« 過日、松月院にて。 | トップページ | ☆2013G.W.も始まったしお宝でも公開するか☆ »

☆祝!西洋流火術鉄砲隊結成10周年☆&伝説の人

0473049104960498

いろいろありましたが、なにげなく再開しますか。

前回、こうきょう放送で放映中のTGドラマ撮影スタジオ訪問記をお届けしましたが、(ひやっこたいのクライマックスシーンです)第四の権力様のご指導により関係記事を削除いたしました。応援が過剰すぎたようでしたね。ご迷惑をおかけした関係者の方々にお詫び申し上げます。


先日、我が板橋区の誇る「西洋流火術鉄砲隊保存会」の総会と創立十周年の集い、が大山で行なわれました。
あれから十年‥創立当初から見守ってきました板橋区民にも感慨深い物があります。それは暑い暑い夏の日のことでございました‥なんて感慨に浸っていると長くなりますのでこのへんで。まっ、とにかく最初の頃と現在ではまったくといって良いくらい装備も演武の内容も変り、より高島流に近くなっているのではと思います。

文化会館の一室で行なわれた総会(予算の承認や今年度の計画報告など)が終わった後、場所をハッピーロードの中華料理屋に移し、関係者を招いての十周年の集いが催されました。正会員は銃士と言う名称ですが、他にも様々にサポートしていただいている方がおります。その中のお一人が、日本競技自転車界で活躍し、世界的にもカジワラフレームとして名を轟かす”伝説のフレーム職人”梶原さんだ。
梶原さんのことは数年前に当ブログで紹介したけれど、今でもそのページにはアクセスが多く、世間の関心は高いようだ。梶原さんは骨董品、それも機械関係に興味があり、自転車職人として修理道具類も所持しておられるので、武具などの修理も頼まれて行なっている。

なぜ梶原さんが伝説の存在となったのか‥それは世界の自転車界に彗星のように現れ、絶頂のなかでふいに姿を消したからで、以降その消息はつゆ知れずいつしか伝説だけが残った‥てなことはまったく知らない人が作った神話で、ご本人は親の代から住んでいる土地にずっと暮らし、今でも自転車の部品を製作しているし、なにより研究家としても活躍しておられるので、知ってる人は知っている存在なのである。
今、自転車ブームといわれているけど、自分のマシンばかりに目が行って、自転車の歴史なんかまったく興味も持たないんだよな‥と残念がっておられた。「みんなさ、自転車のことチャリンコって呼ぶでしょ。あれ語源が韓国語だってことも知らないよね‥」

この日も愛用の自転車で現れ、「富岡八幡宮の骨董市へ行ってきたよ」と言い、今日は50キロ走ったよ、とおっしゃっていた。「多い日は100キロくらい走るよ」なんてすごい健脚ぶりである。
梶原さん愛用の自転車は、まぎれもなく本物のクロモリ(クローム・モリブデン鋼)製「カジワラフレーム」で組み上げられている(ブレーキやギアはシマノ使用)。外見はちょっとボロい(失礼ですスミマセン)けど、梶原さん用にチューンナップされた世界唯一のレア物だ。ワークス以上、最強のプライベーターバイクなのだ。


ということで、これからまた初心に帰り、収集したグッズや情報をどんどんUPしてゆきますね。

|

« 過日、松月院にて。 | トップページ | ☆2013G.W.も始まったしお宝でも公開するか☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆祝!西洋流火術鉄砲隊結成10周年☆&伝説の人:

« 過日、松月院にて。 | トップページ | ☆2013G.W.も始まったしお宝でも公開するか☆ »