« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

成増陸軍飛行場秘話2 〜小隊長ハ還ラズ〜

PhotoPhoto_2 昭和20年2月10日。この日午後1時過ぎ、八丈島のレーダーがB29の編隊を捕捉し、現在敵機は北上中との情報が入った。関東地方の防空を任務とする第10飛行師団は、ただちに隷下の防空戦隊に全力出動を命じた。

 
 出撃前、第2中隊・富士隊の伴さんは、いつものように第2分隊長の三瓶曹長に向い「敬礼、伴少尉僚機!」と報告する。それを受けた三瓶曹長は「三瓶曹長以下2名、第2分隊!」と小隊長の吉沢中尉に報告した。すると、吉沢中尉は伴さんへ向かい、「今日はついてこいよ・・」と声をかけた。「はい、冥土までもついて行きます!」そう咄嗟に伴さんは答えた。いつもは、こんな言葉をかけられることはない。伴さんは、これまで何度も邀撃のたびに吉沢中尉の僚機として行動を共にしたが、第一撃をかけるとついて行けず、単独行動となってしまうのが常であった。この時も、それを注意されたのかな、と思っていた。見れば中尉は、首からマスコット人形をぶらさげている。当時はよく慰問品として、人形やお守りが兵隊に贈られていた。しかし、吉沢中尉は普段の出動ではそのような物を身につけることは無かった。
 小隊はいつものように編隊離陸をし、指定されている八王子上空へ向かった。途中、戦隊本部から無線が入り、太田(群馬県)上空へ進路を変更するようにとの命令が入った。この日は、太田の中島飛行機工場が敵の目標のようであった。B29の編隊は、午後3時ころから鹿島灘方面より本土に侵入して来た。吉沢中尉率いる小隊は方向を変え、高度九千五百メートルで水平飛行に移った。そのうち、吉沢機が急に増速したので、伴さんもレバーを一杯にしてついてゆこうとしたが、どうしても引き離されてしまう。その時、前方右下にB29の一編隊が飛行しているのを発見した。どうやら吉沢機は敵を追い越し、前方から攻撃をかけるつもりらしい。伴さんは加速する吉沢機に追いつけず、とうとう見失ってしまった。すると、まもなく前方から猛烈な勢いで一機のキ84(疾風)が突っ込んで来た。その時、伴さんは敵編隊の下に潜り込もうとしていて一瞬、目を離した。次に見たとき、キ84は敵編隊の真上十数メートルで敵と同航しながら旋回し、水平姿勢をとった。伴さんはそのままB29の真下に入り、間合いをはかって上昇しながら全力射撃をした。が、離脱をしようと敵機の真後ろを通った瞬間、ガンガンガン、と大きな音がして敵弾を浴びてしまった。滑油系統をやられ、滑油圧力計がみるみる低下しエンジンが焼き付いた。下を見回すと、下館飛行場が見える。伴さんはそのまま飛行場へ滑空ですべり込んだ。そこでは士官学校の候補生が飛行機の練習をしており、飛行場の大尉の人に「自分は成増です。」と言うと、それでは近いから乗せて行ってあげましょう、と2式高等練習機で連れて帰ってくれた。大尉は、伴さんが降りると何も言わずに離陸して帰って行った。すぐに戦隊本部へ報告にいくと、吉沢中尉と伴少尉が未帰還、ということになっていた。奥田戦隊長から、「吉沢は知らないか」と聞かれた。ところが、僚機だった伴さんは見ていなかった。「前方攻撃をする所は見ていましたが、それからあとは見ておりません。」非常に無様な思いをしながら答えるしかなかった。その後、情報が入り、吉沢中尉は体当たり攻撃を行ったことがわかった。体当たりをし、機外に投げ出された吉沢中尉の体は、敵弾により傷つい落下傘縛帯から抜け落ち、そのまま地上に落下していったという。吉沢中尉の最後の様子を聞いた伴さんは、長機の最後を確認出来ずにいたことを恥じながらも、「なぜ特攻隊員でもないのに体当たりを・・」と思った。しかし、気持ちが落ち着いてから思い返してみれば、心当たりがいくつかあった。前年の11月下旬、幸軍曹とともに特攻任務を伝えられた時、「俺がなりたかったんだが、お前らが・・」とつぶやいていたこと。狂犬病の予防注射を拒否したこと。出撃の時にさげていたマスコット人形。「今日はついて来い」と微笑みながら話しかけられたこと・・。吉沢中尉は、先任将校として部下だけを特攻で死なせず、いつかは自分も、と考えていたに違いないと気がついた。同じ富士隊の幸軍曹、粟村准尉、鈴木曹長が特攻に散ったいま、今度は自分の番だと覚悟を決めていたのだろう。吉沢中尉には、2月23日付けで、防空総司令官の東久邇宮稔彦王より感状が授与された。

 体当たり散華からちょうど38年経った昭和58年2月10日、吉祥寺市の大法禅寺境内に、吉沢中尉の辞世の句を刻んだ勇魂の碑が、中尉の姉達によって建立された。隣には観音像が建てられ、その下に、ご先祖や、昭和16年に同じく飛行隊員として戦死した兄と共に、吉沢平吉中尉は眠っている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

速報!! 徳丸北野神社田遊び・2009

0914092209330941 見出しに速報!!なんて入れて気を引きましたが、昨夜、重要無形文化財に指定されている「徳丸北野神社田遊び神事」が行なわれました。
 北野神社の田遊びについては、一年前の当ブログでも取り上げたし、ネットでいろいろ情報も調べられるので割愛し、昨夜の様子などをひとつ。
”田遊び”は、3月のアクトホールなどで行なわれる、板橋区役所主催の伝統文化行事で見る事が出来るけど、本来の姿で演じられるのは年に一度、2月11日のみだ。二昔前頃は、夜比較的遅い時間から始められたが(戦前は深夜から)今では午後6時過ぎから行なわれ、8時前には終了する。演じる方々も、見に来る方々にとっても都合が良いのでこうなってしまった。実際には、深夜から明け方にかけて神様の前でひっそりと演じられる神事だったのだ。ちなみに、田遊びは神社が行なう神事ではなく、”洞”という集団(わかり易く言うと氏子というか町内会みたいなもの)の中から選ばれた者が行なうもの。それは現在でも守られ、”もがり”の上にいる方々は土地の有力者達だ。下世話なはなしだが、皆の総資産を合わせたら板橋区の何%を占めることか‥。とまあ、それほど伝統があるというわけですよ。
 
 さて、昨夜は予報されていたほど雨も降らず、風も強くはなかったのでまずまずのコンディションでした。春の近いこの時期は天候が荒れることが多く、過去10年、幾度か神殿内で行なわれたことがあった。私事ですが、今年に入ってついに業務用ハイビジョンビデオカメラを購入し、昨夜の田遊びがデビューという晴れの舞台だったので、天気がまずまずで良かった。掲出の写真はそのビデオ画像からキャプチャーしたものです。取り込む時間が無かったので、メモリーに録画していたDVフォーマットから切り取った絵なので画質がイマイチですが、テープに収録していたHDV映像はなかなか良い感じでした。機器の進歩はすごいなあ。私はほぼ毎年撮影しているので、その時によって撮影方法を変えます。ビデオだったり、デジカメだったり、モノクロフィルムだったり‥。今回の映像も、ぼちぼちユーチューブなどにUPしますのでお楽しみに。それにしても毎度カメラマンが多いですね。今年は、なんだかすごい撮影チームがいました。業務用カメラ4〜5台、それにスイッチング機材や照明、櫓組みなどなどいったいなんの映画でも撮るのかと思いましたが、地元のさる方の記録用なのだとか‥。あんだけ機材とスタッフを使ったら経費はウン百万かかるかも。おかげでこちらも照明などの恩恵を受けました。が、太郎次安女などの演目の業務用カメラ密着撮影は遠慮願いたいもんですねえ。私も含めカメラマンなんてものは邪魔者でしかないけど、神事の中に入り込んでまで撮影する事はない。不特定多数の人達に向かって公開する報道目的で撮影するのならば多少は仕方がありませんが、たいがいにしてほしいもんです。
文句はこの辺までにして、昨夜は暖かく、人出も例年並み、神事も滞りなく進みました。(途中グダグダするのは、もともと夜中から明け方までのんびり演じられたその名残りです。なんて。)あっ、そうだ、今日は赤塚氷川神社の田遊びでしたっけ。見に行った方はおられますか?私は残念ながら仕事の都合で行けませんでした。明日は赤塚諏訪神社の田遊びですね。ビジュアル的にはこちらの方が絵になりますので、都合のつく方は是非。開始時間は午後7時過ぎからなので、会社帰りでも間に合うかも。(駅からは遠いですが‥)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

速報!! 赤塚諏訪神社田遊び・2009

0914092309360947095209610975 

 

 
 またまた速報ではありませんが、昨夜は赤塚諏訪神社で田遊び神事が行なわれました。天気予報では”嵐”でしたが、幸い予報は外れ、比較的穏やかな、と言うより近年まれに見る暖かさでした。いつもはカメラをもつ手が凍えるのですが、そんなこともなかったですね。なんだか怖いなあ‥
 
 諏訪神社の田遊びと徳丸北野神社の田遊びは、似ているといえなくもないけど、だいぶ趣が違いますね。諏訪神社のほうがビジュアル的に変化がありますが、より素朴な感じがします。どちらも最古の記録は幕末期のものですが、北野神社の田遊びの唱え言葉は、中世時代に使われた言葉を色濃く残しているようです。紀元は定かではないですが、田遊びは三河地方で盛んなので、徳川幕府が江戸に開かれた時に伝わったともいわれますね。でも、北野神社も赤塚氷川神社も諏訪神社も、弥生時代や古墳時代の集落跡の上にあったり近くにあったりするので、もともとなにがしかの行事が行なわれていて、それが様々な影響を受けつつ今日まで奇跡的に残ったのではないかな、なんて思います。
諏訪神社の田遊びは平日に行なわれるせいか開始時間も夜8時近くで、北野神社よりは見学者の数は少ないのですが、今年はいつもより多かったような気がします。相変わらずカメラマンも多いですが、移動しながらの行事が多いので、早くから場所取りをする必要はありません。でも、いきあたりばったりな分、混乱も激しいですね。中には、”もがり”の上にちょっと失礼、と足をかけて登って撮影する輩がおりますが、あれはやめていただきたいものです。”もがり”は結界であり、神聖な場所なのですから。遠慮をしていては良いショットは撮れませんが、それなりの勉強と下準備をしてから撮影に臨むべきではないでしょうか。

 一昨年前から、子供達による”ささら”(竹の棒で地面を叩く)が復活し、さらに見所が増えた諏訪神社の田遊び、まだ未見の方は是非一度ご覧下さいネ。今回撮影した映像は、近いうちにYouTubeにupしますのでお楽しみに!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

成増陸軍飛行場秘話3 〜グラマン対疾風、成増上空一騎打ち〜

PhotoPhoto_2 昭和20年2月16日早朝、米軍第58任務部隊(空母を中心とする機動部隊)が、突如、東京南西200キロの海上に姿を現した。この日より行われる硫黄島上陸作戦(上陸開始は19日)を援護するため、日本本土から来襲する戦闘機を封じるために、関東地区の飛行場などを先制攻撃することを目的としたものだった。
 
 米空母からは、夜明け前よりF6F(グラマン/戦闘機)、F4U(コルセア/戦闘機)、TBM(アベンジャー/雷撃機)、SB2C(ヘルダイバー/爆撃機)などの艦載機が次々と関東を目指して発艦していった。午前7時5分、房総半島南端の白浜対空監視哨は、北進する敵小型編隊を発見し、ただちに通報した。高度400メートルの低空で飛来したために、事前に警戒機で捕捉できなかったのである。午後12時半からの第五波(約90機)の一部、午後2時過ぎからの第六波(約450機)の一部は調布や成増飛行場など内陸部の飛行場に襲いかかった。
 この日、艦載機を迎撃に行く旭隊・桜隊の離着陸を支援するために、成増飛行場上空掩護任務に就いていた富士隊は、午後2時半頃に燃料補給のため順次着陸を始めたところ、米空母エセックス搭載の戦闘機隊、VF-4所属のF6Fに襲われた。この時、富士隊の大石少尉は、僚機であった大森中隊長に続いて着陸をしたところだった。ふと、後ろを振り返ると、後続の僚機分隊の2機の姿が見えない。両機は着陸の途中で直上から襲いかかる敵機に気づき、あわてて主輪を引っ込め急上昇したのであった。しかし、不利な体勢であり、敵機の射弾を避けるのが精一杯で、飛行場上空を右に左に逃げ回るしかなかった。戦闘機にとって、離発着時に攻撃を受けるのがもっとも危険な状況なのである。ようやく一機が敵を振り切って着陸してきたが、安岡軍曹機の姿が見えない。じりじりと心配をしていると、池尻の陸軍病院から連絡があり、安岡軍曹は落下傘で降下し、火傷を負っているが無事であることがわかった。後でその時の状況を聞くと、敵機と正面から撃ち合い、両方とも被弾・炎上して墜落したが、安岡軍曹は、落下傘が焼けながらも奇跡的に無事降下出来たのだそうだ。

 

 夕刻近く、出撃していた旭隊、桜隊の戦闘機が続々と成増飛行場に戻って来た。この日の戦闘で、47戦隊は相当の戦果を挙げることができたが、他の防空戦隊はかなりの損害を受けてしまっていた。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆新・伝説の人☆

12 現在、板橋区内各所の町内会掲示板には、3月7・8日に赤塚溜め池公園を中心とした地区で行なわれる「赤塚梅まつり」の告知が貼られている。昨年の当ブログにても紹介したが、今年もほぼ同じ内容で開催される。それについてはまたあらためて紹介しますね。

 この週末、「梅まつり」2日目に赤塚城趾で行なわれる「古武道演武会」に出演する、我が板橋区の誇る西洋流火術鉄砲隊保存会のメンバーが郷土資料館講義室に集まった。演武を前に、火縄銃の点検や確認をするためだ。その鉄砲隊の火縄銃のメインテナンスを担当しておられるのが、梶原利夫さんだ。梶原さんは板橋区と北区のちょうど境目(残念ながら北区側)で、兄弟で機械工作所を営んでおられる職人さんだ。この梶原さん、実は伝説として語り継がれているスゴイ方なのだ。
カジワラフレーム」‥普通の人にはまったくわからないだろうが、ロードタイプ自転車マニアならば、「えっ」もう一つオマケに「ええっ!」と驚かれるだろう。そう、あの伝説のフレームビルダーと呼ばれた、梶原さんその人なのだ。梶原さんは、1960年代、彗星のように自転車業界に現れるやたちまち奇跡のフレーム職人として名声を博し、1980年代半ば、こつ然と業界から姿を消した。現役時代の梶原さんがどんな活躍をしていたのかは、「ロードレーサーショップ CYCLES YOKOO」さんのHP(http://www.cycles-yokoo.co.jp/cycles.html)から引用して紹介する。

<梶原利夫氏は、1960年代から80年代に数多くのすばらしいフレームを製作したビルダーです。 -中略- 60年代といいますと、日本ではまだまだ完成度の高いフレームはあまり無く、1964年の東京オリンピックでヨーロッパの選手が持ち込んだレーサーの美しさは目を見張るほどでした。特にイタリア製レーサーは、憧れのカンパニョロの部品に美しいフレームがマッチしとても格好良く見えました。この頃梶原氏は、東京・本郷の老舗 土屋製作所(エバレスト)でフレーム職人として腕を磨き、その後梶原製作所を設立しました。梶原氏のフレームについて注目するところは、徹底的にヨーロッパのフレームを研究、分析し、その美しさ、強さなどを解明して自らのフレーム作りでかたちに表したことだと思います。特にこの時代、これだけの研究をすることは大変なことでした。外見でよく分かるのはラグのカットで、ただ単に外国製のコピーではありません。強度と美しさを追求したカットは、梶原氏独特のかたちです。パイプについても当時選手の力量に合わせ、531やコロンバスのパイプをミックスしたり、セットになっているパイプはそのまま使わず、数セットの中からパイプの強度を選んで使用していました。商売としてはまったくの赤字ですが、多くの選手達から信頼を得て、オリンピック候補選手や学生、実業団チームなどのオーダーが多く、また自らのブランドを持たなかったこともあって、一般的にはあまり見かけることは少なかったようです。>
こうして頭角を現した梶原さんの名声がさらに高まったのは70年代のことでした。
<当時、宮田工業に勤めていた、沼 勉氏(現ランドギア・インターサイクル社長)が’78年ドイツ・ケルンショーに出展するため、梶原氏にフレーム製作を依頼しました。梶原氏はケルンショーのために2台のフレームを製作しました。日本製をアピールするため材料は国産ですが、ラグ3点はカタチへのこだわりからチネリプレスラグを使用、フォーククラウンにもチネリ製を使ったそうです。仕上げは非常に手が入っていて、スペードの肉抜きは手仕事で全体に梶原氏の特徴がよく現れている完成度の高いフレームです。沼氏は早くから梶原氏の製作技術を高く評価していて、当時「日本がヨーロッパのサイクルショーで対抗できるフレームを作れるのは梶原氏しかいない」との理由から、'79年 ミヤタがオランダのKOGA社との契約ブランド「KOGA-MIYATA」をベルギーのプロチーム’アイスボルケ’が使用することになり、沼氏は梶原氏にフレームを製作依頼しました。こうして梶原製のフレームはヨーロッパの一流プロ選手たちに使われるようになったのです。ミヤタは’74年頃からヨーロッパのレースを通じて、多くのフレームデータを得ており’80年からはコガ・ミヤタは、プロチーム”カプリゾンヌ”に国産・宮田製のフレームを使用したそうです。この年カプリゾンヌはレースでも好成績をおさめワールドカップランキング1位に輝きました。これらのことはヨーロッパでは大変注目され、MIYATAは世界の一流ブランドとして認められるようになりました。>

 フレームビルダーとして素晴らしい名声を得ていた梶原さんが、なぜ、自転車界からこつ然と姿を消したのでしょうか。私は、不躾ながらこの疑問を梶原さんに問いてみた。すると、梶原さんはこうお答えになった。「飽きたから、ですね。もうやりつくしましたし。あきっぽいんですよ、僕は。
きっと、答えはそれだけではないだろう。1980年代といえば、カーボンやアルミ製などの新素材フレームが登場し、台湾製の安いフレームも台頭してきた頃でした。現在、梶原さんは、趣味の骨董集めに全国を巡り歩き、収集した品は知り合いのいる博物館などへ寄贈したりしている。そして、そういう付き合いの中から、十手や火縄銃など古武道の道具の修理を引き受けるようになったのだそうだ。でも、自転車の事を忘れているわけではない。ミヤタ自転車についての研究は今でも続けている。「日本の自転車収集家は外国の自転車ばかり研究したり収集している。だから、僕は国産の自転車の研究や収集をしているんだ。」「この間もね、日露戦争に伝令として出征する兵士が自転車と撮った写真を手に入れたんだよ。」とうれしそうに語っておられた。

‥ちなみに梶原さん、銃にはまったく興味がないそうである。じゃあ何で火縄銃の修理なんかしてるんですか?と質問すると、「僕はね、ネジ(尾栓)に興味があるの。」と答えが返ってきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »