« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

さらば、成増会。〜70年目の終幕〜

065806600063

 10月。砲術の秋ですね。いい季節です。。


 本日10月3日は、1943年(昭和18年)、今からちょうど70年前に成増陸軍飛行場を根拠地とした帝都防空戦隊・飛行第47戦隊が発足した日だ。

この頃、成増飛行場は第2期工事(南北滑走路整地)が終了したばかりで、まだ基地としての機能が揃っておらず、戦隊は調布飛行場に間借りしていた。それまでの47中隊から昇格し、隊員も増員され飛行中隊は2個中隊から3個中隊(1中隊12機×3中隊=36機)となり、戦隊としての形式が整った。10月末、まず第2中隊が新装なった成増へ移動し、12月21日に戦隊全ての移動が完了した。

成増会は、戦後、第47戦隊と飛行場の管理をしていた第43飛行場大隊の有志が集まって結成された戦友会だ。いつから始まったのかは聞いていないけど、昭和50年代に撮影された写真を見たことがある。そのころは、地方でも戦友会が開催されていたようだ。(まん中の写真は昭和60年代の成増会)

会は、10年程前、長年会長を務めておられた刈谷元意氏(整備隊中隊長)の逝去をもって一度、正式に解散した。しかしその後も、成増会の解散を惜しむ有志が集い、戦隊が発足した日に、靖国神社への昇殿参拝を続けてきた。その頃から、板橋区民も末席に参加させていただいてきたのだ。

今年の夏、会の連絡役を勤めておられた白石氏(整備隊)から手紙が届き、そこには、ご本人が歩行困難になったこと、他の当時現役だった方々も90歳の卒寿を迎え、昇殿参拝に出ることが難しくなったので、もう昨年の参拝を最後に、今年は行なわないことにしたい、と書かれていた。意見を求める文面ではあったが、元の隊員や親族は別にして、興味本位から参加(関わりは、当時中学生・現在の高校生であった父親が勤労奉仕で飛行場整地作業に従事していたくらい)していた私が意見を述べることなどおこがましく、返事は保留していたが、9月に正式な文面をいただいた。

90歳という年齢は、日本人男性の平均寿命を越えており、身体的負担は相当なものだ。私の知る限り、足を悪くされていたり、耳が遠くなった方が多いようだ。しかし、整備隊だった高橋氏などは、まだまだお元気で、自転車で近所に買い物に出かけたりしている。堀山隊長に至っては、資料をpdfでメールに添付して送れ、なんてパソコンライフを十分に活用している強者もおられたりする。

戦時中、現役だった方々が年に一度、靖国神社に集まり、亡くなった戦友の慰霊を行い、その後は昔話に花を咲かせる‥そんな機会が永遠に失われたことは、いつかこの日が来ることはわかっていても、寂しいかぎりだ。私も、興味本位で参加させていただいていたが、兵や将校として日本の防空のために戦った方々の経験を、生でお聞き出来たことは貴重な時間だった。


今日は、せめて成増飛行場から近い赤塚郷の地から、靖国神社や光が丘に建つ碑に向い、亡くなられた方々の冥福を祈り、手をあわせることにしよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤塚郷の巨星墜つ‥ありがとう、風間やんわりさん。

07480750


 10月も今日で終わりかあ‥。台風が二つも来てあたふたしてるうちに月末が来てしまったという感じでしたね。

何回か前に、来年の東武東上線開業100周年に合わせて特集本が発売され始めている、という記事を書きましたが、ここ数年、板橋区を題材にした特集雑誌もポツポツと見かけることがあります。板橋区民ならば必ず購入する‥てなことはなく(記録として買っておくべき、とは思うんですが。。)、ありがちなショップ紹介が主体の雑誌はどうも触手がわきません。

まあ、そもそもグルメとはなんぞや?ということはさておき、たいていの特集本が飲食店や地元ならではの物をメインに紹介するのが定番で、”旬”を取り扱う、それが目的なのはわかるのですけど、果たして、その中で長く残り続けるのはどれなのかと疑問になっちゃうんですね。

このブログには”旧石器時代からグルメまで描く”なんてお題に載せてますが、実際あちきはあんまりグルメではなく(食い意地ははってますが)、外食も、たまに満州のW餃子定食とか福しんの焼肉定食とかそんなもんばかりで語る資格もないという有り様。。板橋区在住でグルメ探索記事をご自身のブログに載せている方々がおられますが、すごいなあと感心してしまいます。

競争の激しい飲食店やショップは毎日のように開業閉店がくり返され、ヘタすれば情報誌やテレビが取り上げてすぐに閉店してしまう場合すらある。10年持てばもう”老舗”とすら言えるんじゃないかな、と思えます。平成の世に入り25年、果たして昭和時代に開店した店がいかほど残っているのか‥もっとも、最初から自己店舗で小さな商いを目的としたものや、軌道に乗れた店は案外長生きもしますが。

そんな理由で、”旬”な情報誌に掲載された店や情報が載った雑誌を収集することにあまり意義を感じなく、購入しなかったりするワケなんです。と、長々書いといてなんですが、10月28日、エイ出版社からその名も「板橋本」が発売された。A4の大判で、厚手の上質紙を使い128ページと分量があるのに893円!というお買い得な値段だったので早速購入しました。内容はこんな感じです。(Amazonより)

http://www.amazon.co.jp/板橋本-エイムック-2708/dp/4777929779/ref=sr_1_cc_1?s=aps&ie=UTF8&qid=1383172768&sr=1-1-catcorr&keywords=板橋本

これをしらなきゃ損をする! ベストオブ板橋
・板橋に美味しいものあり! 板橋屈指の名店
・新たな発見を求めて 板橋散策のススメ
・激戦区板橋のラーメン
・板橋お買い物指南
・板橋の3大商店街を攻略せよ
・板橋印の美食案内

これだけだと、なんだありきたりの情報誌じゃん。と思われちゃうけど、板橋区出身の著名人が板橋区を紹介しちゃうコーナーがあるんですね。普通、予算の関係からか大抵は無名なライターが取材をし原稿を起こす程度で、ここまで踏み込むことはあまりない。
その紹介コーナーで、我が赤塚郷をPRしたのが、ギャグマンガ家の風間やんわりさんだった。”のとや”の前にふっと佇む写真が大きく掲載されている。「板橋本」の中では、4ページに渡って我が赤塚郷の紹介をされておられた。

風間やんわりさんは、主に講談社系の出版物に連載を持ち、代表作は現在も週刊ヤングマガジン誌に連載されている「食べれません」で、基本四コマのいわゆる”ゆるい系”のギャグマンガを描いている。高校在学中に才能が認められ、以来16年間、一度も休載することなく、「食べれません」はヤングマガジン連載陣の中でも最長の連載を記録しているという。

そんな風間やんわりさんだけど、10月24日の夜、インターネット上で急逝されたという情報が突然UPされた。それは、戸田斎場で行なわれた告別式の様子を伝えた友人によるツイッターの書き込みだった。その情報は熱烈なファンの間に瞬く間に広がり、私の目にも止まった。
その後の続報によれば、亡くなったのは10月22日、直接の死因は肝機能障害だが、ようするに酒の飲み過ぎだった。仕事場で突然倒れ、そのまま帰らぬ人となったと言う。

享年36歳、あまりにも若い死だ。。

私は、デビュー当時からやんわりさんの存在は知っていたけど、そんなに熱心な読者ではなく、たまに掲載誌に目を通す程度だった。もちろん面識はなく、本名も知らず、赤塚三中出身くらいの情報しか知らなかった。
「板橋本」の記事によれば、やんわりさんは赤塚生まれの赤塚育ちで、赤塚6丁目の通称「ブタ公園」を想い出の地としてあげている。おそらく、その近くの出身なのだろう。

今週号の週刊「ヤングマガジン」には「食べれません」は掲載されており、11月11日発売の50号で連載は終わると言う。巻末目次ページの一言欄で、「久しぶりに赤塚へ行ってきました。」と触れておられたので、もしかするとこの「板橋本」の取材で訪れたのかもしれない。そうであれば、虫の知らせなのだろうか、大好きな赤塚の街にご自身の存在を残しておこうとしたのであろうか‥と、不思議な気持ちがする。


「食べれません」にはその冠に”板橋区赤塚系ギャグ”という実に誇らしいタイトルが付けられている。つくづく惜しい方を失くしてしまった。残念だ。‥合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »