« 板橋区民、喜ぶ。同時に鬱屈する。 | トップページ | 板橋区民、4年ぶりに再会する。〜2016年日本橋三越前にて〜 »

板橋区民、ドキドキする。〜2016秋〜

Photo12


 今日から10月。ピカチュウを採集しに行った和光樹林公園ではまだ蝉が鳴いていたけど。

芸術の秋。文化財の秋。てなことで昨夜、大山の文化会館大ホールで「区民文化祭前夜祭」が催された。文化祭はこれから2ヶ月間の文化財ウイーク期間中に板橋区内で行われる様々な催しを紹介するステージだ。

板橋区民は、ある板橋区の重鎮の方より、この夜ステージで上映される各文化団体の紹介スライドを”心意気(ボランティア)”で作ってくれと依頼され、渡された日付は入ってるわブレてるはピンボケだわ傾いてるわの素材画像を前に苦心惨憺艱難辛苦(大げさ)して制作した。

総じて文化に対して割かれる予算は低いので(特に板橋区は福祉予算の割合が50%を超える)、このような催しに回される予算は低く、イベントに関わるポスターとか看板などの制作物は、シロウトの手作り感満載なものになってしまう。制作するスライドも、負担がかからないようにするには既存のシステムを使うしかないので、基本はパワーポイントで作った。

板橋区民は20年以上のMac信者なので、普段はほとんどWin機を使うことはないけれど、こういう会場で使われる機器はWin機のほうが接続の相性が良いので不本意ながらWin機で制作することにした。幸い、古いWinノート機は持っていたのでOSをwin7からwin10にまる3日がかりでバージョンアップさせ、パワーポイントを立ち上げた。

そもそも、これまでパワポ自体いじったことがないのでさっぱり使い方がわからない。最初にMac版のパワポで作ってそれをWin版に移植すれば、と思っていたのだがMac版とは操作方法が全く異なっていて、初めからWin機で作らなければならなくなってしまった。

画面も小さく古いノートでメモリも少ない機材を使い、しかも真夏の暑い盛りに遮光カーテンで暗くした部屋で悶々と編集を続け、我ながら稚拙な出来に愕然とし何度も修正を繰り返してようやく形を作った。

さて、出来上がったスライドは上映しなくてはならない。当然ながらそのための人員は割けないので製作者自ら会場で操作することになり、リハも兼ねて午後から会場入りした。
心配したプロジェクターとの接続も問題なく、PCの操作も怠りはなく、開演時間を持った。

午後5時開場。外にはすでに並んでいる方々がいたがなにせ大ホール、まだまだ半分も埋まらない。開始の6時でようやく1階の半分くらいかな、子供達が出るわけでもなし、まっ、こんなもんだろう。それにしても用意されたPA席は会場の前、それもど真ん中の席で居心地が悪い。周りは招待席だが誰もいない‥

第1部は主権者と主賓のあいさつで、最初はもちろん我が赤塚郷出身の坂本板橋区長。2番目の文化連会長挨拶、3番目に板橋区議会議長の挨拶だったけど、どこかで見かけたお顔。と、思ったら我が赤塚郷下赤塚駅近くにお住いの杉田ひろし区議だった。赤塚幼稚園ー下赤塚小ー赤三中出身の地元エリートだ。知らない間に東京23区特別区議会会長にもなっていて驚いた。4番目に登場したのは少し派手めの女性、下村博文衆議院議員の奥様。
以下、都議会議員4名ほか文化連代表etcと紹介が続く。なにせ1番前の一番目立つ席にいるので寝たりスマホを見たりもできず、朝礼だったら倒れてしまっただろう。

所々の挨拶が終わると第二部への準備のため一旦幕が降り、登壇していた主賓たちが招待席へ移動した。すると私の眼の前をすすっ横切り坂本区長へ挨拶に行く女性が。う〜ん、どこかで見覚えが〜と思っていたら、ああ、幸田シャーミンさんか、と気がついた。中年以上の方には懐かしいですね。約30年前の夕方フジテレビのニュースキャスターとして有名で、女性ニュースキャスターの草分けだった方だ。当時はほっそりとした印象だったけれど、熟女となられた今ではだいぶふくよかになられ、すぐにはわからなかった。

幸田シャーミンさんは生まれも育ちも赤塚新町で、祖父母が川越街道に接した中華料理屋を営んでいた。父親はグラントハイツの方で、シャーンミンさんは成増小学校開闢以来の秀才だったと、当時の先生から聞いたことがある。現在、中華料理屋の跡には幸田ビルが建っている。

さて、第二部、いよいよ出番だ。司会者の原稿に合わせてスライドを映し出して行く。機材はデジタルだけれど、操作はタイミングを見計らわねばならずアナログでおこなわなくちゃならないので、ドキドキする。時間は約30分間で30団体ほどを紹介していく。

スライドでは映像や画面の文字が動くなんて複雑なことはしないで、極力シンプルに作ったので問題は起こらなかったが、数時間前からPCを起動していて熱を持ってしまったせいか若干動きがもっさりした部分もあったけど、なんとか責任は果たし終えた。

その後、ステージ上には連盟に加盟する鳴り物や踊りの団体が登場しパフォーマンスをおこなった。もう自分に用はなく、最前列の席から離れようと思ったけれどタイミングを逸し、そのまま席に止まった。正直に告白するが、日本舞踊や阿波踊りなどはそれほど関心がない。
が、しかしである。ど真ん中にいるのでステージを擬視せざるをえず、目を見開いてパフォーマンスをみていると、ん?以外と心が動かされてくる。これは若い時にはなかった感覚だ。

民謡連盟が踊る板橋音頭などは、子供の頃から盆踊りで何億回も見聞きしていてウザ〜などと思っていたが、上手な踊り手がピシッと踊る姿はなかなか良い。とくに最後の近くに煌びやかな傘を使って舞うパフォーマンスは、ああきれいだなぁーと見とれてしまった。
どうもそれなりにジジイな歳になってくると感動の拠り所も変わってくるからなのだろうか。。


んー、でも参加してる方には申し訳ないけど、どうも「よさこい」は未だ馴染めないなあ。なんか自己陶酔な空気がするからかな、すみません。

|

« 板橋区民、喜ぶ。同時に鬱屈する。 | トップページ | 板橋区民、4年ぶりに再会する。〜2016年日本橋三越前にて〜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

突然すみませんm(_ _)m 2011年のプリズムの記事を拝読しました。40数年前に成増に住んでおりましたが 私も拾いました。道路脇の空き地にコンモリとガラクタの山があり その中に たくさんのプリズムが!私の宝物だったのですが いつのまにか なくなっちゃった・・・すごく懐かしくて 思わずコメントしちゃいました。

投稿: ひろ | 2016年10月 5日 (水) 15時58分

>>ひろさま
コメントをありがとうございます。まだ赤塚地域が空き地だらけで不法投棄の多かった時代は、冒険好きの子供たちの天国でしたね。危険もありましたが、アナログ家電製品や工業製品の粗大ゴミは宝の山でした。中でもプリズムは最高の獲物だったような思い出があります。

投稿: | 2016年10月 5日 (水) 17時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋区民、ドキドキする。〜2016秋〜:

« 板橋区民、喜ぶ。同時に鬱屈する。 | トップページ | 板橋区民、4年ぶりに再会する。〜2016年日本橋三越前にて〜 »