« いたばしモンGO! | トップページ | 成増上空敵B17進入!総員迎撃セヨ »

板橋区民、残念に思う。

P410P424

 ポケモンGO熱は収まる気配はありませんが、ポケモンゾンビが集結する光が丘公園に寄りレベル15まで上げたらちょっと醒めてきました。。


そんなこんなで当ブログの記事も開闢以来、そろそろ450ページを数えようとしている。

これまで出来の悪い記事や酔っ払った勢いで書いてしまった記事もあるし、第三の権力によって葬られたりお叱りのコメントをいただいたこともあった。その数ある記事の中でもダントツのアクセス数を稼ぐのは、2011年11月にUPした「板橋区民、ジョン・ロブを大人買いする。」の記事だ。特にボーナスシーズンの昨今は毎日のようにアクセスがあり、毎週毎月集計でもダントツのアクセス数となっている。悲しいかな板橋区のことを題材にしたモノよりよっぽど読まれているのだ。

よく書くことだけどブログの主催者には、どんな記事にどんな方法でアクセスが来るのかわかるようになっている。独自のサーバーを経由している場合はアクセスしている企業名や公共機関の名称も把握できる。ただし昔は板橋区役所や練馬区役所などお役所関係もわかるようになっていたけれど、セキュリティ対策が強化されたのか今はわからなくなっている。ジョン・ロブの記事を覗く人達を解析すると、名の知れた企業や国家公務員の勤める官公庁がずらりと並ぶ。そういった方々が靴にまでステイタスを求めているのだなあと感じる次第だ。

もともとジョン・ロブの記事は、ロンドン郊外にある英国空軍の博物館へ「五式戦」(大戦末期に三菱重工が三式戦・飛燕に海軍の金星エンジンを載せて製作した陸軍戦闘機)を見に行くついでにイベントとして寄っただけで、渡英した時期がちょうどセールのときと重なっていたのだった。

ジョン・ロブは1849年に創業した英国皇室御用達(ロイヤルワラント)の称号を持つ靴屋だ。現在はオーダーメイドのみ扱うロブ・ロンドンと、エルメスの傘下で既製靴を扱うロブ・パリに分かれている。
日本では丸の内や六本木に直営店があり、新宿イセメンでも扱っている。ただしこれらの店やコーナーは超高級なイメージを醸し出し、とてもじゃないが一般人が足を踏み入れる雰囲気ではない。客を選ぶ気満々で試着なんてとんでもない、といった感じだ。サラリーマンの標準靴であるリーガルなど履いて足を踏み入れようものなら、一暼ののち「フッ」と鼻で笑われるか「チッ」と舌打ちされるだろう。(かもしれない)

そんなジョン・ロブの靴も、関税のないEUの国では日本国内ほど高額ではない。が、選民意識は相当あるようで、店に入っても塩対応され泣く泣く店を後にした、と嘆く体験者のブログ記事が散見される。それらによりさらにステータス感は上がり、憧れの靴に興味を抱く人も多いのだろう。

ではなぜ「板橋区民、ジョン・ロブを大人買いする。」の記事が読まれるのかといえばそりゃもうタイトル通りで、そんなジョン・ロブを”大人買いする”話しだからだ。それも宝くじに当たったとか株やFXで儲けたとか成金になったという訳でもなく、一板橋区民に過ぎない人間が買いに行くのである。4足も買えば優に100万円を超えるのに、だ。

さて本当にそんな夢のようなことができるのか‥それは、ロンドン郊外にある靴工場へ直接買いに行く方法である。

ロンドン郊外のノーザンプトン(関東でいうなら熊谷くらいの位置)という街は、イギリスの誇るブランドメーカーの靴工場が集まり”聖地”と呼ばれている。工場には直売所が設けられ、販売店から戻されたり検品からはねられたいわゆるB級品(リジェクト品)の靴が格安で売られているのだ。ただし、リジェクト品といっても伝統と格式のあるメーカーによる厳しい検品の末にはねられたモノなので、一見しただけではどこが良くないのか気がつかない程度だ。

しかし、返品されたりした靴なので希望の品がいつもあるとはかぎらず、近所に住んでいないかぎりは頻繁に店を覗けるわけでもないので、自分の足に合うかどうかなどその時の運に任せる他はない。
普段直売所で売られている靴はだいたい定価の半額だけれども、11月に行われるファクトリーセールでは、さらにその半額以下になるのだ。そう、リーガル並みの値段であの憧れのジョン・ロブを手に入れる唯一のチャンスと言ってもいい。

まっ、顛末はその時の記事を読んでいただきたいのだが、ワールドワイドな壮絶な争奪戦の末に手にいれた戦利品をネタに、宿泊していたロンドンのホテルの一室からブログに記事をUPしたところ、某巨大掲示板のあるスレに見つかり、「乞食か」「淺ましい」「さすが板橋区民」「行動力のある貧民」などと散々に叩かれてしまった。ただし記事のコメント欄には詳細な情報を求めるコメントをたくさんいただいたので、それだけ安く求めることに関心を持つ人も大勢いるのだろう。

ジョン・ロブのファクトリーセールは、毎年必ず開催されるわけではないようで、ここ数年はネット上で情報を見ない。そのせいでグーグル検索をすると、いまでも当該記事が上位にくるのかもしれない。
それにしても、セールが開催されなくなったのは、やっぱり、あのえげつない中華人転売屋の参戦が原因だったのかな。あれは、それまで熱心なファンによる”祭り”であったイベントを、一気に破壊してしまったのではないだろうか。

|

« いたばしモンGO! | トップページ | 成増上空敵B17進入!総員迎撃セヨ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋区民、残念に思う。:

« いたばしモンGO! | トップページ | 成増上空敵B17進入!総員迎撃セヨ »