« そうだ!兎月園へ行こう。 | トップページ | グルメ☆区民が選んだ板橋のいっぴん »

グルメな縄文板橋人。小豆沢貝塚発掘現場から

123456 

 

 食欲の秋、ってなことで、今回は食に関係する話題をひとつ。ブログタイトルバナーに、‥旧石器からグルメ情報まで‥と謳っておきながら、一度もグルメにふれていませんでしたね。私は外食はあまりしないタイプなので書く資格がナイんです‥なんて個人のサイフ事情はさておき、私のアンテナに、現在、小豆沢貝塚の発掘作業が行われているとの情報が引っかかりましたので、さっそく現場に出かけてみました。

 さて、そもそも貝塚ってなんでしょうかね?手元の文献によれば、貝塚とは約7千年前の縄文時代早期後半から前期にかけて起こった海進によって東京湾が後退し‥ええい、書き写すのがメンドウなのでぶっちゃけて書きますね。ちゃんと知りたい方は、別ウインドウを開いて板橋区立郷土資料館のHPを見るか、ググルなりウイキなりで調べてくださいな。ようするにですね、縄文時代に入ってから温暖化かなんかで海が内陸部まで侵入し、約6千年前には埼玉県富士見市(東上線・ふじみの駅近辺)や上福岡市まで達したのだとか。その時に、海岸線近くに住んでいた縄文人が食用として貝類を採集し、捨てた殻が堆積して出来たのが貝塚というわけです。いわばゴミ捨て場ですね。でもこのゴミ捨て場、さすがに3千年もたてばお宝の山と化し、当時の人々がどんな暮らしをしていたのかを解明するのに非常に有効なものになるんですよ。板橋区内で有名な貝塚には、中台馬場崎貝塚・四枚畑貝塚(前野町)・四葉地区遺跡・赤塚城趾貝塚、そして小豆沢貝塚があります。
 小豆沢貝塚は、龍福寺霊園を中心に広範囲にひろがっている。その存在が知られるようになったのは古く、明治16年から研究者の目に留まっており、板橋区の考古資料を代表する優れた出土物が多く輩出したのだとか。
今回、調査対象とされたのは、貝塚の北側の一番端、荒川に近い側の部分で、住宅地の一部になっている場所だ。古い建て方をした住宅が建っていたので、奇跡的に土地の撹乱が少なく、しかも、過去、畑として耕された形跡も少ないようで、ほぼ完璧な形で出土したのだそうだ。これってすごいことですよ。だって、約3500年もの間、土地に手が加えられていなかったってことですから。写真を見ていただくと、一見、黒土にまだらに白い貝の化石が混じっているだけにみえますが、そりゃあ数千年もの間土の下にあったんですから、風化してしまうのは当たり前。それでもこんなに残っているんですよ。しかも、ゴミ捨て場ですから、動物の骨や土器類、装身具など生活用具なんて物がザクザク出てくる。同じ場所で生活が営まれ続けられたようで、いくつもの年代の遺物が出土しているようですね。穴を掘っては埋め、また穴を掘っては埋めのくり返しだったようです。普通、貝塚は海岸線や、台地の斜面に形成されるケースが多いのですが、今回のように台地上に築かれるのは不思議なことで、これから専門家により評価が成されてゆくとの事。この区画からは住居跡も、いまの所2軒分見つかっているようで、それとの関係も考察しなくてはならないようです。
 基本的に、この時代は食料確保が一番大事なこと。必然的に海に近い関東ローム層のヘリにあたる土地に人が集まってくるというわけで、板橋区近辺は人気の場所だったんですね。で、現場の貝塚からは何が出てきたんでしょうか?ざっと見ると、ハマグリ、アサリ、マガキ、サザエ、ハイガイ、ヤマトシジミ、獣骨ではシカとイノシシが確認出来た。他に、採集した土を調べれば魚の骨や木の実などが見つかるはずだ。過去に小豆沢貝塚から発見された例では、貝類33種、魚類11種、頭足類や爬虫類、哺乳類も110種類確認されているという。また、土器の他に装身具や土偶、石棒や石剣も見つかっているので、今回の現場からもすごいお宝(金銀財宝ではありませんよ、念のため)が出てくる可能性があるので、今後の成果に期待したい。本来ならば時間をかけて調査をすべきなのだが、何せ個人宅の敷地。知らない方も多いと思いますが、文化財保護法により、発掘調査費用は土地の持ち主が負担しなければならない。区の補助も出るけど、費用の四分の一しか出ないのだ。1ヶ月の調査なら数百万円以上はかかるんじゃないかな。いやはや大変な出費だ。

 発掘作業は今月いっぱい行なわれるとのこと。もし見学にいかれる方がいたら、現場は住宅地の中にあるので、作業の様子は外側からそっとみるだけにしましょうね。民有地なので詳しい場所を書くのは控えるけど、小豆沢神社にお参りにいけばわかると思いますよ。

|

« そうだ!兎月園へ行こう。 | トップページ | グルメ☆区民が選んだ板橋のいっぴん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グルメな縄文板橋人。小豆沢貝塚発掘現場から:

« そうだ!兎月園へ行こう。 | トップページ | グルメ☆区民が選んだ板橋のいっぴん »