« そうだ、超ひさしぶりに兎月園の写真を追加しよう。 | トップページ | 板橋区民としてボランティアしてみた。 »

故郷の景色 〜31年目の東武練馬駅〜

S54120101
S54220102
 すごい。すごいぞ。昨日に引き続きの新記事UPだ。(単に連休でヒマなだけかもしれないが。)実は、何かに使おうと画像処理だけしておいた古い写真を引っ張り出してみた。モノクロの写真は昭和54年、西暦では1979年だから今から31年前に撮影した、東武練馬駅前踏切の写真だ。今となっては撮影の動機がわからない。なんでこんな面白くもない写真を撮ったのか‥。写真は中学三年の頃から興味を持ち始め、高校生の時、バイトをして貯めたお金で当時大人気だったオリンパスOM-1を購入してから、本格的に撮影を始めた。当時は常に金欠で遠出をする発想もなかったから、もっぱら近所で写真を撮っていたのだ。好みの写真家は土門拳や木村伊兵衛、はたまたアンリ・カルティエ・ブレッソンだったから、題材はもっぱら街角スナップだった。そして、私は物を捨てない性格だったので、それらのネガは今でもほとんど残っている。まだ十代という構図もシャッターチャンスも思想も貧しかった習作時代の写真であり、なにも面白みのない写真ばかり撮っていたが、あれから30年以上の時を重ねた現在、それらの写真に封じ込められた時代の景色が、価値を持つようになってきた。板橋区を趣味と定めてから、地元在住の個人が撮影した古い時代の写真を見せていただく機会がたまにあるが、まだ写真は高価なものであり、結婚式であるとか、家族や自分の記録として撮影されるのが一般的で、日常の風景などをスナップした写真はあまり見かけませんね。それは昭和30年代や40年代でも変らなかったように思います。今では、こんなつまらない写真を撮影し、いままで保存していたものぐさな自分をホメてやりたい‥。
しかし、日々の暮らしは平凡であまり変化を感じないけど、こうして昔の写真を眺めていると、街の景色の移り変わりの激しさには驚くばかりだ。また、昔のリアルな写真を見ると、様々なことを思い出す。昭和54年の北町側の写真、今でもパチンコ屋はあるが、昔はトーホーという店だった。もう一つ、今の荒井花店の隣、現在はコンビニのサンクスだが、そこにはニューギンザというパチンコ屋があった。そちらの方が歴史は古く、昭和30年代にはすでにあったように思う。幼児の頃、父親に連れていかれた記憶がある。座席は無く、立ったまま一つずつ球を入れてレバーを弾くタイプのパチンコ台で、ドル箱も小さなものだった。確証はないが、当時はタバコやチョコ、缶詰などの現物に交換するのが普通だったように思う。そのパチンコ屋の並びに、小さな骨董屋があった。私は小学校高学年の頃、おばあさんが集めていた古銭を譲り受け、古銭収集に興味を持っていたのでたまにその店に行っていた。今から思えば相当変な小学生だったような‥しかしよくもまあそんな変なガキを店に入れていたもんだ。たしか、嘉永通宝というコインを購入したような記憶がある。銭形平次でおなじみの寛永通宝は高くて買えなかったような気がする。写真の中央には「ネリ食」とあるが、古い方には懐かしの「練馬食堂」だ。中華料理の店だったろうか、入った記憶はあいまいだが、各テーブルにコイン式のおみくじ機械が乗っていたような‥金属製で全体が円形で上部が灰皿になっており、灰皿の下のコイン投入口に百円?玉を入れてレバーを回すと、小さく丸まったおみくじがコロンと出て来るやつ。昔はわりとポピュラーでよく見かけたけど、最近では見かけないなあ。あれって今から思えばヤーさんの見かじめ料の道具だったのかもしれない。2階にはこれまた懐かしい、セントバーナードという喫茶店がある。大きな犬の看板が目印だ。ネリ食の看板横の階段が入り口だ。隣の白いビルはつい最近取り壊され、いまは空き地になっている。この写真の当時はパン屋(サンマロー?)だったかな。2階はあかれんがという喫茶店だったと思う。この頃、北町商店街は今では信じられないくらい買い物客であふれていた。そんな中、踏切を渡って桜台まで行くバスが走っていて、それはまあカオス状態でしたね。目を転じて徳丸側を見ると、閑散とした雰囲気がこのカットからもお分かりかと思う。もちろん、道の両側には商店が並んでいたけど、ちいさなパパママストアが並んでいるだけだった。当然サティはなく、その敷地には巨大な大木伸銅の工場群が広がるばかりだった。(大木伸銅については過去の記事を参照にして下さい。)正面にあるのは交番で、現在はタウンブリッジを越えた所に移動している。その隣は、時代によっていろいろ替わったけど100円のドムドムバーガーがあったような記憶もある。交番の裏はすぐ崖になっていて、送電線の大きな鉄塔が建っていた。現在はもう御存知、徳丸スクエア、でしたっけ、ローソンとかケンタとか大戸屋とか飲食店街の連なる場所になっていますね。ここは恒久の施設ではなく、何年後かには立ち退かなくてはいけない契約になっていると聞きました。その時、景気が良くなっていたら、もしかすると夢の駅ビルが建つのではないか、なあんてね。写真のストックはまだあるので、また気ままにUPします。

|

« そうだ、超ひさしぶりに兎月園の写真を追加しよう。 | トップページ | 板橋区民としてボランティアしてみた。 »

コメント

懐かしい写真ですね~
今はLAWSONになっている交番の裏が崖でスタミナ何とかっていう焼肉屋があって。。。。
大木しんどう?という道なりに椎の木が沢山植わっている敷地が今のSATYになって、
あと、こわい人たちの事務所はまだあるんですかね~。
子供の頃、面白がってよく見に行ってました。

投稿: みっちー | 2010年5月 2日 (日) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 故郷の景色 〜31年目の東武練馬駅〜:

« そうだ、超ひさしぶりに兎月園の写真を追加しよう。 | トップページ | 板橋区民としてボランティアしてみた。 »