« 板橋区民、90歳について思ふ。 | トップページ | 板橋区と高倉健。 »

土方歳三(本物)、板橋区へ現れる。

Hijikata


 朝晩はさすがに寒くなりましたね。。あっしの癒しコース「白子スシロー→埼スポ」も「白子くるまやラーメン→和光市極楽湯」へ変更になりました。。

ここの所、自分語りばかり続きましたので今回は板橋区のネタでも。


幕末の板橋区で有名な出来事といえば、砲術家・高島秋帆が武州徳丸原で行なった日本初の洋式調練ですが、一般的には新選組局長・近藤勇が千葉の流山で捕縛され、東山道軍の拠点であった板橋宿の豊田家へ預けられ、宿場外れの野原で斬首された事件ですね。
明治時代に入ってから、JR板橋駅近くの北区側(板橋区ではなく残念)に永倉新八が発起人となって建立された新選組の供養墓(供養塔)があり、新選組ファンの聖地として賑わっています。

さて、赤塚郷にある板橋区立郷土資料館では10月8日から11月30日まで「幕末動乱 ー開国から攘夷へー」と題した特別展が行われています。幕末維新の醍醐味がギュッと詰まった見応えのある展示となっていて、こちらも多くの観覧者が訪れています。

展示の目玉は「最古の土方歳三オリジナル写真」で、あまりに貴重なので公開は今月28日~30日のわずか3日間のみ!だ。

いや〜これはすごいですぞ。土方歳三の写真はよく紹介されているけれど、修正された写真も多く、正真正銘のオリジナルを見ておくのは大事なことだ。
今回公開される写真は、有名なエピソードとして伝えられている、函館戦争時に土方歳三の小姓を勤めていた市村鉄之助が、土方の親族である日野宿の佐藤彦五郎宅へ届けた物ではなく、医者で野崎村(現・三鷹市)の名主だった吉野泰三の息子である泰之助が明治34年(1901)頃、北海道旅行の際に入手した写真だ。

じゃあ”最古の写真”ってなんだよ?佐藤家伝来の写真じゃないなら後年複写されたブロマイド写真かもしんないじゃん。なんて認識のアナタ、甘いですぞ。そんなアナタは子母沢寛や司馬遼太郎に騙され‥いや感化され過ぎていますぞ。

その理由は、特別展で販売されている図録の巻末に載る藤井和夫氏の検証論文により紹介されている。論文をそのまま写すことは出来ないので、詳しくは図録を購入していただくこととして、要点だけ抜粋すると‥

・そもそも佐藤彦五郎宅へ市村鉄之助なる人物は来ておらず、持参したとされる土方歳三の写真や遺髪や短歌など遺品も現存していない。

・現存する土方歳三写真はガラス湿板写真を含め5枚あり、湿板写真と紙焼き1枚は現在不明。鶏卵紙に焼付けられた写真は、吉野家所蔵以外はすべて複写されたものである。

どうですか、ショックでしょ。あっしなんか今まで疑問にも思いませんでしたよ。そんな遼太郎やヒロシに騙されて、完全に信じちゃってました。官軍迫る函館五稜郭で、歳若い小性に遺品を持たせ、古里へ向けて逃したなんて涙々の物語じゃないっすか。あの涙を返せ!と思わず叫んじゃいました。。

論文では、いかにして”市村鉄之助伝説”が誕生したのか多くの資料を元に解き明かしていく。最後は、今日でも伝説が日々創造され続くことを憂い「研究論文は研究論文”伝説”は伝説として読む能力、言うならば歴史小説リテラシィを身につけろ」、と結んでいて痛快だ。

‥ただし、ですね、土方歳三の写真には刀の鞘に手をかけた全身像と、腰の所で拳を握っている半身像の二種類があると言われているけど、それらの写真についての検証がなされていないことが気になる。半身写真もトリミングして修正を施されたものなんですかね‥


約15年前、板橋区役所一階のギャラリーで、三鷹の龍源寺に門外不出で秘蔵されている、近藤勇着用とされる道場用の袴と天然理心流のぶっとい木刀が展示されたことがあった。それまで近藤勇はガタイのいいがっしりした体形のイメージがあったけど、袴は以外に小さく腰回りも細かったのに驚いた記憶がある。
近藤勇も、宿場はずれの谷端川近くの野原で斬首されたというのが史実であり、舞台としてはけっしてドラマチックなものではないそうで、事実というのは味気ないものです。”人は信じたいものを信じてしまう(ジュリアス・シーザー)”は名言ですね。。

|

« 板橋区民、90歳について思ふ。 | トップページ | 板橋区と高倉健。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土方歳三(本物)、板橋区へ現れる。:

« 板橋区民、90歳について思ふ。 | トップページ | 板橋区と高倉健。 »