« 板橋区民、逃避する。 | トップページ | あ ぶ な い 板橋区。〜70年前のおもてなし〜 »

板橋区民、逃避行する。








あぁ‥実はまだ逃避行は続いているのだ。。
昨日は青森から遥か万座温泉まで移動し、日本一の濃度を誇る白濁硫黄温泉を堪能した。聚楽に逗留したのだが、硫化水素が濃いので屋内風呂では強力な排気扇がガンガン回っている。

露天風呂からは山の斜面に水蒸気の上がる景色が望める。そう言えば、最近、ここから2キロの距離にある白根山の火山性微動が異常に増えていると報道されたばかりだ。噴火すればここまで噴石が飛んでくるのか、と思いつつも心地よい湯に心も溶けてゆく‥

今朝も白濁湯に身を沈め、朝食バイキングに腹を満たし軽井沢から上田へ向かった。上田はいま、来年の大河ドラマ「真田丸」の舞台地として早くも盛り上がっており、町中六文銭の旗が翻っている。
昼になったので池波正太郎もよく訪れたという蕎麦屋「刀屋」へ寄った。真田蕎麦を注文したが、味噌を鰹出汁で溶いた汁につけて食するスタイルだ。ここの蕎麦は量が多く、食べてるうちにだんだん飽きてきてしまう。。(うまいんですが)

満腹で突っ張った腹を抱えつつ上田城へ。思ったほど堅固な感じは受けなかったけど、電車の時間を気にしながらの見学でほぼ通り過ぎる程度だったからなのだろう。
なぜ急いだのかは次に温泉マニアに人気のある戸倉観世温泉に向かうからだ。しなの鉄道に乗り戸倉駅下車、歩くこと約20分。千曲川近くの住宅街に佇む温泉だ。土曜日なので客がひっきりなしだ。お湯の色は昔のバスクリンを明るくしたような緑色!かすかに硫化水素臭がする。先日の新屋温泉といい、なんでこんな摩訶不思議な温泉があるんだろう‥

てなことでいい加減、逃げてばかりでもしょうもなく、長野駅から乗った帰りの新幹線の中でこの駄文を書いてるのです。あと僅かで上野かぁ‥現実に戻るのね〜〜

|

« 板橋区民、逃避する。 | トップページ | あ ぶ な い 板橋区。〜70年前のおもてなし〜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋区民、逃避行する。:

« 板橋区民、逃避する。 | トップページ | あ ぶ な い 板橋区。〜70年前のおもてなし〜 »