« 伝説の人、怒る。 | トップページ | 板橋区民、「なんでも鑑定団」を語る。 »

さらば、「東武練馬駅」名。

Sk_tobu1979_2

なんとなく春に近づいているように感じますね。


昨日1月27日より、我がふるさと最寄駅「東武練馬駅」の名称が変わった。

‥そうだよね、もともと”練馬”とか付けられてもピンとこないし、接してるのは北町だしね。。

と思う方がいても不思議じゃあない。ではなぜ練馬なんて名称が付けられたかというと、もともと練馬北町は川越街道の下練馬宿だったからだ。ちなみに練馬宿も上練馬宿も中練馬宿も存在していない。あったのは練馬村で、そこを通る武蔵野鉄道(西武池袋線)が練馬駅を名乗ったので、それに対抗して東武練馬駅と命名したのだ。


いつもの通りおおげさにタイトルをつけたけれど、正確には駅名に「副駅名称」が加えられるようになっただけだ。

東武東上線管内では、東武練馬駅のほか、高坂駅では「大東文化大学東松山キャンパス前」と、それぞれ同駅が最寄りの大東文化大学を副駅名称として採用。2月1日からは東上線の霞ヶ関駅で「東京国際大学前」と表示される。他にも6駅を対象に副駅名称権を販売していて、対象は今後増やすそうだ。
東武鉄道によれば「最寄り駅であることを分かりやすくするとともに、地域と当社の鉄道路線がより多くのお客様に親しまれることが目的」という。

なんだかカッコつけているようだけど、理由はもちろん広告収入を得るためですかね。国際興業のバスは昔からバス停名称や車内放送に広告を入れていたけど、鉄道会社は車両本体や駅名に広告をつけるようになったのはわりと最近からのような感じがします。小泉内閣時代に大幅な規制緩和が奨励されるようになってから多く見られるようになったのかな。
基本的には大学名とか地域のランドマーク的な名称でなければ認められないようで、パチンコ屋の名前とかは副駅名には使われないでしょう。それがせめてものプライドなんでしょうか。。


モノクロの写真は1979年に撮影したもので、”ぶらんで〜とTO-B”は1971年ころに東武デパートが大幅に改装された時のキャッチフレーズだったと記憶しているので、それ以降の形式と思います。以前はおそらく白いペンキで塗られた木製の駅名版だったかなあ。。

|

« 伝説の人、怒る。 | トップページ | 板橋区民、「なんでも鑑定団」を語る。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。私は東武練馬と下赤塚の間あたりの出身で、大東文化大学卒業生です。ぶらんで〜とTO-B、
懐かしいですね。今でもそのCMの歌を時々思い出し、心の中で歌ったりしています。(笑)
これからも、板橋区の話題をご提供下さい。楽しみにしています。

投稿: Izumi | 2016年1月28日 (木) 19時25分

Izumiさま

コメントをありがとうございます。
新しくなった東武デパートの屋上は楽しかったですね。掲載の写真を撮った頃はいろんなイベントが行われていて、デビューしたてのアイドルのミニコンサートなんかも見にいきましたっけ‥

投稿: オーク | 2016年1月28日 (木) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらば、「東武練馬駅」名。:

« 伝説の人、怒る。 | トップページ | 板橋区民、「なんでも鑑定団」を語る。 »