« ★ 巨星墜つ★〜板橋区ゆかりの画家・平山郁夫氏逝去〜 | トップページ | そうだ、超ひさしぶりに兎月園の写真を追加しよう。 »

〜2010年西洋流火術鉄砲隊保存会新年会〜

425426439 すでに年末年始も過ぎ去ってしまいましたが、明けましておめでとうございます。。。本年も、徐々にではありますが更新に勤めて参りたいと思います。。
ということで新年第一弾は、先日、常盤台の天祖神社で行なわれた、今では板橋区民ならば知らない人はいない・・はずの西洋流火術鉄砲隊保存会による新年会の様子を紹介する。この保存会については過去何度も取り上げているが、それは、私も設立に一役買ったからで、ことあるごとに宣伝に務めているというわけだ。西洋流火術鉄砲隊保存会は、おかげさまで設立から8年を向かえる。ご存知、長崎の役人であった高島秋帆先生の率いる高島流砲術を伝承する団体だ。時は幕末の少し前、迫り来る西洋列強国に対抗するため、出島出入り役人であり、また砲台の管理を任じられた関係から最新の西洋式(オランダ式)砲術を会得し、私費を投じて銃や大砲を輸入研究し西洋流派を設立、その威力を全国に知らしめようと幕府に働きかけ、天保12年(1843年)、幕府の砲術演習場であった、徳丸原(現・高島平)において居並ぶ幕閣・諸国大名の前でその威力をまざまざと示し、その咆哮は明治と言う新時代幕開けへの第一声となったのである・・ということを後生に伝え残すという使命を持って誕生したんですね。(今年大ブームの坂本龍馬が習った西洋流砲術も、実は高島流なんですよ。これマメ知識。)別に、銃の好きな軍オタが集まって出来たちゃらけた団体ではなく、その証拠に、今年の安全を願い祈願する新年昇殿参拝には、会の最高顧問に就いていただいている、前板橋区長の石塚輝雄氏と現区長・坂本勇氏の参加を戴いた。会の設立は、石塚前区長の協力無しにはなし得なかったし、西洋流鉄砲隊の地盤である赤塚郷出身の坂本区長にも、なにかとご支援をいただいている。祈願式を執り行ったのは天祖神社の宮司・小林保男先生で、現在、板橋区文化団体連合会の会長を勤めている。会は今年にも文化団体連合会に加入する予定だ。
昇殿参拝の後は直来(なおらい)というわけで、場所を移して新年会となった。乾杯には少し遅れて、元会員でもあった、板橋区議会議員の元山よしゆき氏も駆けつけてくれた。元山氏は坂下出身で、前回の区議会選挙で当選したまだ一年生議員だが、特に子育て環境の向上を公約に掲げ、日々奮闘の毎日を送っておられる。何かと仰々しいけど、キチンとした活動を行い維持してゆくには、いろいろと大人の事情が必要なことなんですよん。さて、新年の鉄砲隊最初の活動は、3月の初旬に赤塚溜め池公園で行われる「梅まつり」初日の赤塚城趾での演武だ。昨年と同様、鷹狩り実演をはじめとする様々な古武術団体の演武披露がおこなわれるので、是非、ご覧下さい。詳しくはまた当ブログにて宣伝告知をしますです。

会では活動を助けていただくサポート会員や、火縄銃演武をする正会員も募集しておりますので、興味のある方は西洋流火術鉄砲隊保存会のH.P.から連絡を下さい。
URL http://www011.upp.so-net.ne.jp/seiyouryuu/

|

« ★ 巨星墜つ★〜板橋区ゆかりの画家・平山郁夫氏逝去〜 | トップページ | そうだ、超ひさしぶりに兎月園の写真を追加しよう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〜2010年西洋流火術鉄砲隊保存会新年会〜:

« ★ 巨星墜つ★〜板橋区ゆかりの画家・平山郁夫氏逝去〜 | トップページ | そうだ、超ひさしぶりに兎月園の写真を追加しよう。 »