« 板橋区民、多摩川の空に憶ふ。 | トップページ | 板橋区民、思い出を綴る。 »

☆祝!400回記念☆〜板橋区民、練馬区についてちょっとね。〜

001002

 ‥はっ、気が付いたら一ヶ月近くも記事を更新していないではないか!
いや別にサボってるワケじゃあって‥う〜んサボってるのか‥。っと、しかも今回は400回記念じゃないか!

まあ400回といっても、過去、第三の権力によって闇に葬られた記事もいくつかあるし‥ね。

てなことで今回はちと宣伝も兼ねた記事をUPしますね。


先月のこと、さるお方から連絡をいただいた。それは、「練馬区の昭和」という写真アルバム本の企画が12月中旬刊行予定を目処に進行中で、その中の解説の一部分を担当してくれないかとの打診であった。まあ義理のある方からの依頼でもあったし、引き受けることにした。もちろん、出版される本が献本されるのも魅力だ。

そんなことであまり時間もなかったけどなんとか原稿を送り、今週頭に初校がどさっと返送されてきて、現在校正を終わった段階である。なにしろ総ページ数280、収録写真が600枚もあるヴォリュームたっぷりな練馬本なのだ。お値段もびっくりの9990円!

私は古写真が大好物で、いままで板橋区や練馬区の写真は結構見てきたと自負しているのだが、初校を見るかぎり、なんと9割方の写真が初見だった。
もともと郷土の写真集なんてものはそう売れるものではなく、行政でもなかなか作ってくれない。我が板橋区なんて、郷土資料館で出したものも含め数冊くらいしかないんじゃないかなあ。市販本も数えられるくらいしかない。

我が板橋区に比べると練馬区の写真集は若干多いように思えるけど、まあどっこいどっこいですかね。
今回のアルバム本では、昭和31年に撮影された写真が多く使われている。おそらく、練馬区役所の情報公開課に収蔵されている写真を利用したのかな。憶測だけど、練馬区独立10周年の記念(初代・練馬区史編纂?)で使うために、練馬区全地域をくまなく撮影したのだろうとかと思う。その他、個人の方や企業がいろんな写真を提供している。

この、昭和31年(1956)という撮影時期がいいですね。戦前の様子も想像できるし、戦後すぐの時代感もいい。ど田舎だった板橋や練馬でも、東京オリンピック後の変化は大きいなあと感じました。
個人的には東武練馬駅前商店街の写真を見られたのが良かったですね。駅の写真はたまにみかけるけど、その周辺の写真はなかなかないですから。

板橋区の古写真は、最寄り板橋本町駅にある板橋区立公文書館に数万枚収蔵されていて、個人でも使用許可を得られブログなどにUPすることも出来る。
‥でもね、前にも書いたけど、めんどくさいっス。せめて公文書館が赤塚支所くらいの場所にあればいろんな写真を紹介するんですがねえ。。赤塚郷から板橋本町はあまりに遠い‥


この「練馬区の昭和」は他にも葛飾区版とかいろいろ出ているので、いつかは板橋区版も出ることを期待しよう。(もしかして出てるかも?)
ちなみに、チラシにいろいろ項目があるけどこれは企画段階のもので、例えば成増陸軍飛行場の写真などはほとんどないですね。残念。発行部数から見てあまり書店には出回らないと思いますので、図書館に納本されるのを気長に待ちましょう‥。あ、もちろん欲しい方はご予約を!


|

« 板橋区民、多摩川の空に憶ふ。 | トップページ | 板橋区民、思い出を綴る。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆祝!400回記念☆〜板橋区民、練馬区についてちょっとね。〜:

« 板橋区民、多摩川の空に憶ふ。 | トップページ | 板橋区民、思い出を綴る。 »