やかな五月晴れ‥じゃない、暑いんだよ!もうっ。


そんな日差しが降り注ぐ赤塚郷の水車公園横で、恒例の田植え行事がおこなわれた。

これは、昭和39年まで徳丸田んぼでおこなわれていた米作の伝統を将来に伝えるため、かつて農家であった徳丸の有志(主に北野神社田遊び保存会の方々)が、近隣の小学生たちに田植えの指導をしている所だ。

子供達は田植えそのものより、初めて入る泥田の感触に、わぁーきゃぁーと歓声をあげていた。考えてみれば、いいオジさんである徳丸生まれの私ですら、一面に広がる徳丸田んぼの風景を見たことはないし、田植えの体験もないのである。

田植えを指導している方々は私よりも一世代上であり、おそらく田んぼ作業を現役で経験した最後の世代だろう。皆、作業服姿ではあるが、徳丸四天王家を含む地元の重鎮たちが集結しているすごい光景だ。

植えているのはもち米で、秋に収穫した際には餅つきを行ったり、一部は田遊び神事の時に使うそうである。

昭和20年代30年代には、都内の米消費の大きな割合を徳丸田んぼ産の米が賄っていたと言うのが夢のような話である。それにしても、小学生達に体験させるのは良いけれど、田植え指導の後継者は育つのであろうか?さて、20年後はどうなっているのだろう‥


| | コメント (2) | トラックバック (0)

板橋区民、感激する。⭐️祝!500回記念。素晴らしき哉、赤塚新町⭐️

317331743175

 板橋区民は感激した。第500回記念にふさわしい記事だ。

板橋区民の大好物は、硫化水素臭の漂う酸性硫黄泉、志村坂上のハナマサで買うアメリカ牛、はま寿司、満洲のW餃子定食といろいろあるが、なによりも板橋区内で撮影された古写真を鑑賞するのが好きだ。今年の2月、豪華写真集「板橋区の昭和」が発売されたばかりなのだが、今月、「赤塚新町の昭和」という写真集が刊行されたのだ。

写真集を発行したのは赤塚新町小学校父親の会OBグループで、もともと町会報の発行の際に収集していた写真を母体にして、新たにOB会が古写真を集めたものだ。先に刊行された「板橋区の昭和」とそっくりなので、板橋区の昭和制作に協力し、採用されなかった写真を纏めて作成したのかと思っていたが、聞いてみると全く関係なく作ったものなのだと言う。


さっそく入手し(書店には流通していない)、愛おしく拝見させていただく。写真集の表紙には、川越街道に駐車する外国ナンバーを付けたアメ車がドーンと映っている。

う〜んさすがだ、わかってらっしゃる。この写真一枚で赤塚新町そのものを語っているじゃありませんか。

地元の方には申し訳ないけれど、古の我が赤塚郷は松月院を中心地としていた。だから、古の赤塚新町地域(1969年に、上赤塚町、下赤塚町、成増町の一部が合体して誕生。)は、川越街道沿いではあるけれど昭和に入るまでほとんど家屋もないような土地だった。

変化が始まったのは1930年(昭和5年)12月29日の東上線下赤塚駅開業と、昭和10年代の川越街道拡幅だ。そこへ、成増飛行場建設という大事件が起こった。そして、町の特徴を決定付けたのが戦後、飛行場跡に出来た米軍家族住宅、グラント・ハイツの存在だ。

目に前に、いきなりアメリカがやってきた。

ハイツの中は裕福な外国なので、周りに商売目当ての商店などが集まってくるのは自然の理だ。中に住むアメリカ人は自由に外出できるので、商店も賑わったという。当時はまだ道路は空いており、移動は車が便利なので、たくさんのアメ車がハイツ内にあった。

当然ハイツの中にも自動車修理工場はあったけれど、貨幣価値の差&サービスで儲けを考える日本人業者が群がるのも自然の理だ。今でも川越街道の下赤塚から旧グラントハイツ入り口(お風呂の王様や蔦屋のある道)にかけて、車のディーラーや修理屋が多いのはその名残と考えて良い。

写真集の表紙の写真は、そんな国境に接する赤塚新町の様子をよく伝えている一枚なのだ。

もちろん、戦前にも農家や商店は存在しており若干だが写真集の最初に載っている。表紙を開いた一枚目の写真は、現在の赤塚新町三丁目にあった”ごぼう屋”の「初荷」の様子を捉えた記念写真で、初めて知ったが、ここら辺はごぼうの産地だったらしい。(大根とゴボウは適する土壌が同じなのだそうだ)

もともと写真は記念に撮るもので、人物が中心であり、背景がわかるようなカットは少ないけれど、写真集にある戦時中の出征写真は、時代背景がわかる貴重な記録だ。

戦前の写真で目を引くのは、昭和13年に撮影された下赤塚駅で、それから約10年後に撮影された映画に写る駅前の様子とまただいぶ違ったローカルな景色である。有名だった駅前の桜の木もまだ若く、駅が開業した時に植えられたものなんだなとわかる。

収録されている写真は、川越街道沿いで撮影されたカットが多い。成増から下赤塚まで車ならほんの3分5分で通り過ぎてしまう区間に過ぎず、今ではビルの立ち並ぶ一見何の変哲もない区間だけれど、今度はそのルーツに繋がる写真集に載る一枚一枚の写真を味わいながら、歩いてみたいと思う。


それにしても、つくづく思うのだけれど、板橋区民宅に埋もれている貴重な写真はまだまだたくさんあるはずだ。赤塚新町に習い、各地域でもこうした古写真を提供しあい、区民の貴重な記憶財産として後世に残すような取り組みがあれば良いのになあ、と願うのである。


[追記]
板橋区内で撮影された古写真は、板橋区立公文書館で随時受け入れを行っている。しかしである。告知をして門を開けていても、簡単に集まるものじゃあない。知ってはいても、わざわざ探して持ってきてくれるというケースはほとんどない。こちらからドアを叩き、時には泣き落としてでもお願いしなければ手に入らないのだ。赤塚新町でも、OB会の尽力で写真は集まった。板橋区民は、その努力に感激したのである。(啓志線の写真も意識して探したそうだが、発見には至らなかったとの事。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

⭐️祝!!501回記念⭐️〜本田宗一郎と赤塚郷〜

2497Photo

 前回、めでたく記事UP500回を迎えました。これからも精進を続けますので、どうぞご贔屓に願います。

さて、記念すべき501回目の記事は、あのHonda創業者、伝説の人・本田宗一郎を取り上げます。

”板橋は、清水かつらに続き本田宗一郎まで盗むのか?”

‥そんな声が埼玉の方から聞こえて来る。。

”特許とか、商標権とか取ってるんか?別にかまへんやろ。(なぜか関西弁)”

では、始めます。

「本田技研工業株式会社は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度では、販売台数において世界第7位であり、二輪車では、販売台数、売上規模ともに世界首位であり、船外機では、販売台数において世界第4位である。

自動車部品等を製造する東海精機株式会社を創業者の本田 宗一郎が株式会社豊田自動織機に売却した。その資金を元手に1946年(昭和21年)本田技術研究所として開設され、内燃機関および各種工作機械の製造、ならびに研究を開始。1947年(昭和22年)にはA型自転車用補助動力エンジンを開発した。 1948年(昭和23年)に本田技研工業株式会社として設立する。1949年(昭和24年)に藤沢武夫を経営パートナーとして迎え、以降、技術の本田宗一郎と経営の藤沢武夫による2人3脚の経営が始まる。」(以上、ウィキペディアより引用)

ホンダ・カブ号F型は、1952(昭和27)年に発売された自転車用補助エンジンだ。1949年から発売しているホンダ・ドリーム号は好調に売れており、製造には十条の小さな工場だけでは手狭であった。そこで、1952年3月、埼玉県大和町白子(現在ニトリがある白子川対岸近く)にある、かつての軍需工場の購入を決めた。あちこちが傷み、天井から雨もりするほど老朽した建物だったが、手を入れればすぐに使えそうな機械も残っていたことが大きかった。

1952年5月、購入からわずか二か月後に、本田技研白子工場は稼動を開始した。翌6月には、カブF型千五百台を初出荷。追加注文が全国から続々と舞い込み、たちまち生産が追いつかない状態となった。そこで、1953年、現在の和光工場の敷地を購入した。

ところが、その直後から、全国の自転車販売店で人気を独占していたカブが、売れ行き不振となった。原因は市販の自転車が各々、規格の違うことから、後輪の脇にエンジンを取りつけてきた方法が、自転車によってはエンジンがずれるという欠陥が露呈した。その間隙をぬって、競争メーカーは自転車の三角パイプの中に置く新型エンジンを開発。しかも、ホンダの構築・整備した自転車販売店のネットワークに乗せて売り出したためである。それに追い打ちをかけたのが、スクーター「ジュノオ」の不振。これはエンジンをポリエステルで覆ったために、オーバーヒートしたこと。車輪が小さい割に、総重量が重く取り扱いに不便との悪評に拠った。そこへ、4億5千万円をかけた工作機械などの支払いや、膨大な新工場の建設費が待ちうけており、追い打ちかけるように、マスコミが"ホンダ"の危機説を書き立てた。ホンダは絶体絶命の危機に追い詰められていた。

1954年春、大和町のとある居酒屋で、本田宗一郎と専務の藤沢武夫はいくどとなく酒を酌み交わし、いかに倒産の危機を乗り越えるのかの相談を交わしていたと言う。このころの宗一郎は、大和町の新工場にかかりきりで、中央区に置いた本社にはほとんど顔を出さなかった。

‥ようやく長いフリが終わった。

当時、本田宗一郎が常宿としていたのが、成増のすずらん通りにあった「武蔵旅館」だったのだ。

「武蔵旅館」は、川越街道から成増駅南口ロータリーへ曲がる道に面した三井住友銀行の横道である、すずらん通りの入り口、銀行の裏側(現在、駐車場)の場所にあった。

戦前のこと、「武蔵旅館」は料理屋だったが、Mさんという方が買い取り、旅館の経営を始めた。全国から行商に来る種屋とか薬屋が常宿とし、賑わっていたという。戦時中になると、成増飛行場に駐屯する部隊の指定旅館となり、特攻隊の兵士たちの慰問場所にもなった。(この記事は以前、書きましたね。)

戦後は、グラントハイツ関係の人たちにも利用されたが、行商の人々の利用が減り、旅館はOさんという方へ譲渡された。その後、本田宗一郎が常宿していたことをきっかけに、本田製作所の指定旅館となり、たいそう繁盛したのだそうだ。

本田宗一郎氏は、きっと滞在していた成増でも、夜な夜な飲み歩いていたのではないだろうか。そして、常宿としていた「武蔵旅館」で寝床に入り、世界的な大企業となる夢を見ていたのだろう‥


| | コメント (2) | トラックバック (0)

板橋区民、鬼怒川温泉郷で憩う。


板橋区民は温泉が好きだ。特に、白濁し硫化水素臭がプンプン漂う硫黄泉をなによりも愛する。

と言うわけで、ただ今、鬼怒川温泉からライブで書き込んでいる。


温泉をいただいているのは鬼怒川仁王尊プラザである。


温泉は白濁していないが、ほのかに硫化水素臭の漂う優しいお湯である。


露天風呂は鬼怒川沿いにあり、川下りに使う船を模した湯舟からは渓谷が一望出来る。

お湯の温度も39度くらいとぬる湯好きの板橋区民には最適だ。

嗚呼、やっぱり温泉はいいなぁ♨️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »