« 昭和20年代の東武練馬駅 | トップページ | 大木伸銅工業について »

昭和30年代の東武練馬駅

30 さて、この写真は昭和30年頃に撮影された東武練馬駅です。そうそう、これですよ私の記憶にある改札口は。昨日の写真とはちょっと違いますね。駅舎部分は前回の写真に似ていたような・・。とにかく、昭和40年代まではこの雰囲気のままでした。改札口の上にある丸い照明は、夜になるとオレンジ色の明かりが点きましたが、とても薄暗くてなんだか侘しい雰囲気だったのを記憶しています。
左上に当時の切符を表示しておきました。いわゆる”硬券”という切符で、このころは窓口で購入しました。券売機が登場するのは30年代半ば以降でしたが、国鉄などへ乗り換える券は40年代まで窓口で買わなくてはなりませんでした。改札口の左側に荷物が積んでありますが、”郵便車”に乗せるのでしょうか。専用の車両に小荷物を積み込んだりする様子をうっすらと記憶しています。東上線は貨物輸送が盛んでしたので、頻繁に貨物列車が通過していました。牛が運ばれて行くのも見たことがあります。

 駅前には公衆電話ボックスが見えますね。奥の方には平屋の住宅がたくさん建っているのがわかります。ちょうどこの頃に私の両親は結婚して徳丸に引っ越してきました。郊外の手頃な住宅地として開発が始まった時期なんですね。
手前にオート三輪が駐車していますが、なんとこの広場はバスターミナルになっていたんですよ。昭和40年代の記憶ですが、徳丸通りを宮の下の交差点で右折して不動通りにぶつかった所が終点「徳丸本町」のバス停で、そこで折り返して桜台まで走っていました。あの駅前の踏切をバスが渡ってたなんて今では信じられませんね。
当時はボンネット型のバスで女性の車掌さんが乗っており、切符を販売したりバス停案内をしていました。そういえば幼稚園の頃だったか、駅からバスに乗り(ウインカーがランプ式ではなく、運転席横の窓から矢印みたいな板がピョコンと出るのが面白く、それを見たいが為にいつも運転手の後ろの席にいた。)坂を下って宮ノ下の交差点を曲がるところで運転手がカーブの目測を誤って、車輪がドブに突っ込んでしまい、その衝撃で手すりに頭をぶつけて大きなコブを作ったことは懐かしい思い出です。当時はあまりドブ(今でいう側溝ですね)に蓋がしてなくて、危なかったんですよ。ドブの壁にはかたつむりがたくさんいました。

|

« 昭和20年代の東武練馬駅 | トップページ | 大木伸銅工業について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和30年代の東武練馬駅:

« 昭和20年代の東武練馬駅 | トップページ | 大木伸銅工業について »