« 板橋区民、中世時代を夢想してみる。 | トップページ | 板橋区民、評価を受ける。2016初秋 »

板橋区民、反省する。2

030

 9月に入りました。ここから師走までが速いですね。。


前回、徳丸4丁目一帯に広がる京宗と字で呼称された高台についての記事を書いた。
あんまりローカルな話なのでつっこまれないだろうとほとんど記憶のみで気楽に書いたら、常連の方よりいくつかの厳しいご指摘をいただいた。

あてにならない記憶とグーグルマップのみで安易に流しました。申し訳ありません。

と、反省を述べたあとは検証をしなくてはならない。


昭和40年代始めころまでの徳丸は、まだ明治や江戸時代の雰囲気を感じ取ることができた。そのころの徳丸村の中心地は安楽寺周辺で徳丸本村と呼ばれていた。そこから前谷津川へ向かって谷となり、川を挟んで南側(東武練馬駅方向)は高台となる。だから、昔からの住民は、現在の徳丸3・4と5丁目の一部は高台、または山という感覚を持っている。

その東の端は板橋イオン下から始まる不動通りで、ここもかつては川であり、また、下赤塚駅近くの小高い線路下あたりを源泉とする小川が赤一中の下あたりを流れ、その川は前谷津川に注いていたので西側(新大宮バイパス付近)も谷になっており、このことも徳丸4丁目は高台、または山という認識を持つ理由かと思います。

掲出の写真は、キャプションに「京宗より下赤塚を写す。」とあり、前回のパノラマ写真を撮影した近くで後ろを振り向いて撮影したものと推測します。
その場所から写した下赤塚というのは、現在の赤塚一丁目方面を指します。昔の赤塚村の中心地は赤三中で、そこにはかつて赤塚村役場がありました。だからそれより南側にあたる一帯は下赤塚と呼ばれていたんですね。下赤塚駅とその周りだけが下赤塚ではなく、一帯全てが下赤塚なんです。

なんか当たり前のことを力説しているようですが。

で、掲出の写真とパノラマ写真の撮影地ですが‥正直、わからないっす。憶測としては、西徳通りの西のどん詰まりの場所近辺の比較的高台からかな、と思います。現在では住宅が立て込み見通しがきかず、京宗の高台も大きなマンションが立ち並び比較写真を撮るのが難しい現状にあります。

コメント欄で質問をされている”写真の右側の斜面に並んだ家の空に「タワー」の様な物”は、共同の水道タンクではないでしょうか。昔はよく高台の住宅地で見かけたような気がします。私の住んでいた住宅街には共同の井戸があり、電動ポンプで地下水をくみ上げ組合の各家庭に供給していました。しかし、停電のたびに断水し、唯一都水道が通っていた徳石公園まで生活用水の水汲みをしにいかなくてはなりませんでした。

そのタワーの左の位置(前回掲出のパノラマ写真参照)に、平屋の古めかしい建物群がありますが、これはおそらく戦前に東武鉄道が造成した徳丸住宅(東武鉄道65周年の社史に掲載)もしくは住宅営団の分譲地かと思われます。戦時中、造兵廠に勤める家族用に作られた住宅地です。現在のグーグルマップで見ても区画はハッキリとわかります。

参考に、終戦直後に撮影された空中写真からパノラマ撮影地を推測した画像を以下に貼ります。

Photo


昨日、所用があり板橋区役所へ行きましたが、その時、偶然に板橋区内の発掘調査を長年担当していた文化財学芸員の秋山先生とすれ違ったので、赤一中そばのゴルフ場跡地から検出された空堀についてあらためて尋ねました。すると、あの空堀は道路の側溝の可能性もあるとのこと、道路と言っても中世時代〜戦国時代のもので、その当時の重要道路には側溝が掘られていたそうだ。川越街道ならまだわかるけど、あんな武蔵野のはずれにそんな道路なんてねえ?と不服を申し上げると、もちろん、砦やなにがしかの建造物があった可能性も考えられるとのことでした。

それともう一つ、徳丸5丁目の徳丸石川遺跡D地点で発掘された”畝堀”についてたずねると、

「あそこはね、すごいんだ。がっちり造られた堀で、確実に何かの建造物があったはずだ。遺構は人為的に埋められていて、その土中からは縄文土器片がザクザク出てきた。遺跡埋蔵地の土で埋めたんだろうねえ。」とのこと。

この畝堀からは戦国時代の遺物も出土したので、そのころの城郭の一部であるようだ。写真は「図説 板橋区史」に掲載されているので、興味のある方は図書館でご覧下さい。


以上、反省を込めて追記しましたのでご勘弁ください。

|

« 板橋区民、中世時代を夢想してみる。 | トップページ | 板橋区民、評価を受ける。2016初秋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩はオークさん。
この度は、小生の間抜けな疑問を真摯に返答され、大変感謝致しております。

航空写真からのパノラマ撮影地点は、なるほどと合点がいきます。現在の第五郵便局の近くのマンションの建っている高台(反対側に水車公園)の辺りから撮影すると、この様な感じでしょうね。
右端の赤一中の手前の二階建て住宅群のあたりに、知り合いの家がありました。

しかし、航空写真から見ると、今の道路の殆どはこの頃から存在しているのですね。
畑だらけの徳丸が、今や住宅だらけですね。赤一中と「徳丸住宅?」との間にまだ僅かに畑が残る程度ですね。

それでは、失礼致します。

投稿: ひでぼう | 2016年9月 3日 (土) 20時18分

いつも楽しく拝見しています。今回も懐かしい写真を掲載して頂き嬉しい限りです。現在の四葉1丁目あたりでしょうか? 面影がありますね。

さて、前回のパノラマ写真ですが、本当に知っている人にしか分からない写真ではありますが、子供のころ私の住んでいた家がしっかりと写っていまして、びっくり致しました。まぎれもなく、徳丸4丁目の高台を臨む風景ですね。
写真左手側の雑木林は、近所の子供たちは「裏の森」と呼んでいまして、遊び場でした。

写真の撮影場所は、当時、やはり子供たちが「3番目の道」と呼んでいた西徳通りであると思われます。現在のファミリーマートの少し先あたりだと推察致します。航空写真を貼って頂きましたが、goo地図で昭和38年の航空写真が見られますので、そちらの方が分かりやすいかも知れません。

いずれにしても、貴重な写真をありがとうございました。

投稿: Izumi | 2016年9月 3日 (土) 20時55分

>>ひでぼうさま
いつもコメントをありがとうございます。子供時代、私も家からこの場所までは”冒険”のような感覚でほとんど足を踏み入れたことがなかったのであやふやな記憶しかありませんでしたが、今回写真をじっくり眺め地図と比べ今更ながらわかってきました。

>>Izumi さま
写真に昔住んでいた家が写っていたとのこと、それは懐かしいことでしたね。家庭で撮る写真は人物中心の記念写真ばかりなのでこうした俯瞰写真は珍しく貴重かと思います。「裏の森」「3番目の道」は面白い話ですね。「京宗」などの字も、役所がつけた地名ではなく、もともと地元の人が呼んでいた名称なので、先の呼称も定着する可能性がありましたね。でも、これだけ開発されてしまうと無理な話ですが。。

投稿: | 2016年9月 4日 (日) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋区民、反省する。2:

« 板橋区民、中世時代を夢想してみる。 | トップページ | 板橋区民、評価を受ける。2016初秋 »