« 年末事件簿〜それは赤塚郷から始まった〜/昭和戦後の大事件。 | トップページ | 板橋区民、2015新年を言祝ぐ。 »

板橋区民、2014年の大晦日なのでお宝を公開する。

50249

 とうとう、2014年も大晦日。‥年々、月日や時間が過ぎるのが早く感じるなあ。。と思っている皆さん、それは単に物忘れが進んでいるせいですぞ。と、自分のことを棚に上げつつ本年最後のお宝を‥


ちょっと、なんすかこれ?歳末に公開するお宝にしては地味じゃね?珍しくもないじゃん。
‥なんて声が聞こえてきますが、んじゃあこんなモノはいったいどこで手に入るんですかい?まさか板橋区中を回って盗んでくるんじゃあ?なんて警察のお世話になるような方法で手にしたもんじゃないっす。これはちゃんとヤフオクに出てたのを落札したんですよ。

過去、6回?でしたか我が収集癖の歴史を語りましたが、それは昔々の収集法の話でした。
ウチに初代のパソコンが来た(確かMacのパフォーマー5430だったかな、今のi-macみたいなモニター一体型のPC)のが1996年のこと、まだモデムでピーヒョロロ〜とインターネット接続していた時代でした。当時のスペックではHPを見るのも一苦労で、写真が多いとものすごく時間と接続料がかかりましたっけ。その後すぐにISDNが出来るようになり、電話FAXと別回線で接続できてだいぶ便利になりました。ADSL方式はそれからまた数年後。で、現在はフレッツ光ですね。ネットを始めた当時はまだGoogleさんは誕生していなかったので、ヤフーさんとかインフォシークさんとかグーさんといった検索サイトを使ってました。

1999年9月、ネット上でヤフーオークションのサービスが始まりました。現在でも日本国内のネットオークションサイトでは最大規模じゃないっすかね。楽天にもオークションはあるけど、商品の多彩さにおいてはだいぶ劣ります。
あっしがヤフオクに参加するようになったのは、開設直後からだったかな。10年くらい前にIDとパスワードを盗まれて悪用され(事前に気がつき損害はなかった)、新規IDにした時に評価がゼロの振り出しに戻りましたが、その時点で500回くらいの取引をしていました。

さて、今の世の中が大きく変わったのは、昭和から平成になったからではなく、”デジタル化”というものがものすごい速度で進化していったからだと思います。これは40代以上で、そのデジタル化のスピードを目の前で見て来た方なら同感していただけるのではないでしょうか。デジタル化により急速に衰退していった産業も多いですね。例えば写真。今はほぼデジタルに置き換わり、フイルムも気軽に手に入る時代ではなくなりました。あの、コニカフィルムが会社ごと無くなっちゃうなんて(ホント)信じられないことでした。。
しかし、デジタル化とともに普及した携帯電話とインターネットは、世の中を大きく変えました。衰退した物もありましたが、それによって得られた便利なシステムはもう後戻りは絶対にできないでしょう。

あれ、なんか話がグローバルな方向に膨らんでなに語ってるんだかわからなくなってきました。
ええっと、冒頭の写真に写る住所プレートをヤフオクで落札した話から脱線したんでしたね。そう、収集の方法も、インターネットの普及により変わりました。現在ではクレジットカード決済やネットバンクのサービスも始まり、ますます便利に。もう多大な時間と手間と交通費をかけてお宝を探すこともなく、目の前の電子箱をカタカタと動かせばあら不思議、いろんな珍しい品が次々と‥なんてオーバーですが、まあ、多彩なモノが集まり易くはなりました。

でもね、15年ほどネットオークションを楽しんでますが、そりゃ便利なもんですけど、出品する側の心理を考えるとネットオークションに出すのを嫌う人もいるのがわかります。ヤフオクは商品を7日間しか置けないし、競ったとしてもクリスティーやザザビーみたいに大きな金額になるわけでもなし、思った程商品が高く売れるもんじゃないんっすよ。やっぱり、その商品を欲しがるマニアの間で競わせることが一番なんです。その点、昔と変わらないもんで、専門業者が行なう販売会やマニア間で流通する入札誌は貴重品が手に入る可能性が高く、ネット時代になっても決して廃れてはいません。

それでも、冒頭の住所プレートのようにおもわぬモノが出てくるのがネットオークションの面白い所。恐らく、ゴミの収集業者あたりから流出したのでしょう。ブックオフを回り、いわゆる”背取り”という方法で価値の高い本を見つけ出しオークションで売る人がいるように、収集された不用品の中から価値の出そうなモノを見つけ出して売る業者がいます。特に「紙くずコレクション」の対象となるものは”捨てられた”モノからサルベージされるのではないかなと思います。


以前程ではないですが、今年もいろいろな収集品が我がコレクションルームに納まりました。それらの品々は、また追々、当ブログの記事にて紹介してゆきますので、来年もどうぞ宜しくアクセスをお願い致します。
今年も当ブログに訪問していただいたたくさんの皆様方、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。多謝。

|

« 年末事件簿〜それは赤塚郷から始まった〜/昭和戦後の大事件。 | トップページ | 板橋区民、2015新年を言祝ぐ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋区民、2014年の大晦日なのでお宝を公開する。:

« 年末事件簿〜それは赤塚郷から始まった〜/昭和戦後の大事件。 | トップページ | 板橋区民、2015新年を言祝ぐ。 »