« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

☆2012年新春☆年頭にあたり板橋区学芸員採用試験応募者にエールを送る。

Photo

 もう松の内も明けますが、新年おめでとうございます。元日早々板橋区では震度4の地震がありましたが、ワタシはその時分、八海山の萬寿(!)を嗜んでおり、ん?酔ったかなあ?と思った具合で、まあ、おだやかな年の初めでしたね。

さて、昨年12月14日から板橋区では学芸研究の専門職員の公募が始まり、受験書類の受付は本日にて終了しました。同職種の採用は実に20年ぶりのことになります。そして採用人数は1名という非常に狭き門だ。どんな仕事をするのかというと、郷土資料館の学芸研究職員として働くんですね。一般職員とは違い部署の異動はほとんどありません。
私も資格があれば受けてみたかったですが、年齢制限に遥か及ばず‥。応募資格には学芸員資格を有する方、とありますが、不詳ワタシは工学部出身ですが心機一転、2009年、2010年の2年をかけて早稲田大学の学芸員資格取得コースに通い、単位を取得しました。まあ、学芸員資格を持っていても今さら博物館で採用されるわけもなし、無駄といえば無駄ですが、新しい出会いや発見もあり、通って良かったと思います。もしも私設博物館を作る時にも役に立ちますしね。なんて。実際、自分の血縁者の美術館や博物館を継ぐために通う人もおられました。

タイトルには偉そうに”採用試験応募者にエールを送る。”なんて書きましたが、板橋区をこよなく愛し、区民税もたっぷり?払っている生粋の板橋人とすれば、若手新規採用学芸員の方に寄せる期待は大きい。このご時世、地方自治体や公営の博物館や資料館では、管理者委託制度に切り替えたり専門職員を置かないなんて所まであるのに、正規の学芸職員を雇うなんてすごいことなんですよ。さすが板橋区。
管理者委託制度とは、博物館や資料館などの管理を業者に依託することですね。競争入札によって選ぶので、格安で業者に管理を丸投げ出来る。依託の期間は契約によるけど、数年に一度入札が行なわれるので、運営業者が入れ替わることもある。確かに節税にはなるけど、地域に密着すべき資料館をそんな継続性のない業者に依頼するなど乱暴すぎますな。しかも、運営業者は派遣で雇った人材を送り込むこともできる。昔からそうだけど、学芸員として職員に採用されることはたいへん狭き門だ。資格は持っていてもそれを生かした仕事に就ける人は極端に少ない。だから、派遣業者に雇われる人もいる。業者に雇われる人がダメとは言わないが、それでは地元に密着した活動は出来ないですね。他にもどことはいわないけど、最近某区で新規オープンした文化館なんぞ、管理は区の職員が行なうが運営をボランティアだけでしよう、なんて信じがたい方針で出来たヒドイものでした。(案の定、そんな方法は破綻したようですが) ちゃんと雇用して身分保障をしなくてはまともな人材もこないし、長続きもしないのは明らかなことです。確かに外国の博物館ではボランティアで運営は普通にありますが、企業や個人の寄付金が半端ないし、日本とはまったく意識が違います。郵政問題にしろ、なんだか小泉政権以降、誰かの都合の良い所だけ真似て合理化を謀ろうとする構造がまかり通っていますねえ。制度を変えれば意識も変わるなんて安易で姑息な考えだと思うなあ。

それにしても採用人数はわずか1名。過去、板橋区立美術館で応募した時も100倍を越える倍率でしたが、今回は140人が応募したそうですよ。当然優秀な人が採用されるとは思いますが、優秀な人は頭がイイだけあって、壁にあたったりするとこれは自分の場所ではないと悟りすぐに辞めてしまう、なんてことが心配ですね。アナウンサーなんて1000倍を超える難関を経て採用されるのに、数年でやめてしまうなんてザラですからねえ。すぐにやめるなんて、落ちた人がかわいそ過ぎますね。
しかし、博物館の学芸員なんて、ホント大変な仕事と思いますよ。研究や展示だけしていれば良いというものではなく、自分の常識とはかけ離れた思考の人が日常茶飯事でやってくる。学芸員というだけで敵意むき出しで挑んできたり、展示の粗を執拗に探して追求してきたり、またそんな人におざなりな対応をしようもんなら逆切れして手が付けられなくなるし。自分の資料を寄贈してやるから取りに来い、いくらで買う?鑑定しろとか、寄贈した資料が展示されないけどどうなってんだ、じゃあ返せetcetcetc‥。弾は正面から飛んでくるだけではないですし。
マスコミの応対も大変だ。だいたい新聞記者はシツコイ。新聞記者としては正しい行為だけど、疑問点をとことん追求してくるからたまったもんじゃないですね。当然仕事なのできちんと対処しなくてはならないけど、日常業務もあるのに疲れちゃいますね。お察しします。。とにかく対人関係の多い仕事なので、ストレスも高いでしょう。だけれども、非常にやりがいのある魅力的な仕事です。何といっても看板背負えますからね。一区民である私がいくら研究をしたりブログで発表したりしても(匿名ですしね)、その筋で信用されることはありません。このブログではなるべくレアな話題を提供することを心がけてますが、それらがきちんと日の目をみることはないですから。まあ、だからこそしばられず比較的自由に発表出来る面もあるし、間違えたら即座に訂正も出来ますが。。

新しく採用される学芸員の方には、是非、”愛”を持って職業に就いて下さる事を願います。期待してますよ!試験は1月16日、ガンバレ!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

嗚呼、栄光の常盤台小学校。

Nao_2Jin_photo_1_2

 いや〜寒い日が続きますねぇ〜。我が赤塚郷では連日立派な霜柱が立ってます。。(さすが田舎)

今日は朝から野田改造内閣発足のニュースばかりでしたね。問責決議を受けた2人(一川防衛大臣と山岡国務大臣)とレンホーさん他が卒業(わずか4ヶ月・・)し、新たに5名が任命されました。ええっと、紹介しますと「副総理、社会保障と税の一体改革・行政改革担当相・岡田克也」「法相・小川敏夫」「文科相・平野博文」「防衛相・田中直紀」「国家公安委員長、拉致問題担当相、消費者担当相・松原 仁」の各氏です。なんで政治の話なんだ?とお思いのあなた、この新任閣僚の顔ぶれをみてどう感じますか?うむ、しっかりと政務を全うしてくれ、とか、またどうせグダグダなんだろ?とかね。政治記事はこのブログには合わないですか。はいはい、先を急ぎましょう。

この顔ぶれを見て気がつく人は、もし”板橋区検定試験”があれば高得点ですね。記事のお題にあるように、この新任閣僚のなかに、なんと常盤台小学校の卒業生が2人!!!!もいるんです。さすが板橋一のエリート公立小学校!そう、写真が貼ってあるのでバレバレですが、「防衛相・田中直紀」「国家公安委員長、拉致問題担当相、消費者担当相・松原 仁」のお二方です。
田中直紀参議院議員は、田中眞紀子さんの旦那さん、としての方が目立っちゃってますね。おまけに選挙区は新潟だし不思議に思われますが、金沢生まれで父上の故・鈴木直人衆議院議員と上京しました。田中家へは婿入りしているんですね。確か常盤台小学校の第一期卒業生だったかな。直紀氏は昭和15年生まれなので、昭和26年に出来た常盤台小学校へは途中で転校して来たことになりますね。その後、武蔵中学・高校を経て慶応大学法学部卒。板橋区民としては正統なエリートコースですな。
で、松原仁氏はと言うと‥この方は生粋の板橋人です。1956年板橋区赤塚生まれ、越境通学で常盤台小学校に通い、赤一中、都立豊島高校から早稲田大学商学部、松下政経塾第二期生。この人の応援ソング「JIN・ジン・じん・仁・松原仁」はあのドラクエの作曲者、すぎやまこういち氏が作曲している。

そんなことで国家の要である防衛大臣と国家公安委員長の要職に、奇しくも板橋区にかかわりのある政治家が選ばれた。板橋区民としては是非是非、日本国家の為に身命を懸して職に取り組んでいただきたい、と願うのである。頼むからくだらん発言で問責にならないようにね。恥ずかしいですから。(いまいち冷めた目でみてるのは民主党だから、というわけでも‥)

最近、博文先生の影が薄いですね‥がんばってくださいネ!

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Always三丁目の夕日'64を見ながら成増飛行場の戦後秘話を思う。

1

 寒い日が続きますね。私は来週、草津で雪見温泉を楽しむ予定です

先週21日から、映画「Always三丁目の夕日'64」が公開になりました。皆様、見に行きましたか?私はどうにも3Dに慣れず、2Dで鑑賞しました。もう3作目だからクオリティーは落ちているかも、なんてあまり期待をせずに観ましたが、良い方に裏切られましたね。なかなかのものでした。ただ、1作目のC62や上野駅、2作目のビジネス特急こだまと羽田空港や日本橋のシーンに比べ、3作目は0系新幹線と東京駅、東京タワーの俯瞰やブルーインパルスのシーンなどの時間が短く残念でした。

で、何でこの映画と成増飛行場が関係あるのか?ということですが、はは、直接は関係ないです。
三丁目の夕日'64では全編を通して東京オリンピックのシーンが描かれるのですが、開会式当日、航空自衛隊のブルーインパルスにより、秋晴れの開会式会場・国立霞ヶ丘陸上競技場上空に描かれた五輪のスモークの輪が印象的に使われていました。そのスモークの輪・・このシーンを見た時に、ふと成増飛行場を根拠とする47戦隊にて戦闘機整備の名手として活躍し、戦後は長らく「成増会」の会長を勤めておられた故・刈谷正意さんのことを思い出したのです。。

私は、刈谷さんの最晩年のある日、丸1日をかけて正式なインタビューをしました。当時すでに体調が悪くなっていた刈谷さんは、約束をしても通院のためなかなか時間がとれず、何度も予定の変更を余儀なくされました。そのうち、検査入院をするということで、埼玉病院(旧・埼玉陸軍病院)に入院されました。ひと月程たったある日、刈谷さんから電話があり「本格的に入院して手術を受ける事になった。3日ほど自宅に帰って準備をする時間があるので、約束もしているし1日時間をとろう」とのことで、急遽ご自宅にてお会いすることになったのだ。
当日は、刈谷さんの生い立ちから終戦にいたるまでの貴重なお話を伺った。ほとんど資料も見ずにクリアーに話をされる姿に、本当にご病気なのか?と思う程であった。長いインタビューを終え、帰りしなの雑談の中で、刈谷さんから少しだけ戦後の話を聞いた。その折、飛行機で空に字を書く装置を作ったんだ、ということを話され、私が、「えっ、そりゃ五輪の輪を描いたやつですか?」と聞くと、「そうじゃないよ、ありゃ航空自衛隊だよ」とおっしゃった。ちなみに五輪の輪を描いたブルーインパルスは、昭和29年に発足した航空自衛隊に所属し、その母体設立にはあの源田実が深くかかわっており、五輪の輪を描く事も企画したと言われている。当時、ブルーインパルスに使われた機体はノースアメリカン社が開発したF-86セイバーで、その運用もアメリカ空軍が教授している。だから当然、スモーク装置もアメリカ製が使われている。

ほんの短い間の会話だったが、刈谷さんの作ったと言うスモーク発生装置開発のいきさつは、こんな話であった。

 昭和20年8月、山口県の小月基地で終戦を向かえた刈谷さんは、47戦隊の残務処理を終えたのち、小月に呼んでいた奥さんとともに、成増に残しておいた借家に戻った。しかし、職業軍人だった刈谷さんには、就職口がなかった。そして、ようやく練馬区旭町にあった、川上羊羹工場に勤め口を見つけ、奥さんとともに働き始めた。かつて“整備の神様”とまで言われたあの刈谷さんが、毎日毎日、生活のため、餡を練る日々を過ごさねばならなかった。
 いつしか、昭和も30年代に入り、世の中もすっかり落ち着いた。その間に、航空自衛隊が発足し、規模は小さいが、航空機産業も復活の兆しが見えてきた。やがて刈谷さんも、そんな会社の一つに呼ばれ、再び飛行機の整備に汗を流す日がやってきた。昭和40年代に入ったある日、会社の社長にこんな話しを持ちかけられた。「アメリカには、複数の飛行機で空中に広告文字を書く、スカイタイピングという商売があるらしいが、うちでもそんなことが出来ないか?」根っからの技術屋魂に火をつけられた刈谷さんは、即座に「やって見せましょう」と胸を叩いた。そして、わずか1年で装置を作り上げ(排気口に特殊なオイルを吹き付けて消えにくい煙を作り出し、吹き出しのタイミングで空にドット文字を書く)、そのお披露目の日がやってきた。社長や関係者、刈谷さんの家族が見守る前で、多摩川の上空に、鮮やかな文字を、見事に描いてみせたのだ。

私は帰り際、「それでは、戦後の話は、また病院を退院したら、改めてお聞かせ下さい。」と約束してお別れした。しかし、その後、刈谷さんは大きな手術により体力を奪われ、二度と健康を取り戻すことはなく、とうとうお会い出来ずに終わってしまった。

 
 私は、聞いてみたかった。かつて、戦いの飛行機雲が交差した大空に、刈谷さんは、どんな文字を描いたのだろうかと。そして、どんな気持ちで、あの日、空を見上げていたのかを。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »