« ⭐️板橋区民、2016年最後の挨拶をする。⭐️ | トップページ | 2017新年早々我が赤塚郷が騒々しい。 »

⭐️祝!2017年⭐️年頭にあたり、板橋区学芸員応募者にエールを送る。

5138

 板橋区民の皆さま、当ブログへお越しの皆さま、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。


新年第一回目の記事。冒頭には新年祝賀のお言葉を述べる今上天皇陛下のお写真を掲げさせていただく。遠くない時期のご退位のお気持ちを表明され、このお姿もあと何回拝見できるのだろうか。元日より天候に恵まれ、一般参賀も平成の御世になって2番目に多い人々が集まった。

さて、板橋区では平成28年度 板橋区職員(学芸研究)採用選考案内の募集を始めた。願書の締め切りは1月4日までで、第一次選考は1月22日、第二次選考は2月下旬を予定している。
学芸研究職は一般の職員とは違い、基本的には専門職として教育委員会の生涯学習課または郷土資料館に勤めることになる。その職務内容は以下のようになる。

考古学、歴史学等の資料に係る調査研究に関すること
考古学、歴史学等に係る調査への指導及び助言に関すること
近代化遺産、近代遺跡及び産業遺産に係る調査研究及び普及啓発に関すること
文化財に係る保護、管理及び普及啓発、活用に関すること
博物館資料に係る収集、整理、保管、展示及び普及に関すること
博物館資料に係る専門的、技術的な調査、研究に関すること

採用は若干名とのことで、前回(5年前)の倍率は130倍を超えていた。学芸員の正規採用は大変少なく、採用のある年に巡り合う運も必要だ。私も資格はあるけど年齢制限に引っかかるので志願はできない。もし採用されてもすぐに定年になってしまいますが。

現在はスポーツ施設や図書館などのように、資料館・博物館も管理委託制度が進み、自治体が専門職員を直に雇用する機会は少なく、ただでさえ定期採用のない学芸員となる道はほんとうに厳しい。その狭き門をくぐり抜けた方こそ、この板橋区の歴史を決める重責を担うわけで、どんな人が採用されるのかとても興味深いことだ。

応募をされる方は、板橋区が好きだからとか興味あるからという理由ではなく、「学芸員」という職種に就くことを目的としているので、募集があって初めて板橋区に関することの勉強を始めていることだろう。
前回募集の折、資料館にストックされていた過去の図録がことごとく売り切れとなってしまったそうで、今度の受験者の方々は板橋区の資料本を集めるのは大変なことかもしれない。おそらくはネットを駆使して調べたりしていて、当ブログも検索に引っかかってるのだろうかと思いますが、あまり参考にならなくて申し訳ない。逆にもし採用されたらこんなうるさい区民がいるんだやだなあ‥なんて思うかもしれない。

この板橋区は、武蔵野台地の縁に位置し、旧石器時代のころから現在まで延々と人々が暮らし続けている、大変に環境に恵まれた土地だ。日本史の年表に登場する出来事は、幕末における高島秋帆先生による”徳丸原調練”くらいしかないけれど、掘り下げれば実に様々な歴史がある。文化的には我が赤塚郷と板橋・志村地域の広岡郷との異なりなどが見えてくるはずだ。選考日まであまり日にちはないけれど、是非、ディープな板橋区の歴史を学んでいただければと願う次第である。


そうそう、試験日の前日だけど、1月21日より板橋区立郷土資料館では「平成28年度特別展 武具繚乱」が始まる。
この展示は、他区に住んでいたある収集家の方が、板橋区立郷土資料館で過去行われた展示を見て、その資料の扱い方に感激し、自分の収集した大名鎧他のコレクションを寄贈したもので、このほどようやく整理が終わり公開されることになった。オープニングでは鎧着つけ体験会や、我が板橋区の誇る西洋流火術鉄砲隊保存会による和流と西洋流の砲術の違いを比較させる空砲演武が実演される。受験をされる方には是非、見学に訪れてほしい。もしかすると、試験の参考になるかも‥ね。(無責任)

Buguposter


|

« ⭐️板橋区民、2016年最後の挨拶をする。⭐️ | トップページ | 2017新年早々我が赤塚郷が騒々しい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ⭐️祝!2017年⭐️年頭にあたり、板橋区学芸員応募者にエールを送る。:

« ⭐️板橋区民、2016年最後の挨拶をする。⭐️ | トップページ | 2017新年早々我が赤塚郷が騒々しい。 »