« 板橋区民、美智子妃殿下に遭う。 | トップページ | ☆祝!東武東上線開業100周年☆〜静かなる開業日〜 »

☆祝!東武東上線開業100周年☆〜G.W.期間特別・お宝公開Vol.6〜

1

 2014年、G.W.週間がやってきました。前にも記事にしたけど、ゴールデンウイークとは、我が赤塚郷で撮影された大映映画「自由学校」(昭和26年)が、同時期に同タイトルで競作された松竹版「自由学校」と5月上旬に同時公開され、大きな話題となったために映画業界が作った言葉だ。

明日、5月1日は東武東上線が開業して満100周年の記念日となる。そこで、今日はその前夜祭ということで、板橋区民が秘蔵する東上線初期時代の切符を公開しよう。
いままでもちょくちょく公開してきたけど、ブログは新記事UPにより過去記事が埋もれ、検索が難しくなるので、この機会に再度公開する物も新規でコレクションに加わった物も合わせ、一気に披露する。


まず、左上の切符から紹介していきますね。

上2枚は、A型昭和初期券と呼ばれる形式の切符だ。写真ではわからないけれど、切符の表面には<GJRてつだいしゃう>と描かれた字紋が印刷されている。おそらくは、鉄道省の印刷所に依託して印刷された切符なのだろう。
これ以前、大正時代の切符は入手が困難で、20数年の収集歴の中で出会ったことはない。地方自治体の発行する本の中で、東上鉄道時代の「鶴瀬から上野行き」の切符の写真を見たことがあるけれど、白地の切符に”上”の字を円形にぐるっと一周させた印が押されていた。大正後期になると、先の切符と同じ様式で、料金表示などが数字ではなく漢字で書かれたものとなる。

真ん中2枚の切符は、東武鉄道独自の字紋が印刷されたものだ。二重丸に線が入ったもの‥と書いてもなんだかわかりませんね。これは後日、マクロ撮影してUPしますね。
さてこの切符、私的には世紀の大発見!な代物なんですよ。なにがすごいって?発行駅が中板橋駅ってなってるでしょ。え?まだわからない?中板橋駅はいつ開業したか知ってますか?公式記録では昭和8年7月12日ですね。でも切符には”昭和2年8月18日(24日)”と印字されてますね。これは、石神井川沿いに開園した「遊泉園」プールへの臨時駅時代のものなんすよ。東武鉄道の社史にも”臨時駅”との解説しかなく、この切符の存在により、最初からこの駅は中板橋という名前が付けられていたことを証明する超一級資料なのだ。(大げさ)

お次は上板橋より池袋ゆきの切符。右側が斜めに切断されてますね。これは切符の右側に上から下へ線が引かれ、”小”と書いてあるのですが、この線から切断して子供用の切符として使用したもの。

その次は大山より池袋ゆきの切符。昭和6年9月16日の日付が入ってますね。大山駅開業が昭和6年8月25日なので、開業から3週間後のもの。当時は今みたいな大商店街はなく、人気もなく閑散とした寂びしい旧川越街道沿いの駅だったとか。

真ん中の列の切符に移りましょう。4枚目、ちょっと変わった切符ですね。「川越市より入間川水泳場ゆき」とあります。埼玉県川越市小ヶ谷364番地(当時は入間郡田面沢村小ヶ谷364番地)、川越市-霞ヶ関間に存在し、夏期のみ営業する臨時駅で、東上鉄道開業時の終点、田面沢駅の場所にほぼ一致する。
入間川水泳場駅の開業は昭和9年7月10日のことで、水泳に訪れる人への便宜を図るために池袋起点33.7km地点、現在の入間川橋梁の東詰に「入間川」の名称で開設されている。この年の営業期間は7月10日から8月30日までであった。その後は毎年夏になると開設されるようになり、期間も多少の変動はあったものの7月下旬から8月末の営業とされた。昭和11年までは「入間川」の名称での開設であったが、昭和12年から17年までは「入間川水泳場」の名称で開設された。ただし、昭和16年に一旦「入間川」に戻っている。17年7月20日から8月31日に開設されたのを最後に、以降はなくなったようですね。

じゃ、次。東武堀之内駅は現在の北池袋駅で、昭和9年開業。昭和20年4月の城北地区大空爆によりいったん休止された後、昭和26年9月1日から北池袋駅として再開されました。
右側の列から大東亜戦争期に入りますが、切符の様式に大きな変化はありませんね。武蔵常盤駅(現・ときわ台駅)は昭和10年開業。新倉駅は今の和光市駅ですね。昭和9年に開業しました。昭和の終わり頃まで成増駅を過ぎると一気に農村風景が広がり、和光市駅前なんてまだ畑地がありましたから、今のあの大都会になった景色が信じられませんね。

最後は、そう、あの幻の「金井窪駅」の切符です。昭和6年9月27日開業、昭和20年4月13日の城北大空襲により休止、その後廃止された。この切符については過去いろんな記事で自慢しまくったので、今回は控えますね。。小さい切符は補充式乗車券で駅名が空欄になっており、必要に応じて発駅着駅の印を押し、料金を手書きする方式です。この切符、「金井窪より池袋ゆき」になってますが、下の切符と同じ昭和17年4月発行なんだけど、パンチの切り口の型が違うのが不思議ですね。なんでだろう?


じゃ、この続きをお楽しみに☆

|

« 板橋区民、美智子妃殿下に遭う。 | トップページ | ☆祝!東武東上線開業100周年☆〜静かなる開業日〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆祝!東武東上線開業100周年☆〜G.W.期間特別・お宝公開Vol.6〜:

« 板橋区民、美智子妃殿下に遭う。 | トップページ | ☆祝!東武東上線開業100周年☆〜静かなる開業日〜 »